信心過ぎて極楽通り越す

sinjitara.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:真空管( 5 )


2018年 04月 19日

TELEFUNKEN のデートコード

以下、管球マニアには常識らしいですが備忘録としてUPします。



1958年以降の Telefunken は8ケタのデートコードがレタリングされています。

ただし、1930年から1968年までは別に「3レター&2桁」「アルファベット2桁」のデートコードがあり

1958年から1968年までは平行して使用されていたようです。

e0213363_23245320.jpg
写真はECC83、デートコードは B3205401

1桁目 B      Berlin factory (U = Ulm factory)
2桁目 3      日の十の桁
3桁目 2      日の一の桁  3桁目と2桁目で「23日」
4桁目 0      月の十の桁  (0か1のみ)
5桁目 5      年の一の桁  この場合1965年か1975年
6桁目 4      月の十の桁  4桁目と6桁目で「4月」
7桁目、8桁目 01  改訂番号 

この球は1965年か1975年4月23日にベルリン工場で製造されたECC83ということになります。

もう少し素直な表示に出来なかったのでしょうか。  

戦前戦中の軍事機密も影響しているのかな?

Telefunkenの真空管の真贋は管底の◇マークがその根拠になりますが、

当時はOEM生産が普通に行われていたため Telefunken で生産されVALVO や SIEMENS のレタリングを纏った◇マークの球も存在します。
e0213363_23045331.jpg
 













[PR]

by gokurakutojigoku | 2018-04-19 23:27 | 真空管 | Comments(6)
2018年 04月 13日

ECC88




先日の互換球の失敗から球を勉強するためにECC88(6DJ8)を5種類集めてみました。
e0213363_00141307.jpg


プリアンプEAR912は5本のECC88が使われていますが、ラインステージの2本を挿し換えてCD入力で音の変化を探ってみます。
e0213363_23152888.jpg



①はデフォルトの球です。EARのマークがレタリングされてますがスロバキアの JJ Electoronic 製と思われます。

 音の傾向はややドンシャリでこのプリの音の性格を形成しています。ジャズはダイナミックですがもう少し落ち着いた佇まいが欲しくなります。

 ドンシャリと書きましたが、客観的に見れば下も上も伸びていると解釈すべきであって本当はまともなバランスなのかもしれません。

 他の球を挿して分かったのですがなぜか解像感は少し落ちます。
e0213363_23171887.jpg




②Telefunken ECC88     お約束のダイヤ◇マーク付きです。輪郭や表情がクリアーで見晴らしがいいです。

 音像は引き締まった印象ですが柔らかさも備えています。

 一方で人の声に対してはストイック過ぎるかもしれません。
e0213363_23352462.jpg



③TESLA E88CC    ECC88 の高信頼管。何ともありがたい事にsankanchiさんに譲っていただいたものです。

 1960年代のOld STELA でgold grid & Gold pin 。手元に来てから色々調べてみましたが超レア球の様です。

 sankanchiさんには心よりお礼申し上げます。

 癖のない中庸を得た表現ながら透明感と柔らか味が同居したような、実にナチュラルです。
e0213363_23551895.jpg
                      

                 gold grid の拡大写真
e0213363_00171066.jpg





④Amperex ECC88    オランダ Heerlen factory 製の地球マーク付き。この球は我が家のJBLシステムに相性が良かったです。

 演奏に深みや重量感があって、しかも解像感も良く出ていてまさにウエルバランスです。特にボーカルはピカイチでした。
e0213363_23400937.jpg
                       
                      
                地球マーク
e0213363_00595029.jpg
 

                Dimpled disc getter
e0213363_23404413.jpg





⑤Amperex ECC88   こちらはイギリスの Blackburn factory製のAmperexです。
 
 ④と同様に Dimpled disc getter ですが、プレート周りの構造は細部が異なっています。

 ④に比べてあっさりしていておとなしく穏健な音です。
e0213363_00030679.jpg




⑥Mullard ECC88   イギリス Blackburn factory製です。響きが厚く重々しいです。長く聴いているとお腹いっぱいになります。

 これが巷で言われるMullardの音の特徴なのでしょうがウチのシステムでは重量感が勝ってしまいます。
e0213363_00044756.jpg
こうやって球の違いを聴き比べてみるとそれぞれ個性があって面白いです。

管球ファンの間ではTelefunkenやMullardに人気がありますが、あくまでも自分のシステムとの相性ですから

ブランドにこだわらないで少しずつマイナーな球も試したいと思います。




[PR]

by gokurakutojigoku | 2018-04-13 19:33 | 真空管 | Comments(19)
2018年 02月 04日

授業料

EMT JPA66 の球の換装で気を良くしている小生は、EAR912 でも同じ感動を味わおうと美味しい球を探していた。

純正球はPCC88。おそらくJJ製。

少し毛色の違った音ということでMullard PCC189。互換球として使えるみたい。しかも安い。
e0213363_23142300.jpg

48時間通電した後音出しする。

「ザァーーー」

残留ノイズの嵐!

音は出るが弱々しい。
e0213363_23145499.jpg
e0213363_23143880.jpg
このアンプには互換性はなかった。それだけである。

後からsankanchiさんに教わったのですが、PCC189は直線性が悪くPCC88の代わりにはならない可能性が高いと・・・・・。

安くていい音したらみっけもんという考えが・・・・・甘いか!?

















[PR]

by gokurakutojigoku | 2018-02-04 23:49 | 真空管 | Comments(8)
2017年 12月 20日

Western Electric Ⅱ

WE420Aをお借りして1か月。お別れの時を迎えました。

ワインが開くがの如く更にエージングが進んでまろやかな味わいになりました。

何も足さない、何も引かない、突出したところも不足も無い、見事なバランス。

久しぶりに TELEFUNKEN を挿してみると外連味を感じるくらい活発な音に聴こえました。
e0213363_22414241.jpg
これはもう優劣をつけるような次元ではなく、好みや気分の問題です。

最初は TELEFUNKEN の方が闊達でジャズ向きかなと思いましたが、

音が開くにつれ WE の懐の深い音が麻薬的に感じました。

このような機会を与えてくださったsankanchiさんには心からお礼申し上げます。

おかげ様で球に対する概念が変わりました。

”球転がしなんてしない”と思っていましたが・・・・・。

気持ちよく底なし沼を泳いでいましたが最近浮力が失われつつあります。

「い、息が出来なくなってきた。」(笑えない)














[PR]

by gokurakutojigoku | 2017-12-20 23:02 | 真空管 | Comments(13)
2017年 12月 08日

Western Electric

今年の1月に EMT JPA66 の球を TELEFUNKEN ECC83 に挿し変えて満足している小生ですが、

先日 sankanchiさんからとんでもないブツが送られてきました。

Western Electric 420A !! 実物を拝んだのは初めてです。

WE 420A(5755) は ECC83 とピンレイアウトが異なるだけでアダプターかませれば互換球として使えるとの事。

sankanchiさんが「球転がし」と言う底なし沼に小生を突き落とそうとする魂胆はミエミエですが、

底なし沼を気持ちよく泳いでみたいという自虐的な誘惑に駆られ取り敢えずソケットに挿してみました。

実はこの球は新品で、先ずは100時間程エージングせよというお達し。
e0213363_22375506.jpg
e0213363_22380991.jpg
しっかり4日間通電した後、レコードに針を落とします。

正直な話、音は期待以上でした。
e0213363_22382622.jpg
TELEFUNKEN はドイツ車のような剛性の高いシャシーに硬めのサスで、段差をタタッと乗り越える快感。

WE は剛性の高いシャシーは同じですが、ジャガーのようなにしなやかな足といった佇まいなのです。

もうこれは力感とか解像度とか、とういう話をするのはナンセンスと思ってしまうほど、

軟弱とは全く違う物腰の柔らかさが幅や深みをさりげなく発露するところにWE の魅力を見せつけられました。




底なし沼を気持ちよく泳ぎながら思いました。

更にエージングが進んだらもっと・・・・・。

毒を食らわば皿まで。






[PR]

by gokurakutojigoku | 2017-12-08 00:01 | 真空管 | Comments(12)