信心過ぎて極楽通り越す

sinjitara.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:真空管( 9 )


2018年 12月 02日

試しに転がす Ⅱ

TESLA EL34

TESLAの末期と思われるNOS球。

パワーアンプをOCTAVEに決める前に別の最有力候補のために先走って確保しちゃたもの。

試しにMRE220に挿してみる。
e0213363_23274875.jpg
最初はブヨブヨだった音は1週間もするとフォーカスが合ってくる。

やや温かみがあってヴォーカルは潤いが感じられる。

ピアノや金管楽器の切れ味はTang Sol KT120のほうが一枚上手。

お互い無い物ねだりになってしまうのだが、何となく奥まったステージはジャズのインストには合わないかな。

まあ、好みの問題か。他の人に聴かせたら半分は EL34 がいいと言うかもしれない。
e0213363_23281965.jpg












[PR]

by gokurakutojigoku | 2018-12-02 00:01 | 真空管 | Comments(8)
2018年 11月 27日

ECC82

先日、群馬の山間地からガラス弾(たま)が届いた。

sankanchiさん曰く、「まあいいから聴いてみなさい」と・・・・・。

OCTAVE MRE220 と RE320 の前段は共に ECC82(12AU7) 。

デフォルトは Tang Sol と JJ 。
e0213363_22560752.jpg


届いた球は BRIMAR 13D4 2本 と RCA 5963 2本 、共に互換球で、

BRIMAR 13D4 はおそらく'50年代。

RCA 5963 は白文字で '40年代~ '50年代のもの。

RCA 5963 は μ(増幅率)が高めなので残留ノイズ的には不利かなと思ったがパワーアンプなので問題なさそう。

例によって2週間程通電してから真面目に検証してみました。
e0213363_22562262.jpg

ウーファーを受け持つMRE220に挿しても全く変化を聴きとれない。

何回挿し換えてもわからない。

次に中高域を受け持つ RE320 に挿してみる。

解像感は変わらないがエッジのバリのようなものが取れてしっとりとした佇まいになる。

ワインが空気に触れてカドが取れてくるみたいにとてもいい感じだ。

ピアノやギターのような弦楽器には特に効く。

差し替える前は「エッジのバリ」なんて認識すらしなかったのに元に戻すと意識してしまうのが困ったところ。
e0213363_12054211.jpg
群馬の御大のありがたい実弾射撃に翻弄される信者です(汗)










[PR]

by gokurakutojigoku | 2018-11-27 22:24 | 真空管 | Comments(15)
2018年 10月 11日

試しに転がす

発酵が進んできたウーファー用のモノラルパワーアンプMRE220。

前段に使われている 6SN7GT を挿し換えてみました。
e0213363_23305613.jpg


6SN7GT の高信頼管 CRC5692 。 RCA の JAN (アメリカ軍用)規格です。

2か月前に”群馬の御大”ことsankanchiさんが「ジャズにはこれはいいよ」と仰るので言われるがままに「ポチッ」した球なのです。

※ JAN = Joint Army and Navy nomenclature system  陸海軍共通命名システム

自分なりに調べてみましたが、現在入手可能な球としては非常に評価の高いものです。
e0213363_23302642.jpg

低域が僅かにタイトになります。音のにじみが消えてウッドベースの音程がよく出てきます。

激変ということはないです。この CRC5692 が最上級だと仮定すれば、デフォルトの Tang Sol 6SN7GT は良く出来た球だと思います。

色々ソースを変えて試しましたが CRC5692 を挿してアッテネータを少しだけ開いたほうが好みです。
e0213363_23304491.jpg
今回もsankanchiさんには球について色々教えて頂きました。

「経験者は語る」と言いますが40年間球転がしをしてきたsankanchiさんの知識量は”半端ない”です。






[PR]

by gokurakutojigoku | 2018-10-11 23:14 | 真空管 | Comments(6)
2018年 04月 19日

TELEFUNKEN のデートコード

以下、管球マニアには常識らしいですが備忘録としてUPします。



1958年以降の Telefunken は8ケタのデートコードがレタリングされています。

ただし、1930年から1968年までは別に「3レター&2桁」「アルファベット2桁」のデートコードがあり

1958年から1968年までは平行して使用されていたようです。

e0213363_23245320.jpg
写真はECC83、デートコードは B3205401

1桁目 B      Berlin factory (U = Ulm factory)
2桁目 3      日の十の桁
3桁目 2      日の一の桁  3桁目と2桁目で「23日」
4桁目 0      月の十の桁  (0か1のみ)
5桁目 5      年の一の桁  この場合1965年か1975年
6桁目 4      月の十の桁  4桁目と6桁目で「4月」
7桁目、8桁目 01  改訂番号 

この球は1965年か1975年4月23日にベルリン工場で製造されたECC83ということになります。

もう少し素直な表示に出来なかったのでしょうか。  

戦前戦中の軍事機密も影響しているのかな?

Telefunkenの真空管の真贋は管底の◇マークがその根拠になりますが、

当時はOEM生産が普通に行われていたため Telefunken で生産されVALVO や SIEMENS のレタリングを纏った◇マークの球も存在します。
e0213363_23045331.jpg
 













[PR]

by gokurakutojigoku | 2018-04-19 23:27 | 真空管 | Comments(6)
2018年 04月 13日

ECC88




先日の互換球の失敗から球を勉強するためにECC88(6DJ8)を5種類集めてみました。
e0213363_00141307.jpg


プリアンプEAR912は5本のECC88が使われていますが、ラインステージの2本を挿し換えてCD入力で音の変化を探ってみます。
e0213363_23152888.jpg



①はデフォルトの球です。EARのマークがレタリングされてますがスロバキアの JJ Electoronic 製と思われます。

 音の傾向はややドンシャリでこのプリの音の性格を形成しています。ジャズはダイナミックですがもう少し落ち着いた佇まいが欲しくなります。

 ドンシャリと書きましたが、客観的に見れば下も上も伸びていると解釈すべきであって本当はまともなバランスなのかもしれません。

 他の球を挿して分かったのですがなぜか解像感は少し落ちます。
e0213363_23171887.jpg




②Telefunken ECC88     お約束のダイヤ◇マーク付きです。輪郭や表情がクリアーで見晴らしがいいです。

 音像は引き締まった印象ですが柔らかさも備えています。

 一方で人の声に対してはストイック過ぎるかもしれません。
e0213363_23352462.jpg



③TESLA E88CC    ECC88 の高信頼管。何ともありがたい事にsankanchiさんに譲っていただいたものです。

 1960年代のOld STELA でgold grid & Gold pin 。手元に来てから色々調べてみましたが超レア球の様です。

 sankanchiさんには心よりお礼申し上げます。

 癖のない中庸を得た表現ながら透明感と柔らか味が同居したような、実にナチュラルです。
e0213363_23551895.jpg
                      

                 gold grid の拡大写真
e0213363_00171066.jpg





④Amperex ECC88    オランダ Heerlen factory 製の地球マーク付き。この球は我が家のJBLシステムに相性が良かったです。

 演奏に深みや重量感があって、しかも解像感も良く出ていてまさにウエルバランスです。特にボーカルはピカイチでした。
e0213363_23400937.jpg
                       
                      
                地球マーク
e0213363_00595029.jpg
 

                Dimpled disc getter
e0213363_23404413.jpg





⑤Amperex ECC88   こちらはイギリスの Blackburn factory製のAmperexです。
 
 ④と同様に Dimpled disc getter ですが、プレート周りの構造は細部が異なっています。

 ④に比べてあっさりしていておとなしく穏健な音です。
e0213363_00030679.jpg




⑥Mullard ECC88   イギリス Blackburn factory製です。響きが厚く重々しいです。長く聴いているとお腹いっぱいになります。

 これが巷で言われるMullardの音の特徴なのでしょうがウチのシステムでは重量感が勝ってしまいます。
e0213363_00044756.jpg
こうやって球の違いを聴き比べてみるとそれぞれ個性があって面白いです。

管球ファンの間ではTelefunkenやMullardに人気がありますが、あくまでも自分のシステムとの相性ですから

ブランドにこだわらないで少しずつマイナーな球も試したいと思います。




[PR]

by gokurakutojigoku | 2018-04-13 19:33 | 真空管 | Comments(19)
2018年 02月 04日

授業料

EMT JPA66 の球の換装で気を良くしている小生は、EAR912 でも同じ感動を味わおうと美味しい球を探していた。

純正球はPCC88。おそらくJJ製。

少し毛色の違った音ということでMullard PCC189。互換球として使えるみたい。しかも安い。
e0213363_23142300.jpg

48時間通電した後音出しする。

「ザァーーー」

残留ノイズの嵐!

音は出るが弱々しい。
e0213363_23145499.jpg
e0213363_23143880.jpg
このアンプには互換性はなかった。それだけである。

後からsankanchiさんに教わったのですが、PCC189は直線性が悪くPCC88の代わりにはならない可能性が高いと・・・・・。

安くていい音したらみっけもんという考えが・・・・・甘いか!?

















[PR]

by gokurakutojigoku | 2018-02-04 23:49 | 真空管 | Comments(8)
2017年 12月 20日

Western Electric Ⅱ

WE420Aをお借りして1か月。お別れの時を迎えました。

ワインが開くがの如く更にエージングが進んでまろやかな味わいになりました。

何も足さない、何も引かない、突出したところも不足も無い、見事なバランス。

久しぶりに TELEFUNKEN を挿してみると外連味を感じるくらい活発な音に聴こえました。
e0213363_22414241.jpg
これはもう優劣をつけるような次元ではなく、好みや気分の問題です。

最初は TELEFUNKEN の方が闊達でジャズ向きかなと思いましたが、

音が開くにつれ WE の懐の深い音が麻薬的に感じました。

このような機会を与えてくださったsankanchiさんには心からお礼申し上げます。

おかげ様で球に対する概念が変わりました。

”球転がしなんてしない”と思っていましたが・・・・・。

気持ちよく底なし沼を泳いでいましたが最近浮力が失われつつあります。

「い、息が出来なくなってきた。」(笑えない)














[PR]

by gokurakutojigoku | 2017-12-20 23:02 | 真空管 | Comments(13)
2017年 12月 08日

Western Electric

今年の1月に EMT JPA66 の球を TELEFUNKEN ECC83 に挿し変えて満足している小生ですが、

先日 sankanchiさんからとんでもないブツが送られてきました。

Western Electric 420A !! 実物を拝んだのは初めてです。

WE 420A(5755) は ECC83 とピンレイアウトが異なるだけでアダプターかませれば互換球として使えるとの事。

sankanchiさんが「球転がし」と言う底なし沼に小生を突き落とそうとする魂胆はミエミエですが、

底なし沼を気持ちよく泳いでみたいという自虐的な誘惑に駆られ取り敢えずソケットに挿してみました。

実はこの球は新品で、先ずは100時間程エージングせよというお達し。
e0213363_22375506.jpg
e0213363_22380991.jpg
しっかり4日間通電した後、レコードに針を落とします。

正直な話、音は期待以上でした。
e0213363_22382622.jpg
TELEFUNKEN はドイツ車のような剛性の高いシャシーに硬めのサスで、段差をタタッと乗り越える快感。

WE は剛性の高いシャシーは同じですが、ジャガーのようなにしなやかな足といった佇まいなのです。

もうこれは力感とか解像度とか、とういう話をするのはナンセンスと思ってしまうほど、

軟弱とは全く違う物腰の柔らかさが幅や深みをさりげなく発露するところにWE の魅力を見せつけられました。




底なし沼を気持ちよく泳ぎながら思いました。

更にエージングが進んだらもっと・・・・・。

毒を食らわば皿まで。






[PR]

by gokurakutojigoku | 2017-12-08 00:01 | 真空管 | Comments(12)
2017年 01月 25日

TELEFUNKEN

群馬県の御大のブログを拝見して、「球の差し替え楽しそー」などと思っていると

何処からともなく現れてきました。こちらから探したわけではないのですが。
e0213363_22422563.jpg

しかし球については門外漢の小生がこんなブランド球に手を出すのは非常に危険です。

巷にはテレフンケンやムラードの偽物がは多く流通しているからです。

なかなか素性のはっきりしたテレフンケンは無いそうなので確信を得るために出来るだけ調べてみました。

取り敢えず解っているのは、元の所有者はご年配の方で1979年に東京のオーディオ店から新品を購入し

使わずに所有していた、いわゆる ”デッドストック”ということだけ。



同じ ECC83 (12AX7) ですが外観の違う2種類。

一見すると左が「スムースプレート」と右が「リブプレート」。

プレートの長さは左が17mm、右が14mm (本物は17mmでロングプレート)

ガラス面のプリントは、左の球はやや不鮮明で強く擦ると剥がれてきます。右の球はプリントがしっかりしています。

右はゲッターの面積が大きすぎます。
e0213363_22425149.jpg
e0213363_22431709.jpg


横から見るとプレートの穴の位置が違います。

左のように長方形の穴の位置が上下に離れているのが本物とされています。

右は半円形の穴が中央に1個です。
e0213363_22455236.jpg

決定的なのは底面のダイヤマーク。(◇の刻印)

右には無く、S というプリントが。
e0213363_22433796.jpg

左のスムースプレートは本物で間違いなさそうですが、右のリブプレートは詳細は不明です。

テレフンケンの音質は昔から高評価だったようですが、1979年当時から偽物が出回っていたのでしょうか。




それで早速 EMT JPA66 の球を差し替えてみました。

緑のゴムリングは標準装備のスタビライザーリングです。

元々付属していた球は JJ です。

e0213363_22441618.jpg
e0213363_22443308.jpg
想像していた以上に変わりました。これは見事と言うほかありません。

タイトですが痩せた音ではなく躍動感があります。

明快でヌケが良く、しかも力があります。シンバルにブラシが触れる音もきれいに分離します。

不思議と硬質感は全くありません。

では「偽物」の音はどうなんでしょう?

こういう聴き方は興味半分、怖さ半分です。もしもですよー、凄く良かったらどうします?

変な話ですが差し替えて第一声は”ほっと”しました。

「偽物」の名誉のため!? に言いますが、悪くはないです。ただ、対戦相手が強すぎます。

1日通電して翌日の冷静な感想としては、全体的に甘めです。「本物」ほど明快+ヌケの良さはありません。

ベースもやや膨らむのでウッドベースのランニングがイマイチ走りません。

付属の JJ は良くも悪くも中庸で常識的バランスですが、「偽物」はなんとなく大味です。

もし凄く良かったら二束三文で買い集めて密かに楽しむという夢は断たれました。


2018年7月4日追記: いなさんという方から、本文中の「アキバフンケン」と記述した真空管はMullard製OEMでは?というご指摘がありましたが、

小生も改めて写真を見たところそれが正解であるようです。

Mullardはフィリップス系のメーカーで管壁にエッチングコードで製造情報を記してあります。上の写真を例にとると

[I63 B8B4] のように読み取れます。

I6 = ECC83 ・・・・・・・・・・・・・・・・・GA なら ECC88、TK なら ECC81 などコードが決められている。
3 = revision number(改変番号)・・・・・・・・細部の改変がおこなわれたVer. Number   
B = イギリス Brackburn工場 ・・・・・・・・・製造された工場。 ⊿ はオランダ Heerlen 工場、   
8 = 1968年 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1958年の可能性もあり。
B = 2月・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Aー1月、B-2月、C-3月、D-4月-----------。     
4 = 第4週

いなさん、ご指摘ありがとうございました。感謝です。

 










[PR]

by gokurakutojigoku | 2017-01-25 00:35 | 真空管 | Comments(14)