人気ブログランキング |

信心過ぎて極楽通り越す

sinjitara.exblog.jp
ブログトップ
2011年 12月 14日

森を造る その2

出火前の部屋は300~600Hzが盛り上がり、音の透明感が損なわれてしまう悩みがあった。

簡単に言うと濁った汚い音だったんですよー。

そこで積極的にグラフィックイコライザーを使ってなんとかお茶を濁す・・・。

濁り+濁り=透明(わー、すごい!)ということにはならなかったんだなー。

そして悪夢の火事の後、これはまたとないチャンスでは・・・。

と思わないとやってられないという、何でも都合良く考える精神的自己防衛本能が活性化し、

すこし気が楽になったところでN社の”棒状吸音拡散材”をオーディオ雑誌で知るのである。

今までの吸音建材は高域には効果があるが中低域はほとんどダメ。

この製品のすごい所は中低域に抜群の効果があること。

しかしである。拙宅のオーディオルームの面積にこの製品を導入すると1,000マンは軽く超えることが判明。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(ず~と考えて)知り合いの木工工場の工場長に相談。

工場長曰く、「集成材メーカーから材料取ってやるから俺とお前で組み立てるか?」

嗚呼、神様、仏様、工場長様。おねげーしますだ。
森を造る その2_e0213363_18255666.jpg


ガレージに運び込まれた棒状吸音拡散材を有機自然塗料で塗装する。
森を造る その2_e0213363_18304123.jpg

森を造る その2_e0213363_18321027.jpg


# by gokurakutojigoku | 2011-12-14 18:35 | Comments(2)
2011年 12月 09日

森を造る その1

丸太が届いた。

これは太いほう。
森を造る その1_e0213363_2264076.jpg


こちらは細いほう。

これから有機自然塗料で塗装する。
森を造る その1_e0213363_2218126.jpg


# by gokurakutojigoku | 2011-12-09 22:21 | Comments(0)
2011年 12月 08日

再建中

天井は細部を残して殆ど完成。

以前はロックウールを詰めた軽量の表面に大建工業の”オトテン”を使用したが、

今回は上からロックウール、プラスターボード、グラスウール、麻の布。”オトテン”は一部のみ使用。
再建中_e0213363_23502020.jpg


壁はロックウールを詰め込む。
再建中_e0213363_23522770.jpg


新しい家具も入ってきた。
再建中_e0213363_23532343.jpg


# by gokurakutojigoku | 2011-12-08 23:56 | Comments(2)
2011年 11月 02日

再建始動

内装の解体はすでに終わっていたが、断熱アルミサッシが特注のため
今まで着工出来ずにいた。
再建始動_e0213363_064135.jpg


この間、音響建材を物色し現場監督氏と協議を重ねてきた。
上部のススのかぶった家具が火災の恐ろしさを伝えている。
再建始動_e0213363_0225670.jpg


屋内配線、コンセントは幸い被害なし。すべて絶縁検査済み。
再建始動_e0213363_0281877.jpg

限られた予算のなかではあるが最大限やってみようと思う。

# by gokurakutojigoku | 2011-11-02 00:33 | Comments(9)
2011年 08月 10日

リセット

6月27日に小生の書斎兼オーディオルームが火事になってしまった。

焼けたのはデスクの周りだけだが、煙とススがオーディオに襲い掛かった。

加えて消防の放水が・・・・・。
リセット_e0213363_2105316.jpg


部屋の内装は全てやり直し。

しかし・・・、部屋の音響特性を改善するまたとないチャンスともいえる。

そう言い聞かせて前進するしかないかー。
リセット_e0213363_21293069.jpg


現在オーディオの被害状況を確認中である。

一部と期待したいが全損の機器も・・・・・。
リセット_e0213363_2124198.jpg


# by gokurakutojigoku | 2011-08-10 21:30 | Comments(12)
2011年 06月 11日

made in Germany

オーディオ仲間のCriss氏と建築家のS氏のアトリエに伺った。

お忙しいところを快くお招きいただき有難うございました。

聞くところによると氏は大のドイツ好きなのだそう。

アトリエに入ってまず目を惹くのが平面バッフル。

さすが建築家。部屋の中にもう1枚壁を作ってバッフルにしてしまった。
made in Germany_e0213363_04337.jpg


ユニットはSIEMENS製ダブルコーン8inchフルレンジ×4発。

6発も試したがバランスは4発のほうが良かったとのこと。

今まで平面バッフル+フルレンジに裏切られたことがない。

どこで聞いてもいつもいい音で鳴っている。
made in Germany_e0213363_0112588.jpg


無駄のない堅実な作りがいい。
made in Germany_e0213363_0135266.jpg


プレーヤーはEMT930。

小生も一時期所有していたがこの堅牢な作りはそのまま音に反映されている。


made in Germany_e0213363_01915.jpg


アイドラーのメンテにも腐心されているようで、

(左)フランツ時代、(中)バーコ時代、(右)レプリカ

右のレプリカが1番良く、バーコはスリップする。フランツはゴムが変質してベタベタする。
made in Germany_e0213363_0273273.jpg


アンプ類は自作管球アンプを使用する自作派。

下の写真はALTEKのモノラルプリメイン346A。

344の廉価版という位置づけらしいが違いは入力端子の数。

この個体はアメリカで拡声器用に使用されていたらしく基盤の一部が焦げており

レストアに大変苦労されたとのこと。
made in Germany_e0213363_0362390.jpg


氏は2003年の「男の隠れ家」に紹介されている。

確かに建築事務所なのかホビールームかわかりません・・・・・・・。
made in Germany_e0213363_042688.jpg
made in Germany_e0213363_0422540.jpg


最後にお聞かせ頂いたのは1935年製蓄音器。
made in Germany_e0213363_0452894.jpg


トップパネルの裏側にはVictrola。

えっ、このワンちゃんと蓄音器。ビクターでは・・・?

有名なRCAビクターはVictrolaの後身なんだそう。

知りませんでした。
made in Germany_e0213363_0522723.jpg


前方の観音開きの中がホーンになっている。

S氏曰く、このホーンの形はあのウエスタンの巨大ホーンの原型なのだそう。

勉強になりました。
made in Germany_e0213363_053576.jpg


蓄音器の音をこんなにじっくり聞いたのは初めてである。

これがオーディオの原点なのね。
made in Germany_e0213363_0562362.jpg


高域も低域もない中音のかたまりなのであるが・・・・・

しかしナットキングコールがなまなましい。

何故かわからないが妙に歌手との距離が近い。

電気を一切通さないオーディオ。

しばらく頭を冷やそうかな・・・。

# by gokurakutojigoku | 2011-06-11 01:14 | 訪問記 | Comments(2)
2011年 06月 08日

SPU

SPUの音は語りつくされているが、

素の音を聞いたことのある人は意外に少ないのでは。

20年位前に直接取り付け用アダプターを手に入れ

汎用シェルに取りつけている。
SPU_e0213363_23514690.jpg


SPUの音=Aシェル、Gシェルの鳴きが何割かを占めていることがわかる。

決してワイドレンジとは言わないがカチッと芯の通った厚い音が聞ける。

Gシェルが鉛筆の「3B」ならAシェルは「2B」、これは「B」である。

SPUファンだけでなくカートリッジ道楽をしてきた方は聞いて損のない音である。

SPUを再認識するばかりではなく、当時のオルトフォンの底力に驚くかもしれない。
SPU_e0213363_0182210.jpg


# by gokurakutojigoku | 2011-06-08 00:20 | アナログ | Comments(1)
2011年 05月 08日

フォノイコライザー

No.25はマドリガルレビンソンのフォノイコライザー。

オールドレビンソンのようななまめかしさはないが、聴き疲れしない安心感がある。
フォノイコライザー_e0213363_22321985.jpg


No.25にテフロン基盤バージョンのNo.25-Sがあるのを後で知った。
フォノイコライザー_e0213363_22352772.jpg

フォノイコライザー_e0213363_22362490.jpg


基盤にはSPECIAL EDITION とある。
フォノイコライザー_e0213363_22384077.jpg


こちらの方が音が前に出てきて中域の厚みもある。

ただしソースによってはどちらがいいとは言えない。

No.25-Sに較べるとNo.25はややクールに聴こえる。

# by gokurakutojigoku | 2011-05-08 22:50 | アナログ | Comments(6)
2011年 05月 03日

トム コランジェロ

とある所からこんなものを譲っていただいた。

Cello の AUDIO SUITE 用のラインモジュールである。

左側のやや大きい長方形が P201 CD 用。

その他は P301 メインユニット用。
トム コランジェロ_e0213363_17413753.jpg


表面は全面ヒートシンク。
トム コランジェロ_e0213363_17431862.jpg


裏面には Viola  Thomas P. Colangelo とある。

聞くところによれば、Cello を離れてViolaを興したコランジェロが自分が設計したスイートのため

に一時期最新の素子を使ってモジュールを作っていたらしい。
トム コランジェロ_e0213363_17523318.jpg


背面のビスをゆるめてユニットをはずす。
トム コランジェロ_e0213363_1823822.jpg


まずはCDラインユニットP201から。

モジュール換装前。
トム コランジェロ_e0213363_21575771.jpg


モジュール換装後。
トム コランジェロ_e0213363_215983.jpg


次にメインユニット。

モジュール換装前。
トム コランジェロ_e0213363_2232153.jpg


オリジナルのモジュール。
トム コランジェロ_e0213363_2241711.jpg


R-チャンネルのみ換装した状態。
トム コランジェロ_e0213363_2254638.jpg


換装完了。
トム コランジェロ_e0213363_2271861.jpg


出てきた音は明らかに帯域が広い。
トム コランジェロ_e0213363_2244742.jpg


オリジナルモジュールのスイートはオールドレビンソンより当然ワイドレンジで、新しいモジュールは更にワイド

レンジである。だからといってレビンソンらしさが薄まった訳ではなく上下の裾野が広がった分相対的に中域

の高度感が感じにくくなっただけ・・・。言い方を換えればナローレンジという欠点が取り去られた結果さらにマ

ーク レビンソン本人の理想に一歩近づいたとも言えるのでは・・・・・。

# by gokurakutojigoku | 2011-05-03 22:48 | アンプ | Comments(2)
2011年 04月 20日

レコードクリーナー

VPI のレコードクリーニングマシン。
レコードクリーナー_e0213363_21413323.jpg

レコードをセットして・・・
レコードクリーナー_e0213363_2146162.jpg

専用の液を適量かけて・・・
レコードクリーナー_e0213363_21491952.jpg

回転させながら専用ブラシでまんべんなく延ばす。
レコードクリーナー_e0213363_21504974.jpg

アームを定位置に動かしスイッチをONにすると、掃除機のような音がして液を吸引。
レコードクリーナー_e0213363_2213765.jpg

ホコリやゴミに起因するノイズは完全にとれる。しかも簡単。

# by gokurakutojigoku | 2011-04-20 22:07 | アクセサリー | Comments(0)