信心過ぎて極楽通り越す

sinjitara.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 11日

made in Germany

オーディオ仲間のCriss氏と建築家のS氏のアトリエに伺った。

お忙しいところを快くお招きいただき有難うございました。

聞くところによると氏は大のドイツ好きなのだそう。

アトリエに入ってまず目を惹くのが平面バッフル。

さすが建築家。部屋の中にもう1枚壁を作ってバッフルにしてしまった。
e0213363_04337.jpg


ユニットはSIEMENS製ダブルコーン8inchフルレンジ×4発。

6発も試したがバランスは4発のほうが良かったとのこと。

今まで平面バッフル+フルレンジに裏切られたことがない。

どこで聞いてもいつもいい音で鳴っている。
e0213363_0112588.jpg


無駄のない堅実な作りがいい。
e0213363_0135266.jpg


プレーヤーはEMT930。

小生も一時期所有していたがこの堅牢な作りはそのまま音に反映されている。


e0213363_01915.jpg


アイドラーのメンテにも腐心されているようで、

(左)フランツ時代、(中)バーコ時代、(右)レプリカ

右のレプリカが1番良く、バーコはスリップする。フランツはゴムが変質してベタベタする。
e0213363_0273273.jpg


アンプ類は自作管球アンプを使用する自作派。

下の写真はALTEKのモノラルプリメイン346A。

344の廉価版という位置づけらしいが違いは入力端子の数。

この個体はアメリカで拡声器用に使用されていたらしく基盤の一部が焦げており

レストアに大変苦労されたとのこと。
e0213363_0362390.jpg


氏は2003年の「男の隠れ家」に紹介されている。

確かに建築事務所なのかホビールームかわかりません・・・・・・・。
e0213363_042688.jpg
e0213363_0422540.jpg


最後にお聞かせ頂いたのは1935年製蓄音器。
e0213363_0452894.jpg


トップパネルの裏側にはVictrola。

えっ、このワンちゃんと蓄音器。ビクターでは・・・?

有名なRCAビクターはVictrolaの後身なんだそう。

知りませんでした。
e0213363_0522723.jpg


前方の観音開きの中がホーンになっている。

S氏曰く、このホーンの形はあのウエスタンの巨大ホーンの原型なのだそう。

勉強になりました。
e0213363_053576.jpg


蓄音器の音をこんなにじっくり聞いたのは初めてである。

これがオーディオの原点なのね。
e0213363_0562362.jpg


高域も低域もない中音のかたまりなのであるが・・・・・

しかしナットキングコールがなまなましい。

何故かわからないが妙に歌手との距離が近い。

電気を一切通さないオーディオ。

しばらく頭を冷やそうかな・・・。
[PR]

# by gokurakutojigoku | 2011-06-11 01:14 | 訪問記 | Comments(2)
2011年 06月 08日

SPU

SPUの音は語りつくされているが、

素の音を聞いたことのある人は意外に少ないのでは。

20年位前に直接取り付け用アダプターを手に入れ

汎用シェルに取りつけている。
e0213363_23514690.jpg


SPUの音=Aシェル、Gシェルの鳴きが何割かを占めていることがわかる。

決してワイドレンジとは言わないがカチッと芯の通った厚い音が聞ける。

Gシェルが鉛筆の「3B」ならAシェルは「2B」、これは「B」である。

SPUファンだけでなくカートリッジ道楽をしてきた方は聞いて損のない音である。

SPUを再認識するばかりではなく、当時のオルトフォンの底力に驚くかもしれない。
e0213363_0182210.jpg

[PR]

# by gokurakutojigoku | 2011-06-08 00:20 | アナログ | Comments(1)
2011年 05月 08日

フォノイコライザー

No.25はマドリガルレビンソンのフォノイコライザー。

オールドレビンソンのようななまめかしさはないが、聴き疲れしない安心感がある。
e0213363_22321985.jpg


No.25にテフロン基盤バージョンのNo.25-Sがあるのを後で知った。
e0213363_22352772.jpg

e0213363_22362490.jpg


基盤にはSPECIAL EDITION とある。
e0213363_22384077.jpg


こちらの方が音が前に出てきて中域の厚みもある。

ただしソースによってはどちらがいいとは言えない。

No.25-Sに較べるとNo.25はややクールに聴こえる。
[PR]

# by gokurakutojigoku | 2011-05-08 22:50 | アナログ | Comments(6)
2011年 05月 03日

トム コランジェロ

とある所からこんなものを譲っていただいた。

Cello の AUDIO SUITE 用のラインモジュールである。

左側のやや大きい長方形が P201 CD 用。

その他は P301 メインユニット用。
e0213363_17413753.jpg


表面は全面ヒートシンク。
e0213363_17431862.jpg


裏面には Viola  Thomas P. Colangelo とある。

聞くところによれば、Cello を離れてViolaを興したコランジェロが自分が設計したスイートのため

に一時期最新の素子を使ってモジュールを作っていたらしい。
e0213363_17523318.jpg


背面のビスをゆるめてユニットをはずす。
e0213363_1823822.jpg


まずはCDラインユニットP201から。

モジュール換装前。
e0213363_21575771.jpg


モジュール換装後。
e0213363_215983.jpg


次にメインユニット。

モジュール換装前。
e0213363_2232153.jpg


オリジナルのモジュール。
e0213363_2241711.jpg


R-チャンネルのみ換装した状態。
e0213363_2254638.jpg


換装完了。
e0213363_2271861.jpg


出てきた音は明らかに帯域が広い。
e0213363_2244742.jpg


オリジナルモジュールのスイートはオールドレビンソンより当然ワイドレンジで、新しいモジュールは更にワイド

レンジである。だからといってレビンソンらしさが薄まった訳ではなく上下の裾野が広がった分相対的に中域

の高度感が感じにくくなっただけ・・・。言い方を換えればナローレンジという欠点が取り去られた結果さらにマ

ーク レビンソン本人の理想に一歩近づいたとも言えるのでは・・・・・。
[PR]

# by gokurakutojigoku | 2011-05-03 22:48 | アンプ | Comments(2)
2011年 04月 20日

レコードクリーナー

VPI のレコードクリーニングマシン。
e0213363_21413323.jpg

レコードをセットして・・・
e0213363_2146162.jpg

専用の液を適量かけて・・・
e0213363_21491952.jpg

回転させながら専用ブラシでまんべんなく延ばす。
e0213363_21504974.jpg

アームを定位置に動かしスイッチをONにすると、掃除機のような音がして液を吸引。
e0213363_2213765.jpg

ホコリやゴミに起因するノイズは完全にとれる。しかも簡単。
[PR]

# by gokurakutojigoku | 2011-04-20 22:07 | アクセサリー | Comments(0)
2011年 03月 08日

スタビライザー

先日オーディオ仲間のO橋氏が「ねえ、これ知ってる?」といって差し出したのは何と青いスタビライザー。

「こ、こ、これ、どーしたんですか?」と小生。

「ネットで見つけたんだよー。」とO橋氏

とーぜんすぐ買いました。
e0213363_123263.jpg

こんなのあるんですねー。

箱にノアのシール貼ってあるけどノアのHPには載ってない。

THORENS の本国のHPにも載ってない。
e0213363_12135025.jpg


他に赤とかあるのかしらん??
[PR]

# by gokurakutojigoku | 2011-03-08 12:17 | アクセサリー | Comments(0)
2011年 02月 27日

IKEDA

数年ぶりに新しいトーンアームを手に入れてしまった。

IKEDA IT-345

発売当時からずーと気になっていた。

美しさでは世界のアームの中でも3本の指に入ると思う。
e0213363_23345649.jpg


このアームはFidelity Research の FR-64 の流れを汲む、池田勇氏の力作。

以前の梨地仕上げも良かったが、このメッキ仕上げはことさら美しい。
e0213363_23453844.jpg


このアームを組み立てていると工作制度の高さに驚嘆する。
e0213363_23531681.jpg


曖昧さを排除したフォーカスの合った音だが、「きつさ」は全くない。
e0213363_0133412.jpg


IKEDA IT シリーズは池田氏自らが組み立て調整をしている。

氏は現在82歳。

彼が引退するとこのアームも絶版になってしまうのか・・・。
[PR]

# by gokurakutojigoku | 2011-02-27 00:23 | アナログ | Comments(0)
2011年 02月 23日

インピーダンス

前回のブログの中でカートリッジのインピーダンスの事を書いたが、

書いた本人が気になりだして・・・・・、

初心に戻って実験してみました(汗)

Mark Levinson No.32L はLPを再生しながらフォノイコのインピーダンスを切換えできる。

まずは Ortofon SPU GE 。

内部インピーダンス 2Ω
e0213363_115148.jpg


3.3Ωで受けると、「柔らかい、元気がない。ボワーとしている。」
e0213363_1181787.jpg


5.0Ωでは、「3.3Ωと同じ傾向だが、ややしっかりした。」
e0213363_1214639.jpg


7.7Ωでは、「輪郭が出てきた。元気も↑ 」
e0213363_1251682.jpg


10.0Ωでは、「楽器の質感がしっかりしている。SPUのイメージ。」
e0213363_1351387.jpg


33.0Ω、「シャープさが加わった。音離れがいい。元気。」
e0213363_1382841.jpg


50.0Ω、「さらにシャープ。悪くはないが硬質。」
e0213363_1415017.jpg


77.0Ω、「全体的にカチッとした音。」
e0213363_1475163.jpg


100Ω、「この辺から明らかに違うなー、ていう感じ」
e0213363_1482599.jpg


最後に330Ω。「音がきつい。長く聴けない。」
e0213363_1485054.jpg


SPU GE では10.0Ωと33.0Ωで迷う。

体調や気分、ソフトの種類でどっちでもいいかなー。

ジャズでは33.0Ωのほうが”ノル”

次にBENZ MICRO RUBY3 。

内部インピーダンス38Ω 。

これは100Ωと330Ωで迷った。100Ωのほうがしっとり感があって好ましいか?
e0213363_213737.jpg


インピーダンスが低くなると「柔らかく、重い」傾向に、

インピーダンスが高くなると「硬質な、はっきりした」傾向になるのは諸兄の皆様がご存じの通り。

カートリッジメーカーが推奨するインピーダンスはカートリッジの内部インピーダンスの5~10倍の事が多いが、

まあ、当たり前の結果になりました。ペコリ。
[PR]

# by gokurakutojigoku | 2011-02-23 02:22 | アナログ | Comments(0)
2011年 02月 16日

現代のアナログプレーヤー

エールのスピーカーにはNottingham の ACE SPASE + heavy duty kit 。

このプレーヤーは不思議な質感の音がする。

シャープだかまろやか、

彫が深いが重くなく、

まるで音楽のピッチが遅くなったようなゆったり感。
e0213363_0194174.jpg


組み合わせるアームは SME serieseⅤ。

これに Ortofon Jubilee。

このアームはよく出来ている。

高感度でありながら針音が気にならない。

音が軽いとか重いとか、そうゆう範疇のものではなく、

アームの素材感が音に乗ってこない。

アイクマン恐るべし。
e0213363_0341098.jpg


もう1本は SME 310 。

こちらは seriesⅤ よりやや明るめに感じるが、

同じく素材感は無いといえる。
e0213363_0422683.jpg


カートリッジは BENZ MICRO RUBY 3 。

Jubilee に比べるとややハッキリした音に聞こえるが、アームが違うので何とも・・・。

それよりもカートリッジのインピーダンスとフォノイコのインピーダンスのマッチングのほうが影響が大きいかも。
e0213363_0554092.jpg

[PR]

# by gokurakutojigoku | 2011-02-16 01:00 | アナログ | Comments(0)
2011年 02月 03日

音作り

ツイーター、ドライバー共にエール。
e0213363_23135469.jpg
e0213363_23142479.jpg


ウーファーもエールにすることでオールエールになった。
e0213363_23162692.jpg


さあ、これからチャンデバで音のバランスを決める。
e0213363_23555177.jpg


Pass の XVR 1 はモジュール差し替え式ではないので手軽にクロス、スロープ、さらにスロープの「Q」を変えることができる。
e0213363_23291027.jpg


チャンデバ調整は1~2時間もやってると何が何だかわからなくなって頭が変になってしまうので一度大まかに決めておき日を改めて何度も調整する。
e0213363_23522944.jpg


現在のところ 590Hz 18dB/oct , 10600Hz 18dB/oct でおさまっている。
e0213363_2352507.jpg

[PR]

# by gokurakutojigoku | 2011-02-03 00:05 | アンプ | Comments(0)