人気ブログランキング |

信心過ぎて極楽通り越す

sinjitara.exblog.jp
ブログトップ
2019年 05月 16日

お土産

先日sankanchi邸を訪問した際に素晴らしいお土産をいただいた。

何とオリジナル盤3枚!

Karajan-BPO Strauss "Also sprach Zarathustra" 1974年DG盤
e0213363_15431764.jpg

Krystian Zimerman Chopin "14Walzer・Waltzes" 1977年DG盤
e0213363_15432946.jpg

Perlman/Previn "Bartok:Violin Concerto No.2” 1973年EMI盤
e0213363_15430109.jpg
過去にオープンデッキを所有していた経験では、磁気テープは時間とともに音質劣化をきたす。

特に高域の劣化は著しく、エアチェックしたFM音源がたかが数か月後には無残に高域のキレが甘くなっていたものだ。

上限が15,000Hz位のFM放送でもそうなのだから、ナマを録音したマスターテープは推して知るべしである。

いただいた3枚はどれも高域が美しく、弦は見事なハーモニーを聴かせるしZimermanのピアノは透明感が際立っている。

改めてオリジナル盤の凄さを垣間見た思いである。

訪問して渾身の音を聴かせて頂き、更にお土産で貴重な経験をさせていただきました。

まさにプライスレスです。






# by gokurakutojigoku | 2019-05-16 00:05 | クラシック | Comments(4)
2019年 05月 12日

あの日のラジオ

e0213363_23394249.jpg
届いた荷物の上で寛ぐことなんかないのに・・・。

荷をほどくと興味津々。

題して「あの日のラジオ」
e0213363_23402170.jpg
wooさん曰く、「ウチの音楽堂にはニャンコが必須です」と。

さあ、どこに飾ろうかな。
e0213363_23395734.jpg
包装はアッコさんが書いた毛筆の半紙。粋です。

トムちゃんが最大限の感謝のポーズです。
e0213363_23393095.jpg
ありがたやありがたや。











# by gokurakutojigoku | 2019-05-12 23:54 | Comments(4)
2019年 05月 08日

オーベルジュを巡る

網走番外地のすぐ近くにある ”北の暖暖”

e0213363_23594554.jpg
網走刑務所をモチーフにした古民家風建物。
e0213363_00004678.jpg
e0213363_00001829.jpg
ここのオーナーは筋金入りのコレクターでジャンルを問わない。

アイヌ民族の資料を始め昭和の懐かしい逸品が所狭しと並ぶ。

写真はそのほんの一部分。
e0213363_00091040.jpg
e0213363_00102609.jpg
オーベルジュと謳うからには料理がメインなわけで、

オーソドックスな、いい意味で古典的フレンチだが北海道らしい食材でいい味をだしている。
e0213363_00034543.jpg
e0213363_00031854.jpg
この相関図には驚いた。偶然か必然か?
e0213363_00070780.jpg



オーベルジュ エルバ ステラ

富良野にある1日3組限定のオーベルジュ。
e0213363_00342554.jpg
e0213363_00344803.jpg
e0213363_01025717.jpg
建物の設計、部屋の調度品、すべてにオーナーの拘りが反映された楽しい空間。

各部屋は壁で隣り合わないように計算されている。
e0213363_00395378.jpg
ご夫婦共に野菜ソムリエの資格を持つ料理はモダンかつ絶品。

イタリアンながらフレンチのような味わいで、オーナーシェフが吟味した北海道のこだわりの食材の競演が楽しめる。
e0213363_00364372.jpg
e0213363_00370554.jpg
e0213363_00373252.jpg
e0213363_00375002.jpg
e0213363_00382561.jpg
朝食も楽しい。
e0213363_00393985.jpg
この自家製パンには思わず唸ってしまった。

敢えて絶賛という言葉を使わせて頂きます。
e0213363_00401779.jpg

ごちそうさまでした。

お蔭で体重増えました。(汗)










# by gokurakutojigoku | 2019-05-08 01:08 | 旅行 | Comments(10)
2019年 04月 13日

最新鋭

SPEC の最新パワーアンプ RPA-MG1 を聴いた。

クラスD方式4筐体。

150w/8Ω、300w/4Ω、発熱なし、軽量、低消費電力。

拙宅のA級アンプの対極に位置する。
e0213363_23093756.jpg
e0213363_23092770.jpg
オーディオマインドのダブルウーファーはLCネットワークだが、バイアンプ駆動のような締まった低音。

量感も申し分なく、高域のキレや質量感も文句なし。

時代なのかなーって・・・思った。

一瞬、高馬力電気自動車と書こうと思ったが、

熱効率95%のV8エンジンか!?













# by gokurakutojigoku | 2019-04-13 23:33 | アンプ | Comments(8)
2019年 03月 24日

人肌の音触

群馬のsankanchiさんは大のクラシックファンである。

同時に大の「音」マニアでもある。

ここまでは普通のオーディオファンと変わりはない。

氏の最大の持ち味は徹底したピューリタンであること。

e0213363_22371437.jpg
選び抜いた食材を最高の調味料、適切な火加減で仕上げ、素材の旨味を際立たせる。

粋な器に盛り付けられた目にも楽しい料理を舌触りの良い箸で口に運ぶ。

そんな一連の動作にも似た所作が氏の音世界を形作っている。
e0213363_22463154.jpg
奥様は裏千家の師範。

奥ゆかしい甘さの後に引き締まった渋みが漂う「人肌の一杯」でもてなして頂いた。




今回お聴かせ頂いたレコード。
e0213363_22283798.jpg
すべて完全オリジナル盤1stプレス。セカンドプレスは許されない。

録音当時のマスターテープの音質が劣化する間もなくプレスされた産地直送のフレッシュサウンドだけが

氏のレコードラックの居住を許されるのだ。

当時の演奏家の吐息すら聴き漏らすまいとする執念が氏を完オリ名盤蒐集に駆り立てる。

料理する以前に素材の鮮度に徹底的に拘るのだ。




そして完オリ1stプレスに刻まれたフレッシュサウンドをありのままに空間に解き放つために

氏が選択した包丁は NORDOST Odin2。
e0213363_22451229.jpg
e0213363_22445129.jpg
フォノイコに使うEMT JPA66からプリアンプAyre KX-R、そして自作Western Electric 300B パワーアンプ

最後はオリジナルTANNOY AUTOGRAH に至るまで徹頭徹尾 Odin2 である。

氏の奏でる音は決して熱くはない。かと言って冷たくもない。「人肌」なのだ。

以前、小生はOdin2を「圧倒的な情報量故に広大な空間再現をもたらす」と評したが、

氏の音はそれを笑い飛ばすかのように自然で外連味のない「人肌の音触」だった。
e0213363_22440469.jpg
e0213363_22434677.jpg
ピアノの音色もバイオリンの弦の震えもすべてが自然で奏者の位置関係はもちろん、

奏者のいない空間の空気感まで認識できたのには驚いた。

これ見よがしに解像感を誇張せずに、デュフューズされたライトで撮影されたポートレートのように

ナチュラルな像が浮かび上がる。

グライコもない、チャンデバもない、DACもない、必要にして十分な機器をピュア伝送するお手本のようなシステム。

e0213363_22442294.jpg
e0213363_22453043.jpg




伊藤肇 著 ”人間学” にこんな一節があるのを思い出した。

 昔、ある男が俳句を習おうと師匠のもとへやってきた。
「お前さん、俳句をやりたいかい。よろしい。それなら、いま『海鼠』(なまこ)という題で一句ものにしてごらん」
  まな板に下女とり落とす海鼠かな
「うん、できたね。しかし、この句は余計なものがごたごたとつきすぎている。余計なものを全部棄ててきなさい」
 彼はまた長考思案して、
  まな板に 取り落としたる海鼠かな
と直してさしだした。ところが、
「まだまだダメじゃ。もっと棄てなさい。俳諧に無駄は禁物じゃ」と没となった。
師匠は同じことをいっている。さあ、わからない。とうとう夜中(よじゅう)考えた挙句、
  取り落とし 取り落としたる海鼠かな
とやったら、「ああ、これでよろしい」と弟子入りが許された。
「まな板」も「下女」もすっかり棄てきった時に「海鼠」の姿が突如として現れたのだ。



楽しいひと時を与えて頂きありがとうございました。











# by gokurakutojigoku | 2019-03-24 23:17 | 訪問記 | Comments(6)
2019年 03月 06日

巨大蟹

最近、食べログと化したこのブログ。

ふるさと納税で送られてきた1kgの蟹。

大きさに偽りはなかった。

横に置いた500円玉が小さくみえる。

e0213363_22593275.jpg

小生が過去に食べた最大は700g。

二人で食べて腹いっぱい!

味はややハズレ。

まあ、こういうものは”当たりはずれ”がつきものなんだけどね。




# by gokurakutojigoku | 2019-03-06 23:01 | グルメ | Comments(12)
2019年 02月 12日

たまには料理

最近のマイブーム。

パスタ。

シンプルなトマトソースとオリーブのパスタ。
e0213363_20451246.jpg
まだまだ未熟で課題はあるが取り敢えずイケるかな・・・。



# by gokurakutojigoku | 2019-02-12 20:49 | Comments(6)
2019年 02月 05日

目指すは「めんめ」

wooさんが来ました。

目的は「めんめ」という店。

それだけである。
e0213363_16395132.jpg

お刺身の盛り合わせが出て来ました。

「写真を撮るから待ちなさい」と言ってるのに静止ができません。
e0213363_16400996.jpg

めんめとホッケ。堪能しました。
e0213363_16402213.jpg

いつものように ”ついでに” 音&音楽鑑賞。
e0213363_16404310.jpg
鬼のように寒い道東に「流氷の海で泳いでくる」と言い残して去っていきました。

幸運を祈る!!!








# by gokurakutojigoku | 2019-02-05 23:30 | グルメ | Comments(10)
2019年 02月 01日

慌ただしく遊ぶ

其の壱  食欲を満たす。
e0213363_22565055.jpg
e0213363_22571890.jpg
e0213363_22574045.jpg
前回はランチ、今回は夜のコース。

「とうげ」という店名はなんと店主の苗字!峠さんとは珍しい。

相変わらずいい仕事しています。

リピートしたという事はそういうこと。
e0213363_22583271.jpg
ほろ酔いの”誰か”
e0213363_22581109.jpg
其の弐  音楽で遊ぶ。

Cello performance と Duet350 を追い出した Octave をしげしげと眺める”誰か”
e0213363_22584460.jpg
其の参  雪と戯れる。
e0213363_22592412.jpg
ニセコヒラフはオーストラリアの植民地になって久しいが、

アンヌプリも時間の問題だ。
e0213363_22590384.jpg
体がボロボロだ。なまってる。









# by gokurakutojigoku | 2019-02-01 23:24 | Comments(12)
2019年 01月 18日

よく冷えてます



札幌はいたって平和だが日本海側は猛吹雪。

久しぶりの大台越え。

これくらい良く冷えるとクルマは滑らない。
e0213363_23483521.jpg



Cool & Hot に Dave Brubeck Quartet 。
e0213363_23485643.jpg
ボサノバだけどアメリカン。

アメリカ風ボサノバか?

纏わりつくような湿度感はない。

ジャケットのグラフィックデザインも秀逸。








# by gokurakutojigoku | 2019-01-18 00:07 | Comments(8)