人気ブログランキング |

信心過ぎて極楽通り越す

sinjitara.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2019年 05月 24日

シャンディ ニヴァース カフェ

北海道長沼町の田んぼの真ん中にあるカフェ。
e0213363_21393629.jpg
e0213363_21392541.jpg
e0213363_21391454.jpg

インドカレーを標榜するカレーの中でこれほどまでに日本人的に洗練されたものも少ないかもしれない。

カレーを入れる器こそインドカレーのそれを踏襲しているが味は無国籍と表現した方がいいと思う。

多くのバリエーションが存在するカレーの世界で☆や順位をつけるのはいかがなものかと思うが、

小生の中では3本の指に入る逸品。
e0213363_21384927.jpg
e0213363_21383822.jpg
経営するご夫婦の拘りが味にも店内にも色濃く反映されている。






by gokurakutojigoku | 2019-05-24 21:48 | グルメ | Comments(6)
2019年 05月 16日

お土産

先日sankanchi邸を訪問した際に素晴らしいお土産をいただいた。

何とオリジナル盤3枚!

Karajan-BPO Strauss "Also sprach Zarathustra" 1974年DG盤
e0213363_15431764.jpg

Krystian Zimerman Chopin "14Walzer・Waltzes" 1977年DG盤
e0213363_15432946.jpg

Perlman/Previn "Bartok:Violin Concerto No.2” 1973年EMI盤
e0213363_15430109.jpg
過去にオープンデッキを所有していた経験では、磁気テープは時間とともに音質劣化をきたす。

特に高域の劣化は著しく、エアチェックしたFM音源がたかが数か月後には無残に高域のキレが甘くなっていたものだ。

上限が15,000Hz位のFM放送でもそうなのだから、ナマを録音したマスターテープは推して知るべしである。

いただいた3枚はどれも高域が美しく、弦は見事なハーモニーを聴かせるしZimermanのピアノは透明感が際立っている。

改めてオリジナル盤の凄さを垣間見た思いである。

訪問して渾身の音を聴かせて頂き、更にお土産で貴重な経験をさせていただきました。

まさにプライスレスです。






by gokurakutojigoku | 2019-05-16 00:05 | クラシック | Comments(4)
2019年 05月 12日

あの日のラジオ

e0213363_23394249.jpg
届いた荷物の上で寛ぐことなんかないのに・・・。

荷をほどくと興味津々。

題して「あの日のラジオ」
e0213363_23402170.jpg
wooさん曰く、「ウチの音楽堂にはニャンコが必須です」と。

さあ、どこに飾ろうかな。
e0213363_23395734.jpg
包装はアッコさんが書いた毛筆の半紙。粋です。

トムちゃんが最大限の感謝のポーズです。
e0213363_23393095.jpg
ありがたやありがたや。











by gokurakutojigoku | 2019-05-12 23:54 | Comments(4)
2019年 05月 08日

オーベルジュを巡る

網走番外地のすぐ近くにある ”北の暖暖”

e0213363_23594554.jpg
網走刑務所をモチーフにした古民家風建物。
e0213363_00004678.jpg
e0213363_00001829.jpg
ここのオーナーは筋金入りのコレクターでジャンルを問わない。

アイヌ民族の資料を始め昭和の懐かしい逸品が所狭しと並ぶ。

写真はそのほんの一部分。
e0213363_00091040.jpg
e0213363_00102609.jpg
オーベルジュと謳うからには料理がメインなわけで、

オーソドックスな、いい意味で古典的フレンチだが北海道らしい食材でいい味をだしている。
e0213363_00034543.jpg
e0213363_00031854.jpg
この相関図には驚いた。偶然か必然か?
e0213363_00070780.jpg



オーベルジュ エルバ ステラ

富良野にある1日3組限定のオーベルジュ。
e0213363_00342554.jpg
e0213363_00344803.jpg
e0213363_01025717.jpg
建物の設計、部屋の調度品、すべてにオーナーの拘りが反映された楽しい空間。

各部屋は壁で隣り合わないように計算されている。
e0213363_00395378.jpg
ご夫婦共に野菜ソムリエの資格を持つ料理はモダンかつ絶品。

イタリアンながらフレンチのような味わいで、オーナーシェフが吟味した北海道のこだわりの食材の競演が楽しめる。
e0213363_00364372.jpg
e0213363_00370554.jpg
e0213363_00373252.jpg
e0213363_00375002.jpg
e0213363_00382561.jpg
朝食も楽しい。
e0213363_00393985.jpg
この自家製パンには思わず唸ってしまった。

敢えて絶賛という言葉を使わせて頂きます。
e0213363_00401779.jpg

ごちそうさまでした。

お蔭で体重増えました。(汗)










by gokurakutojigoku | 2019-05-08 01:08 | 旅行 | Comments(10)