信心過ぎて極楽通り越す

sinjitara.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 29 )


2019年 01月 13日

はたしてイタリアは美味いのか?


ご飯の事UPしないと南国のおじさんに怒られるので・・・・・。

過去2回の北イタリアでは美味しい食事を堪能しているから、

今回の南イタリアもある程度期待はしていた。



アルベロベッロで昼食。
e0213363_22411212.jpg
素材の味を楽しんで!とはいうものの・・・。

野菜は勿論ですがパスタの味も「素材」そのまんま過ぎてねぇー、
e0213363_22445156.jpg
e0213363_22451312.jpg
確かに素材は一流なんですが。
e0213363_22552431.jpg






サレルノ市内のレストランで夕食。

レモンのクリームソースと
e0213363_22485392.jpg
アサリのボンゴレ
e0213363_22483760.jpg
レモンは予想通り。

アサリは凄く塩辛い!

う~ん!?







アマルフィーの昼。

魚のグリルと魚介のパスタ。

グリルは文字通り焼いただけ。

ホッケや鯵の開きに遠く及ばない。

魚介のパスタはなかなか良かった。
e0213363_23220136.jpg






サレルノ郊外のレストランで夕食。
e0213363_23370516.jpg
e0213363_23074128.jpg
魚介のサラダ。

野趣たっぷりでアリだと思う。
e0213363_23080728.jpg
リゾットと魚介のパスタ。

リゾットは魚介の生臭さが少し気になる。

パスタは普通。
e0213363_23084937.jpg
e0213363_23200128.jpg
ミラノカツレツ

これはよかったが、まあ普通かな。
e0213363_23092487.jpg
素材は申し分ないのですが・・・。
e0213363_23492616.jpg







カプリ島の昼食。

モロに観光地のレストランだが予想に反して・・・。
e0213363_23372939.jpg
魚のフリット。

素直な味で美味しい。
e0213363_23392909.jpg
モッツァレラチーズのラビオリ。

美味しいねぇー!
e0213363_23394733.jpg
牛すじ肉のペンネ。

これも通好みでいいなぁ。
e0213363_23400008.jpg
ウニのパスタ。

味は良かったが北海道民としてはこのウニの品質は評価外。

このパスタも凄く塩辛い。

ガイドさんに感想を求めると「あら、普通よ」

へぇー!

総じてイタリア人はしょっぱ好き?
e0213363_23401832.jpg







ナポリ市内で夕食。

サラダにナポリピザにトマトのパスタ。
e0213363_23433131.jpg
可もなく不可もなく、と言ったら辛口かなー?

歴史のある老舗レストランなんだけどなー。





ナポリ市内の老舗カフェ、"GAMBRINUS"(ガンブリヌス)

エスプレッソ発祥の店として名高い。
e0213363_21281357.jpg
これは良し悪しを語る店ではありません。

ナポリのカフェの歴史を堪能する場所です。

優雅な気持ちになりました。

e0213363_21345103.jpg







最後の晩餐、大晦日のガラディナー。

高級=美味しいとは限らないのだ。

多くを語らず。
e0213363_21434085.jpg
e0213363_21435762.jpg
e0213363_21443516.jpg
e0213363_21451075.jpg




総括: 日本人の作る料理は凄い。しみじみ感じる。











[PR]

by gokurakutojigoku | 2019-01-13 21:56 | Comments(4)
2019年 01月 01日

明けましておめでとうございます。


e0213363_23562096.jpg


本年も行き当たりばったりのオーディオ、宜しくお願い致します。













[PR]

by gokurakutojigoku | 2019-01-01 00:01 | Comments(15)
2018年 09月 12日

震災

e0213363_22390614.jpg
e0213363_22413238.jpg
9月6日の北海道胆振東部地震から1週間が経ちました。

震源地から遠い地域でも前代未聞の道内全域停電によって2日から4日間すべての経済活動が停止しました。

停電中は情報収集もままならないため多くの道民は地震直後の報道や被害状況を把握できませんでした。

この地震と停電が真冬に起っていたら命を賭けたサバイバル状態になっていたのは必至です。



幸い自宅とオーデイオは全くの無傷ですが、2つの医院のうち1つは甚大な被害を受けました。

同じ札幌市内ですが地盤の状態でこれほどまでに違いが出るとは思ってもいませんでした。

医院のカルテ収納庫の状態です。

5日後に無事復帰しました。
e0213363_22371849.jpg
札幌市内の一部の墓地では多数の墓石が倒壊したとの報道を知って

別の地域にある我が家の墓を見に行きましたがほぼ無傷で安心しました。



閑話休題・・・・・。

この墓地には、有名な建築家の安藤忠雄氏設計の頭大仏殿(あたまだいぶつでん)なるものがあって

摩訶不思議な様相を呈しています。

e0213363_23020614.jpg

e0213363_23013650.jpg

e0213363_23010393.jpg

e0213363_23003326.jpg

e0213363_23000284.jpg

e0213363_22593267.jpg

e0213363_23095111.jpg
石とコンクリートで構成された大仏殿をどう理解するか?

少なくても、安藤忠雄氏の空間構成力には舌を巻きました。



地震後はたくさんのお電話やメールありがとうございました。








[PR]

by gokurakutojigoku | 2018-09-12 23:44 | Comments(16)
2018年 08月 31日

酒と飯の日々 2

去年に続いて、wooさんご夫妻が”北海道を食べに”きました。

第1ラウンドは、前回の昼食にラーメンと親子丼を食べて”動揺した”軍鶏焼き鳥の「直」です。

焼き鳥に始まり・・・・・、
e0213363_22143769.jpg
軍鶏出汁塩ラーメン。
e0213363_22145300.jpg
親子丼
e0213363_22150847.jpg
食べるwoo!
e0213363_22152666.jpg
食べるwoo!!
e0213363_22160668.jpg
おい!それ全部食べるなよー!!!
e0213363_22175315.jpg
私たち、オーデイオ仲間ですがオーデイオは”おまけ”です。
e0213363_22181188.jpg

翌日、第2ラウンド。

洞爺湖温泉の近くにあるイタリア料理店、「ピットーレ」

小生が以前からお気に入りのお店。
e0213363_22455262.jpg
ナポリピザに始まり・・・・・、

写真を撮るまで待っててねと言っているのに誰かさんの手が伸びます。
e0213363_22573113.jpg
ボンゴレ
e0213363_22461746.jpg
タリアテッレ
e0213363_22463915.jpg
写真を撮るまで待ちきれません!

「待て!」のポーズです。wooさんちの愛犬モンクのようです。
e0213363_22472935.jpg

ラザーニャ
e0213363_22465732.jpg

アフォガード
e0213363_22480270.jpg
ご満悦です。
e0213363_22474604.jpg
”おまけ”の洞爺湖観光です。
e0213363_22483073.jpg
e0213363_22493594.jpg
e0213363_22484805.jpg
食べてる時とテンションがまるで違います。

ファインダーを覗いて思いました。

wooさんから"食"をとったら”抜け殻”になるかもー、って。
e0213363_23191165.jpg
洞爺湖観光の後は喜茂別町の「チーズ工房タカラ」
e0213363_22500344.jpg
フランスでチーズの修行をした牧場オーナーが作るチーズが絶品です。
e0213363_22502772.jpg
ここでも牧場自家製のソフトクリームにかぶり付きます。

罪のない笑顔です。幸せの極致です。
e0213363_22505183.jpg
その夜、第3ラウンド。

日本料理「をとわ」

海水ウニから始まって・・・、
e0213363_23211431.jpg
松茸
e0213363_23213133.jpg
お造り
e0213363_23222912.jpg
燻煙したホッケと銀杏。
e0213363_23232017.jpg
その他色々食べて、

最後はとうもろこしご飯。

北海道民の小生も初めて食べました。
e0213363_23235382.jpg
純米爆雷辛口「山法師」初めて飲む超辛口。
e0213363_23225301.jpg
桃のデザート。
e0213363_23241544.jpg
「をとわ」を出た後は新たな飲食店の物色です。

ウインドウショッピングならぬ飲食店ショッピングです。

狸小路7~8丁目、南3条通り界隈にはヤバイ店が目白押しです。

wooさんの頭の中は既に次回の札幌の飽食です。

今度来るまでにヤバそうな店を探索するミッションを仰せつかりました。



あー、美味しかった!














[PR]

by gokurakutojigoku | 2018-08-31 21:06 | Comments(15)
2017年 05月 05日

千島桜

e0213363_23274744.jpg
北海道でもなかなかお目にかかれない桜です。

色が変化するとは知りませんでした。
e0213363_23280775.jpg
e0213363_23282891.jpg
今年のGWは気温が高すぎます。



 この桜は札幌の「寒地土木研究所」の敷地内にあります。普段は一般人の立ち入りは禁止です。この時期だけ一般開放しています。









[PR]

by gokurakutojigoku | 2017-05-05 23:50 | Comments(4)
2017年 01月 01日

恭賀新年

今年も宜しくお願いいたします。
e0213363_00253057.jpg
皆様のオーディオのご繁栄をお祈り申し上げます。

平成29年元旦   北の信者

[PR]

by gokurakutojigoku | 2017-01-01 01:00 | Comments(10)
2016年 09月 21日

共鳴回路

人は悩み事や悲しみがあると音楽を聴く気にならないものだ。

気晴らしに聴くという気にもならない。

小生に限らず皆そうであろう。

己の中の”共鳴回路”が作動しないのである。

スピーカーから出てくる音は物理的には聞こえるが音楽は逆相成分で打ち消されたように心には全く響かない。

音の質感、バランスなんて考えもしない。

この一ヶ月間殆どアンプに灯を入れることはなかった。





10日程前に甲状腺を半分切除した。

4年前から甲状腺腫瘍の経過観察をしてきたが増大傾向と強い違和感があるためここに来て決断した。

整形外科で手足の手術は受けた経験があるが「首を切られる」のはすこぶる気が重い。

術前の細胞診では良性or悪性の判断はつかない種類なので術後も気分は晴れない。

切除後の病理検査で「シロ」と出て、文字通りやっと胸のつかえが取れた。

晴れた気分で聴く Miles や Clark Terry は何時に無く冴え渡っている。

いや、己の共鳴回路が冴え渡っていると云うのが真相なのかもしれない。
e0213363_15561079.jpg
e0213363_15562071.jpg
悩んでいる時に聴いたクラシックは殆ど”葬送行進曲状態”だったが

今聴いているラフマニノフは優美なロマンティシズムを放っている。
e0213363_15563076.jpg



生活が立ち行かなくなった時、最愛の家族や友人を失った時、音楽を聴けるのか?

その答えをパウル ヒンデミット(ドイツの作曲家)が言っている。「受け入れる心になるまでは、音楽も意味のない騒音にすぎない。」

究極は、不治の病で希望が持てなくなった時、”その日”が来るまでに「受け入れる心」が一時的にせよ取り戻せるだろうか?



元気なうちに聴こう。元気なうちにオーディオ弄ろう。

それでいいと思う。

それしかない。













[PR]

by gokurakutojigoku | 2016-09-21 22:58 | Comments(19)
2016年 08月 17日

S/N

台風が近づいて久しぶりの雨。

この部屋、天窓が2か所あるので雨が降るとウルサイ。
e0213363_23583520.jpg
しかも豪雨。

しょうがないから大音量でハードバップを聴いて S/N を稼ぐ。
e0213363_23584940.jpg
かえって暑苦しくなりました。

ボサノバにしとけばよかった。


[PR]

by gokurakutojigoku | 2016-08-17 00:05 | Comments(10)
2016年 05月 03日

雪のち桜

先日の雪から・・・
e0213363_18150372.jpg
いきなり桜満開です。
e0213363_18152982.jpg
札幌にもなぜか伏見稲荷があります。

桜並木の近くなので行ってみました。
e0213363_18162440.jpg
鳥居の坂道を登りきると小さな神社が。
e0213363_18164487.jpg
Wikipediaによると、1884年(明治17年)初代野村茂翁官幣小社札幌神社(後に官幣大社、現・北海道神宮) 称宣が、

京都府京都市伏見区にある官幣大社稲荷神社(現・伏見稲荷大社)に札幌への分祀を願い出て、札幌区南5条東1丁目に分神を祀った。

その後、1898年(明治31年)琴似村十二軒へ遷座を経て、1907年(明治40年)に現在地に遷宮された。

とあります。

小生も知りませんでした。

[PR]

by gokurakutojigoku | 2016-05-03 18:34 | Comments(7)
2016年 01月 01日

迎春

本年も宜しくお願い申し上げます。
e0213363_15082543.jpg
今年はどのような展開になるのか・・・想像もつきません。

信心は大切に,そして「及ばざるが如し」にならぬように精進いたします。

[PR]

by gokurakutojigoku | 2016-01-01 01:00 | Comments(4)