人気ブログランキング |

信心過ぎて極楽通り越す

sinjitara.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 36 )


2020年 02月 09日

寒い一日

雪不足から一転、4日前から大雪。

平年並みの積雪量になりました。

やはり降るものが降らないと気持ち悪い。
寒い一日_e0213363_22174484.jpg
今朝の最低気温 旭川の近郊の江丹別(えたんべつ)ー36℃

札幌の最低気温 -14℃ 最高気温 ー7℃

先ほどの気温は写真の通り
寒い一日_e0213363_22180330.jpg


Paavo Järvi 指揮 NIELSEN Symphonies
寒い一日_e0213363_23025689.jpg

見通しのいい澄んだ録音だが寒々しさのないところがいい。

静けさあり、緊張感あり、転調を繰り返し走り抜ける感じが気に入っている。

北欧の作曲家の作品を極寒の日に暖かい部屋で聴くのは楽しい。




by gokurakutojigoku | 2020-02-09 23:42 | Comments(6)
2020年 01月 01日

恭賀新年

🐭は鯛で🐱を釣れるのか?

恭賀新年_e0213363_21311247.jpg
この写真に特別な意味はありません・・・・・が、

ネズミは ”オーディオ屋さん” 猫は ”信心深いマニア” 鯛は ”高音質という呪文”








今年もよろしくお願いします。






by gokurakutojigoku | 2020-01-01 00:15 | Comments(14)
2019年 11月 15日

雪やこんこ

今日から大荒れ。

明日以降はもっとヤバイ。
雪やこんこ_e0213363_23243660.jpg
オーディオの鬱から脱しつつある。

エールシステム大改造。
雪やこんこ_e0213363_23245268.jpg
雪やこんこ_e0213363_23250375.jpg
さて、どうなることやら・・・・・。










by gokurakutojigoku | 2019-11-15 23:29 | Comments(10)
2019年 06月 08日

ジャズと喫茶とオーデイオ

ジャズと喫茶とオーデイオ_e0213363_23500058.jpg

小生が若かりし頃のジャズ喫茶は「私語厳禁」は当たり前。

プレーヤーの前には「レコードは魂でかけるべし」なんて毛筆の貼紙があって、客はさしずめ寺の修行僧状態。

好みじゃないレコードも熱湯風呂の我慢大会の如く腕を組んで身じろぎもせずひたすらに耐えるしかなかった。

リクエストをするにしてもその店の流儀は絶対で、いつもコルトレーンやドルフィーがおどろおどろしく流れている所に

チェットベイカーなぞをリクエストしようものなら・・・・・。社会党の党大会で「君が代」を演奏するに等しい。

その一方で「俺もいつかあんな装置で・・・・・」と夢見る若者にとってはまさにおとぎの国。

小生もご多分に漏れずその中の一人であった。




本誌は、2010年からジャズ批評に掲載された「今日もレコードぐるぐる回るアナログオーデイオふらふら巡り・田中伊佐資が行く」をまとめたものである。

絶滅危惧種”と言われて久しいジャズ喫茶だが、ここに登場するお店たちは敷居の高い眉間に皴をよせた昭和のそれではなく

ネアカの平成音楽喫茶であることは、著者が本の題名を決めた理由にも述べられている。

ジャズと喫茶とオーデイオ_e0213363_23501513.jpg
掲載されたお店のスピーカーのほとんどが往年の JBL か ALTEC 。

店の親父が長年に渡り格闘した軌跡を”現場の物証”から田中伊佐資さんが軽妙に紐解いていくやり取りが実に面白い。

田中伊佐資さん曰く、「ジャズ喫茶の訪問記や回顧録はあるけれど、オーデイオに突っ込んだ読み物はないように思う。」

これこそが本誌の最大の魅力で、自分のオーディオを横目に見ながらまだまだ精進が足りないと気づかされる。


気になった点が一つ。

巻末のBASIE店主曰く、「ジャズばっかりでなくて、クラシックをかけるとアラが見えてくる。

クラシック用に別のオーディオシステムを作る人がいるけど、それは逃げなんだよね」

サントリーホールやウイーンのオペラ座でジャズ聴いても熱くならない。

白人体型に和服、日本人体型にシャネルのワンピースではサマにならないのだ。

まあ、感じ方も十人十色。だからオーディオは面白い。









by gokurakutojigoku | 2019-06-08 23:19 | Comments(10)
2019年 05月 12日

あの日のラジオ

あの日のラジオ_e0213363_23394249.jpg
届いた荷物の上で寛ぐことなんかないのに・・・。

荷をほどくと興味津々。

題して「あの日のラジオ」
あの日のラジオ_e0213363_23402170.jpg
wooさん曰く、「ウチの音楽堂にはニャンコが必須です」と。

さあ、どこに飾ろうかな。
あの日のラジオ_e0213363_23395734.jpg
包装はアッコさんが書いた毛筆の半紙。粋です。

トムちゃんが最大限の感謝のポーズです。
あの日のラジオ_e0213363_23393095.jpg
ありがたやありがたや。











by gokurakutojigoku | 2019-05-12 23:54 | Comments(4)
2019年 02月 12日

たまには料理

最近のマイブーム。

パスタ。

シンプルなトマトソースとオリーブのパスタ。
たまには料理_e0213363_20451246.jpg
まだまだ未熟で課題はあるが取り敢えずイケるかな・・・。



by gokurakutojigoku | 2019-02-12 20:49 | Comments(6)
2019年 02月 01日

慌ただしく遊ぶ

其の壱  食欲を満たす。
慌ただしく遊ぶ_e0213363_22565055.jpg
慌ただしく遊ぶ_e0213363_22571890.jpg
慌ただしく遊ぶ_e0213363_22574045.jpg
前回はランチ、今回は夜のコース。

「とうげ」という店名はなんと店主の苗字!峠さんとは珍しい。

相変わらずいい仕事しています。

リピートしたという事はそういうこと。
慌ただしく遊ぶ_e0213363_22583271.jpg
ほろ酔いの”誰か”
慌ただしく遊ぶ_e0213363_22581109.jpg
其の弐  音楽で遊ぶ。

Cello performance と Duet350 を追い出した Octave をしげしげと眺める”誰か”
慌ただしく遊ぶ_e0213363_22584460.jpg
其の参  雪と戯れる。
慌ただしく遊ぶ_e0213363_22592412.jpg
ニセコヒラフはオーストラリアの植民地になって久しいが、

アンヌプリも時間の問題だ。
慌ただしく遊ぶ_e0213363_22590384.jpg
体がボロボロだ。なまってる。









by gokurakutojigoku | 2019-02-01 23:24 | Comments(12)
2019年 01月 18日

よく冷えてます



札幌はいたって平和だが日本海側は猛吹雪。

久しぶりの大台越え。

これくらい良く冷えるとクルマは滑らない。
よく冷えてます_e0213363_23483521.jpg



Cool & Hot に Dave Brubeck Quartet 。
よく冷えてます_e0213363_23485643.jpg
ボサノバだけどアメリカン。

アメリカ風ボサノバか?

纏わりつくような湿度感はない。

ジャケットのグラフィックデザインも秀逸。








by gokurakutojigoku | 2019-01-18 00:07 | Comments(8)
2019年 01月 01日

明けましておめでとうございます。


明けましておめでとうございます。_e0213363_23562096.jpg


本年も行き当たりばったりのオーディオ、宜しくお願い致します。














by gokurakutojigoku | 2019-01-01 00:01 | Comments(15)
2018年 09月 12日

震災

震災_e0213363_22390614.jpg
震災_e0213363_22413238.jpg
9月6日の北海道胆振東部地震から1週間が経ちました。

震源地から遠い地域でも前代未聞の道内全域停電によって2日から4日間すべての経済活動が停止しました。

停電中は情報収集もままならないため多くの道民は地震直後の報道や被害状況を把握できませんでした。

この地震と停電が真冬に起っていたら命を賭けたサバイバル状態になっていたのは必至です。



幸い自宅とオーデイオは全くの無傷ですが、2つの医院のうち1つは甚大な被害を受けました。

同じ札幌市内ですが地盤の状態でこれほどまでに違いが出るとは思ってもいませんでした。

医院のカルテ収納庫の状態です。

5日後に無事復帰しました。
震災_e0213363_22371849.jpg
札幌市内の一部の墓地では多数の墓石が倒壊したとの報道を知って

別の地域にある我が家の墓を見に行きましたがほぼ無傷で安心しました。



閑話休題・・・・・。

この墓地には、有名な建築家の安藤忠雄氏設計の頭大仏殿(あたまだいぶつでん)なるものがあって

摩訶不思議な様相を呈しています。

震災_e0213363_23020614.jpg

震災_e0213363_23013650.jpg

震災_e0213363_23010393.jpg

震災_e0213363_23003326.jpg

震災_e0213363_23000284.jpg

震災_e0213363_22593267.jpg

震災_e0213363_23095111.jpg
石とコンクリートで構成された大仏殿をどう理解するか?

少なくても、安藤忠雄氏の空間構成力には舌を巻きました。



地震後はたくさんのお電話やメールありがとうございました。









by gokurakutojigoku | 2018-09-12 23:44 | Comments(16)