信心過ぎて極楽通り越す

sinjitara.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2018年 08月 31日

酒と飯の日々 2

去年に続いて、wooさんご夫妻が”北海道を食べに”きました。

第1ラウンドは、前回の昼食にラーメンと親子丼を食べて”動揺した”軍鶏焼き鳥の「直」です。

焼き鳥に始まり・・・・・、
e0213363_22143769.jpg
軍鶏出汁塩ラーメン。
e0213363_22145300.jpg
親子丼
e0213363_22150847.jpg
食べるwoo!
e0213363_22152666.jpg
食べるwoo!!
e0213363_22160668.jpg
おい!それ全部食べるなよー!!!
e0213363_22175315.jpg
私たち、オーデイオ仲間ですがオーデイオは”おまけ”です。
e0213363_22181188.jpg

翌日、第2ラウンド。

洞爺湖温泉の近くにあるイタリア料理店、「ピットーレ」

小生が以前からお気に入りのお店。
e0213363_22455262.jpg
ナポリピザに始まり・・・・・、

写真を撮るまで待っててねと言っているのに誰かさんの手が伸びます。
e0213363_22573113.jpg
ボンゴレ
e0213363_22461746.jpg
タリアテッレ
e0213363_22463915.jpg
写真を撮るまで待ちきれません!

「待て!」のポーズです。wooさんちの愛犬モンクのようです。
e0213363_22472935.jpg

ラザーニャ
e0213363_22465732.jpg

アフォガード
e0213363_22480270.jpg
ご満悦です。
e0213363_22474604.jpg
”おまけ”の洞爺湖観光です。
e0213363_22483073.jpg
e0213363_22493594.jpg
e0213363_22484805.jpg
食べてる時とテンションがまるで違います。

ファインダーを覗いて思いました。

wooさんから"食"をとったら”抜け殻”になるかもー、って。
e0213363_23191165.jpg
洞爺湖観光の後は喜茂別町の「チーズ工房タカラ」
e0213363_22500344.jpg
フランスでチーズの修行をした牧場オーナーが作るチーズが絶品です。
e0213363_22502772.jpg
ここでも牧場自家製のソフトクリームにかぶり付きます。

罪のない笑顔です。幸せの極致です。
e0213363_22505183.jpg
その夜、第3ラウンド。

日本料理「をとわ」

海水ウニから始まって・・・、
e0213363_23211431.jpg
松茸
e0213363_23213133.jpg
お造り
e0213363_23222912.jpg
燻煙したホッケと銀杏。
e0213363_23232017.jpg
その他色々食べて、

最後はとうもろこしご飯。

北海道民の小生も初めて食べました。
e0213363_23235382.jpg
純米爆雷辛口「山法師」初めて飲む超辛口。
e0213363_23225301.jpg
桃のデザート。
e0213363_23241544.jpg
「をとわ」を出た後は新たな飲食店の物色です。

ウインドウショッピングならぬ飲食店ショッピングです。

狸小路7~8丁目、南3条通り界隈にはヤバイ店が目白押しです。

wooさんの頭の中は既に次回の札幌の飽食です。

今度来るまでにヤバそうな店を探索するミッションを仰せつかりました。



あー、美味しかった!














[PR]

by gokurakutojigoku | 2018-08-31 21:06 | Comments(15)
2018年 08月 15日

再度 Super Black Box

MRE220 をウーファーに接続して試聴中であるが、再度Super Brack Box を追加で借り受けて試してみる。

前回、中高域に使った時は”滑らかで高品位の音”になるのを確認したが今回はどうだろうか。
e0213363_00204142.jpg
e0213363_00205102.jpg
僅かながらベースはタイトになる。エネルギー感はそのままにして輪郭のにじみがとれる。

誤解されるといけないが、素のアンプの輪郭が曖昧なのではなく、傾向としてそう感じられるということ。

メーカーは低インピーダンスや低能率のSPの駆動力向上を謳っている。

JBL D130 はコーンが軽く高能率なので大きな恩恵を受けないのかもしれない。




すべてのパワーアンプを OCTAVE にするとチャンデバのアッテネータの位置は大きく変わった。

ゲインは MRE220 が 29.5dB, RE320 が 28dB 。本当はゲインは揃えて欲しかったが・・・。

ウーファーは絞りぎみに、中高域は開いた。

試しに中高域を大きく開いてもうるさくならないのでレベル決めは少し迷う。

贅沢な悩みか!?






[PR]

by gokurakutojigoku | 2018-08-15 01:01 | アンプ | Comments(8)
2018年 08月 08日

OCTAVE MRE220

以前に続いて寺の住職が「聴いて損はない」とのたまう。

断る理由を思い付かないので「そ、そうですか」と・・・・・。





カルト宗教に洗脳される輩はつくづく馬鹿だと思っているが、

人はこうやって理性を失うものなのかと自分自身時々思うことがある。

「騙されたと思って・・・してみろ」この殺し文句が一番危険だ。

俺は絶対に引っ掛からないと豪語してまんまとオレオレ詐欺に引っ掛かるのだ。


e0213363_23283476.jpg

現在JBLシステムを、中高域に Octave RE320、低域に Levinson No.23.5 でジャズがご機嫌に鳴っている。

低域の半導体の Levinson No.23.5 を球の MRE220 に入れ替えてみる。

音が出て最初に気付くのはエネルギーの凄さ。

当初は球のアンプにありがちな低域が膨らむ効果かと思ったがそれだけにあらず。

力強いベースやピアノの左手の表現は克明で、中高域との音色の統一感も手伝って盤石なピラミッドを形成する。

モノアンプの本来の魅力である左右のセパレーションも気持ちよく、

中高域の RE320 のエージングが終わるまで封印していたステレオアンプの左右を帯域の上下に割り当てる”モノ使い”を実行すると

更にセパレーションは向上し3次元的奥行きが向上する。

e0213363_23285461.jpg




「人はこうやって理性を失うものなのか」と皆に思われている。(大汗)









[PR]

by gokurakutojigoku | 2018-08-08 01:05 | アンプ | Comments(8)