信心過ぎて極楽通り越す

sinjitara.exblog.jp
ブログトップ
2012年 03月 22日

エールシステム再始動

スピーカーは被害を免れていたが今まで再始動できなかったのは、

第一に、使っていた PASS のアンプ群が全損!(今回の最大の被害)

第二に、アンプの置き場所の変更のためケーブルの長さが足りなくなってしまった。
e0213363_21381739.jpg


アンプは全てA級モノラル。 高域から XA100.5  中域 XA160.5  低域 XA200.5

重量、発熱は相当のものである。

まるで V12 エンジンの車を走らせているような後ろめたさがなんとも・・・・・。

そう・・・、”環境テロ”です。
e0213363_21385228.jpg


最近の Pass のアンプに付属する電源ケーブル。

ある程度値の張るアンプには最低限これくらいのケーブルは付けてほしいものです。(ねー、代理店さん!)
e0213363_21404651.jpg


ケーブルはプリアウトからスピーカーまでオール Nordost で統一した。

バランスケーブルは TYR(チュール)
e0213363_21412662.jpg


SP ケーブルは FREY(フレイ)
e0213363_21415588.jpg


音は過去にショップで聴いていたので納得済み。

これでまともに鳴らなかったら悲劇である。
[PR]

# by gokurakutojigoku | 2012-03-22 21:56 | スピーカー | Comments(6)
2012年 03月 20日

もう、お掃除つかれました。

何とかそれなりの形にはなりましたが、

実はまだやることがいっぱい。
e0213363_23551796.jpg


LP は一部を除いてほとんど被害はなかったが・・・

ジャケットは綺麗でも
e0213363_23591625.jpg


盤面は熱で歪んでいるのがわかりますか?
e0213363_23593520.jpg


段ボールの中は CD 。
e0213363_013221.jpg


当然ではあるがプラスティックは熱に弱く、
e0213363_0152446.jpg


CD ケースはほとんど熱でやられてしまったが意外と中身は無事でホッとした。
e0213363_0154866.jpg


新しいプラケースを買って少しずつ入れ替え中。
[PR]

# by gokurakutojigoku | 2012-03-20 00:17 | Comments(4)
2012年 02月 15日

フォノケーブル

火事のドサクサまぎれに手に入れた THORENS Prestige 。

奥側に以前からストックしていた RMA309 を装着。

右側には EMT 汎用シェル用997の OEM が付いていた。
e0213363_001365.jpg


一度は音を出してみたものの何か気に食わない。

元々純正で結線してあるフォノケーブル。

これがオリジナルだ、と言われれば違いないが・・・・・。

オリジナルの音を聴きたいのか、いい音を聴きたいのか、

小生は迷わず後者。
e0213363_0141624.jpg


以前、限定生産で発売されたEsoteric のフォノケーブル。

非常にヌケが良く「何も足さない、何も引かない」感じに惚れて8本も買ってしまっていた。
e0213363_024112.jpg


5ピンL型、5ピンストレート、ピンプラグの3種類。
e0213363_0243280.jpg


このケーブルを使うべく改造。
e0213363_0254964.jpg


予感は的中。
e0213363_0272784.jpg


ズバリ! 全く違う!

あくまでも私見と断ったうえで、好き嫌いの差ではなく、良し悪しの差である。

今までショートアームの EMT 929 を使っていてわかっていたつもりでいたが、

このアーム、本当にいいなーとしみじみ思ってしまいました。
e0213363_0341830.jpg

[PR]

# by gokurakutojigoku | 2012-02-15 00:45 | ケーブル | Comments(2)
2012年 01月 20日

憂鬱

やっとここまで片付いた。

やっと・・・である。

最初は足の踏み場もなかった。

今は踏み場がある。
e0213363_2316352.jpg


D-130,375,077 のシステムの音出しまではこぎつけた。

現在 Cello の Palette で全く補正していないのに、バランスは良好。
e0213363_23235489.jpg


あとは、少しづつ床が見えるように片付けたいが・・・・・、

部屋に入るたびに憂鬱になる。

そうそう、今回の火事で犠牲になられた機器たち。

PASS X1000(mono pair)

PASS XA160(mono pair)

PASS X150.5

SME 3012R × 2本

フォノカートリッジ SPU など

Levinson No.30.6 は入院中。
[PR]

# by gokurakutojigoku | 2012-01-20 23:29 | Comments(6)
2011年 12月 28日

完成

この半年は長かった。

工事関係者をはじめ色々な方に力を貸していただきました。

特に建築会社の建築部長のS田氏なくしてこの部屋は作れなかったと思います。

まだ音出しはしてないが会話の音質は良好。
e0213363_23491752.jpg

e0213363_23515566.jpg
e0213363_23533819.jpg

これから機材の搬入です。
正月休みに音を出せるか・・・。
[PR]

# by gokurakutojigoku | 2011-12-28 23:58 | Comments(6)
2011年 12月 26日

もう一息

出火からもう少しで半年。

なんとか形になってきた。

実際に音を出すまで何ともいえないが、現段階では感触はよさそう。
e0213363_2247765.jpg


予算を気にしつつも最大限のことは出来たと思う。
e0213363_22541414.jpg

[PR]

# by gokurakutojigoku | 2011-12-26 22:57 | Comments(0)
2011年 12月 18日

森を造る その3

いよいよ設置。

ロックウールの前に丸太を並べて、手前に棒状吸音拡散材を設置する。
e0213363_23581321.jpg


インテリアとしても美しく見えるように壁に段差なく嵌め込んでいく。

職人さんの腕の見せどころである。
e0213363_23591070.jpg


この作業だけで数日かかっている。
e0213363_005847.jpg

[PR]

# by gokurakutojigoku | 2011-12-18 00:01 | Comments(0)
2011年 12月 14日

森を造る その2

出火前の部屋は300~600Hzが盛り上がり、音の透明感が損なわれてしまう悩みがあった。

簡単に言うと濁った汚い音だったんですよー。

そこで積極的にグラフィックイコライザーを使ってなんとかお茶を濁す・・・。

濁り+濁り=透明(わー、すごい!)ということにはならなかったんだなー。

そして悪夢の火事の後、これはまたとないチャンスでは・・・。

と思わないとやってられないという、何でも都合良く考える精神的自己防衛本能が活性化し、

すこし気が楽になったところでN社の”棒状吸音拡散材”をオーディオ雑誌で知るのである。

今までの吸音建材は高域には効果があるが中低域はほとんどダメ。

この製品のすごい所は中低域に抜群の効果があること。

しかしである。拙宅のオーディオルームの面積にこの製品を導入すると1,000マンは軽く超えることが判明。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(ず~と考えて)知り合いの木工工場の工場長に相談。

工場長曰く、「集成材メーカーから材料取ってやるから俺とお前で組み立てるか?」

嗚呼、神様、仏様、工場長様。おねげーしますだ。
e0213363_18255666.jpg


ガレージに運び込まれた棒状吸音拡散材を有機自然塗料で塗装する。
e0213363_18304123.jpg

e0213363_18321027.jpg

[PR]

# by gokurakutojigoku | 2011-12-14 18:35 | Comments(2)
2011年 12月 09日

森を造る その1

丸太が届いた。

これは太いほう。
e0213363_2264076.jpg


こちらは細いほう。

これから有機自然塗料で塗装する。
e0213363_2218126.jpg

[PR]

# by gokurakutojigoku | 2011-12-09 22:21 | Comments(0)
2011年 12月 08日

再建中

天井は細部を残して殆ど完成。

以前はロックウールを詰めた軽量の表面に大建工業の”オトテン”を使用したが、

今回は上からロックウール、プラスターボード、グラスウール、麻の布。”オトテン”は一部のみ使用。
e0213363_23502020.jpg


壁はロックウールを詰め込む。
e0213363_23522770.jpg


新しい家具も入ってきた。
e0213363_23532343.jpg

[PR]

# by gokurakutojigoku | 2011-12-08 23:56 | Comments(2)