信心過ぎて極楽通り越す

sinjitara.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 13日

ECC88




先日の互換球の失敗から球を勉強するためにECC88(6DJ8)を5種類集めてみました。
e0213363_00141307.jpg


プリアンプEAR912は5本のECC88が使われていますが、ラインステージの2本を挿し換えてCD入力で音の変化を探ってみます。
e0213363_23152888.jpg



①はデフォルトの球です。EARのマークがレタリングされてますがスロバキアの JJ Electoronic 製と思われます。

 音の傾向はややドンシャリでこのプリの音の性格を形成しています。ジャズはダイナミックですがもう少し落ち着いた佇まいが欲しくなります。

 ドンシャリと書きましたが、客観的に見れば下も上も伸びていると解釈すべきであって本当はまともなバランスなのかもしれません。

 他の球を挿して分かったのですがなぜか解像感は少し落ちます。
e0213363_23171887.jpg




②Telefunken ECC88     お約束のダイヤ◇マーク付きです。輪郭や表情がクリアーで見晴らしがいいです。

 音像は引き締まった印象ですが柔らかさも備えています。

 一方で人の声に対してはストイック過ぎるかもしれません。
e0213363_23352462.jpg



③TESLA E88CC    ECC88 の高信頼管。何ともありがたい事にsankanchiさんに譲っていただいたものです。

 1960年代のOld STELA でgold grid & Gold pin 。手元に来てから色々調べてみましたが超レア球の様です。

 sankanchiさんには心よりお礼申し上げます。

 癖のない中庸を得た表現ながら透明感と柔らか味が同居したような、実にナチュラルです。
e0213363_23551895.jpg
                      

                 gold grid の拡大写真
e0213363_00171066.jpg





④Amperex ECC88    オランダ Heerlen factory 製の地球マーク付き。この球は我が家のJBLシステムに相性が良かったです。

 演奏に深みや重量感があって、しかも解像感も良く出ていてまさにウエルバランスです。特にボーカルはピカイチでした。
e0213363_23400937.jpg
                       
                      
                地球マーク
e0213363_00595029.jpg
 

                Dimpled disc getter
e0213363_23404413.jpg





⑤Amperex ECC88   こちらはイギリスの Blackburn factory製のAmperexです。
 
 ④と同様に Dimpled disc getter ですが、プレート周りの構造は細部が異なっています。

 ④に比べてあっさりしていておとなしく穏健な音です。
e0213363_00030679.jpg




⑥Mullard ECC88   イギリス Blackburn factory製です。響きが厚く重々しいです。長く聴いているとお腹いっぱいになります。

 これが巷で言われるMullardの音の特徴なのでしょうがウチのシステムでは重量感が勝ってしまいます。
e0213363_00044756.jpg
こうやって球の違いを聴き比べてみるとそれぞれ個性があって面白いです。

管球ファンの間ではTelefunkenやMullardに人気がありますが、あくまでも自分のシステムとの相性ですから

ブランドにこだわらないで少しずつマイナーな球も試したいと思います。




[PR]

# by gokurakutojigoku | 2018-04-13 19:33 | 真空管 | Comments(19)
2018年 03月 27日

春スキー

麓でもプラス8℃。中腹でも5℃位か。雪質はザラメ状態。

今年のニセコは雪が多いです。

3月下旬に滑るのは初めてですが、十分に楽しめました。
e0213363_23424551.jpg
e0213363_23422716.jpg

e0213363_23425830.jpg
ニセコ花園スキー場ではパークハイアットの工事が始まっていた。

ニセコ一帯は地価上昇率が日本一なんだそう。

写真は完成予想図。

インバウンドをターゲットにしたホテルが純洋風ですか?

小生ならヨーロッパに行って畳の部屋に通されたらテンション下がりますけどねー。

戦略間違っていませんかね??

























[PR]

# by gokurakutojigoku | 2018-03-27 23:57 | 旅行 | Comments(8)
2018年 02月 04日

授業料

EMT JPA66 の球の換装で気を良くしている小生は、EAR912 でも同じ感動を味わおうと美味しい球を探していた。

純正球はPCC88。おそらくJJ製。

少し毛色の違った音ということでMullard PCC189。互換球として使えるみたい。しかも安い。
e0213363_23142300.jpg

48時間通電した後音出しする。

「ザァーーー」

残留ノイズの嵐!

音は出るが弱々しい。
e0213363_23145499.jpg
e0213363_23143880.jpg
このアンプには互換性はなかった。それだけである。

後からsankanchiさんに教わったのですが、PCC189は直線性が悪くPCC88の代わりにはならない可能性が高いと・・・・・。

安くていい音したらみっけもんという考えが・・・・・甘いか!?

















[PR]

# by gokurakutojigoku | 2018-02-04 23:49 | 真空管 | Comments(8)
2018年 01月 31日

皆既月食


e0213363_23242663.jpg
追記:  NEWSWEEKによると、『31日に楽しめるのは「スーパー・ブルー・ブラットムーン」と呼ばれる現象だ。月の距離が地球に最も近くなる
    
    「スーパームーン」と、月に2度目の満月となる「ブルームーン」、そして皆既月食により月が赤っぽく見える「ブラッドムーン」が全て同時に起こる。

     日本では36年ぶりに観測された』そうです。






   











[PR]

# by gokurakutojigoku | 2018-01-31 23:27 | 未分類 | Comments(8)
2018年 01月 26日

バッカスの神

以前訪問させていただいたA氏が新しくオーディオルームを作った。

氏は朝からクラシックを肴に酒を呑む酒豪である。

オリジナルLPの量も凄いが呑む量も凄い。

年々増えるオリジナルLPの収納に困り果て、段ボールの無い広々とした床を歩いてみたい。・・・・・そう思ったに違いない。

http://sinjitara.exblog.jp/23502439/

A氏はあの石井式リスリングルームを徹底的に研究した。

一切の妥協はない。妥協した人生を送ってきた小生には脅威ですらある。

構造はもちろんだが建材も完全に石井氏の指定通りにした。

まさに信者である。小生も「信者」だが信仰の深さが違う。酔いの深さも違う。
e0213363_22442080.jpg
e0213363_22443404.jpg
e0213363_22445157.jpg
e0213363_22450363.jpg
膨大なレコードとCDは全て壁面に収納した。

これで酔ってもつまずくことは無い。

しかし階段の登攀はハーネスとカラビナで身体を支持していただきたい。

因みに天高は5.8m





パワーアンプが入院中のため代替機での試聴とはいえ、鳴りっぷりに不満はない。

以前はマッキントッシュのプリ・パワーで豊潤な色彩を程よく残していたが、

今度は最新兵器が繰り出す精緻な音をボルドーグラスの大きなボウルで弾力感を出す作戦なのかもしれない。

Ayre KX-R Twenty , EMT JPA66 , CH D1+X1 、クロックは Grandioso G1 。
e0213363_22453205.jpg
ターンテーブルは Reed Muse 3C 。トーンアーム Reed 5T に Ortofon MC A90
e0213363_22455051.jpg
e0213363_22460666.jpg
対するサブは Spiral Groove SG1.2 に AXIOM + My Sonic Labo Signature Platinum 。
e0213363_22462951.jpg
インコネ及びSPケーブルはNordost Valhalla2

全く隙のない構成に舌を巻く。
e0213363_22473093.jpg
e0213363_22471825.jpg
部屋に入った瞬間に感じるコンサートホール的空気感がマイナートランキライザーのように作用し”開演前”の興奮を穏やかに鎮めてくれる。

前回同様、Autographが朗々と鳴る。いや、朗々と”鳴り響く”。

石井式の持ち味の吸音と残響の見事なバランス。

一見無機質な佇まいから有機質の芳香が漂う。

ただし音はまだ若い。完成から1ヶ月足らず、樽に詰められたウイスキーのようにエイジングはこれからだ。

とは言うものの現時点でこれだけの味わいがあるという事は熟成後のそれは極楽浄土を容易に想像させる。

深い信仰が音の神とバッカスの神の微笑みを引き出した。
e0213363_22474980.jpg











[PR]

# by gokurakutojigoku | 2018-01-26 23:40 | 訪問記 | Comments(8)
2018年 01月 24日

食いだおれ

今回は阿蘇のとある住人が期待している”めし”の話。

世界的に有名なギタリスト、マリオ・パシェーコ(小生は知りませんでしたが)が手掛けるファドの名門店でお食事。

左のギター弾いているのが本人。この親父、妙に色っぽかったなー。
e0213363_23393364.jpg
ファドを聴きながらバカリャウ(タラ)とタコのグリル。

どちらもオリーブオイルとニンニクが効いて旨かった。
e0213363_23375599.jpg


シントラに行った時のランチ。

ガスパチョとリゾットとカプレーゼ。

リゾットは独特のクセがあるが、食べ進むとこのクセが「クセ」になる。
e0213363_23514621.jpg
e0213363_23521477.jpg
リベイラ市場。

言うなれば巨大フードコート。

夜はもちろん昼から皆飲んで食べている。

あれもこれもと全て食べたい。目移りしてなかなか決められない。
e0213363_23182355.jpg
意を決して食べたのは甲殻類。

エビカニ三昧。
e0213363_23372808.jpg
e0213363_23165669.jpg
e0213363_23172622.jpg
e0213363_23175041.jpg
我慢できずに最終日にまた来てしまった。
e0213363_23200393.jpg
e0213363_23163121.jpg

生ハム価格は日本の1/2から1/3。

生ハムの原木を持ち帰りたい衝動に駆られるが肉類の個人的持ち込みは禁じられているので涙をのむ。
e0213363_23211244.jpg
チーズは例外なしにウマかった。
e0213363_23215616.jpg
スーパーでワインコーナーを見て驚いた。

ほとんどが2€~7€。ワインショップに行けば高いワインはたくさんあるが総じて安い。
e0213363_23222776.jpg
「パスティス・デ・ナタ」と呼ばれるエッグタルト。サクサクのパイ生地の中にカスタードクリームを詰めて表面を焼いた素朴なお菓子。

特別感はないけど飽きない味。
e0213363_23532999.jpg
出国前のリスボン空港でまたまた生ハムとチーズ。旨い!

この旅行中唯一不味かったのはこのつけ合わせのパン。

ただしこのパン以外のパンは全て美味しかった。フランス以上か!?
e0213363_00305911.jpg

オリーブオイルやガーリックを使って素材の持ち味を活かしてシンプルな味付け。毎日食べても食べ飽きない料理。

ガイドブックには「日本人に合っている味」と書かれているが相席になったアメリカ人も「俺のは凄く旨いがお前の料理も旨いか」と聞いてきた。

国籍を問わず誰にとっても「美味しい国」なのは間違いないです。










[PR]

# by gokurakutojigoku | 2018-01-24 00:33 | 旅行 | Comments(8)
2018年 01月 21日

リスボン

1755年のリスボン大地震で壊滅的被害を受けたが、先の大戦では中立を貫いたために18世紀以降の街並みがよく保存されているそうだ。

別名7つの丘の街リスボンは坂の多い街でトラムやケーブルカー、そしてエレベーターまである
e0213363_23403220.jpg
e0213363_23285982.jpg
最近地下鉄の落書きが話題ですがこちらでは町中が落書きだらけ。
e0213363_23303464.jpg
e0213363_23424323.jpg
エレベーターは1902年製。

低地バイシャ地区と高地シアード地区を結ぶ。
e0213363_23293602.jpg
e0213363_23305510.jpg
e0213363_23315954.jpg
e0213363_23313500.jpg
適度に英語が通じて、旅行者に親切。どこに行ってもメシは旨いし酒は安い。

もっと早く行っとけばよかった。




















[PR]

# by gokurakutojigoku | 2018-01-21 23:28 | 旅行 | Comments(4)
2018年 01月 19日

ヴァスコ・ダ・ガマ

「ベレンの塔」はバスコ・ダ・ガマのインド航路発見の偉業をたたえて16世紀に建てられた石造りの塔。

テージョ川の船の出入りを監視する目的の要塞である。

400年前!ポルトガルのイケイケ時代です。
e0213363_23432854.jpg


テージョ川岬に立つ「発見のモニュメント」と呼ばれる記念碑は、1960年にエンリケ航海王子の500回忌を記念して作られたもの。

高さ52mの巨大モニュメントの先端には、ヴァスコ・ダ・ガマをはじめとする32人の偉人像を従えて王子の像がと並んでいる。

ポルトガルでは英雄ですが侵略された側からみるとエイリアンの親玉か。
e0213363_23442770.jpg
e0213363_23450603.jpg



発見のモニュメントの近くにはまるで地上絵のように世界地図が描かれていて、大航海時代にポルトガルが新しい国を発見したときの年号が記されています。
e0213363_23435700.jpg
e0213363_23441242.jpg

Japão(ジャパゥン)は1541年に『発見』された・・・・・

アメリカ先住民の気持ちが身に染みました。

e0213363_23434432.jpg


ジェロニモス修道院


マヌエル1世が、ヴァスコ・ダ・ガマの海外遠征によって得た財産を費やして建設した修道院。

その豪華で贅沢な外観から、16世紀のポルトガルがいかに栄華を誇っていたかを感じることができます。

16世紀初めに建設が開始され、完成したのは19世紀。およそ300年の期間をかけて完成。
e0213363_23110111.jpg
e0213363_23121961.jpg
e0213363_23102276.jpg
e0213363_23115046.jpg
主よ、彼らの罪を許したまえ。

















[PR]

# by gokurakutojigoku | 2018-01-19 23:34 | 旅行 | Comments(8)
2018年 01月 14日

シントラ

リスボン近郊の、王族や貴族の避暑地として栄えた街。

シントラ宮殿、ペーナ宮殿等があり、街がまるごと世界遺産です。
e0213363_23371571.jpg
e0213363_23374765.jpg
e0213363_23364469.jpg
e0213363_23383067.jpg


シントラ宮殿

シントラ宮殿は10世紀に作られましたが、現在のシントラ宮殿の建築様式は15世紀から16世紀に生まれたゴシック様式、

マヌエル様式、ムーア様式の混ざったものであるとされています。シントラ宮殿の特徴は、真っ白の外壁と2本の大きな塔で、

2本の塔は台所の換気口で33メートルもあります。宮殿内は他の宮殿と比べると装飾物がはるかに少ないですが、

天井は圧倒されるほどの装飾。大航海時代に黄金王と呼ばれたマヌエル一世が国力の強さを天井に誇示したかったと言われています。・・・[コピペです]
e0213363_22350509.jpg
e0213363_22353110.jpg
e0213363_22402611.jpg
巨大な台所。貴族の豪勢な食事が作られていた。
e0213363_22373042.jpg
内部から見た台所の換気口
e0213363_22395631.jpg
中庭
e0213363_22384490.jpg
ペーナ宮殿

1755年のリスボン地震が首都と周辺地域を荒廃させ、ペーナ修道院は廃墟と化した。しかし、ニコラウ・シャンテレネ作

とみなされる大理石と雪花石膏でできた壮麗な祭壇背後の棚を備えた礼拝堂は、無傷であった。

シントラの山頂に広がるこれらの残骸が、若いフェルナンドを驚愕させたのだった。1838年、カステロ・ドス・モウロス

(ムーア人の城、という意味。かつてのムーア人の城の廃墟)と他いくつかのキンタス(別邸)のすぐ隣である旧修道院を

フェルナンドは手に入れ、周辺を全て囲いで囲んだ。フェルナンドは、空想的な夢を持っていた。古い修道院を再建し、

シントラ滞在時にポルトガル王家が滞在する夏の離宮となる新しい部分を付け加えるのだと。ロマン主義的な再建命令が、

陸軍中将であり採掘技師でもあったヴィルヘルム・ルートヴィヒ・フォン・エシュヴェーケに下された。宮殿全体はほぼ、

巨大な岩々の上に壮大に立つ。フェルナンドは、異国風の豊富な種類の樹木を植えてイギリス式公園をつくることを考えていた。

このようにすると、公園とペーナ宮は魅惑的な王子と王女が登場する本の世界のようになる。宮殿のとっぴな様式は、

バイエルン王ルートヴィヒⅡ世が建てたノイシュヴァンシュタイン城を見る者に思い起こさせる(ペーナ宮殿が建てられて

から30年後に、このバイエルンの城は建設された)。この違う様式の模倣と組み合わせは成功したといえず、

マヌエル様式の窓のとなりにムーア風の扉があるといった具合に、しばしば不思議なコントラストを描く。・・・[コピペです]
e0213363_22494063.jpg
e0213363_22500959.jpg
e0213363_22504384.jpg
e0213363_23002685.jpg
e0213363_23123344.jpg
お菓子の型枠
e0213363_23010502.jpg

天正遣欧少年使節の4人は1584年シントラ宮殿を訪れている。

初めてヨーロッパを見た日本人である。

彼らの眼にはどのように映ったのだろう。











[PR]

# by gokurakutojigoku | 2018-01-14 23:17 | 旅行 | Comments(7)
2018年 01月 10日

西経9度30分

ロカ岬。

ユーラシア大陸最西端の岬である。

ポルトガルの詩人ルイス・デ・カモンイスが詠った「ここに地終わり海始まる」Onde a terra acaba e o mar começa)を刻んだ石碑が立っている。
e0213363_16254925.jpg
e0213363_15500898.jpg
e0213363_15503515.jpg
かつてこの地から東へ西へ漕ぎ出していった。大航海時代の始まりである。



[PR]

# by gokurakutojigoku | 2018-01-10 16:27 | 旅行 | Comments(14)