信心過ぎて極楽通り越す

sinjitara.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 26 )


2018年 07月 21日

Night in 南阿蘇

e0213363_22111179.jpg
一年ぶりの南阿蘇である。

きれいに整備されたお庭が美しい。

wooさんのアジトのSmokin'にて早速聴かせていただく。

スピーカーセッティングの苦労は大きく報われているよう。

昨年とは中高域の滑らかさがまるで違う。

エネルギーとエッジと響きが見事に同居している。
e0213363_22020915.jpg
数曲聴いたところでwooさんが「夕食まで時間があるから旅館の温泉に入っていらっしゃい。」と言う。

もっと聴きたいのに、なんで!? 気持ちを抑えて素直に従うが、頭の中は”❓❓❓”

                   ・
                   ・
                   ・
                   ・
                   ・
                   ・
                   ・

旅館までお迎えに来て頂いたwooさんの車から降りて Smokin' のドアを開けると・・・、

ピアノトリオの生演奏‼
e0213363_22355280.jpg
そして、wooさんの奥様が作った豪華な食事。
e0213363_22392102.jpg
もう、それはそれは夢のような光景で目頭が熱くなりました。

後で聞けば、小生を追い出してから短時間でどうやってセッティングしようかと考えていたとの事。

全く気付かなかった。






ピアノの園田智子さん。

ひたすらにスイングするカッコいいアドリブに小生は夢の世界。

ずぅーと聴いていたい衝動にかられました。
e0213363_22501583.jpg

ベースは赤松貴文さん。

ジャズはベースが”扇の要”。ランニングは良く走り、ソロは小生の感性と共鳴する。

音色のほんのりとした温かさが心に沁みる。
e0213363_22515693.jpg
e0213363_22565043.jpg

ドラムは鐘ヶ江貴裕さん。

凄く趣味のいいリズム。

禁欲的とも思える抑制がこのトリオの音を大人の世界にいざなう。

e0213363_22523904.jpg
e0213363_22570621.jpg
そして歌姫は、薛(せつ)江里子さん。

スレンダーな体型から想像し得ない豊かな声量がセクシーに、時には明るくメインストリームからボサノバまで自在に歌いこなす。
e0213363_23221179.jpg
e0213363_23223385.jpg
この夜、ご一緒いただいた方々。

熊本市内でうどん屋さんを営む野崎さんご夫婦。いくらでも飲めます!!

差し入れの馬肉のすじ肉煮込み抜群でした。
e0213363_23361272.jpg
イタリアンシェフの正野さんとエステ店を経営するの西村さん。

お二人共に明るく気遣いの方でした。よく飲みます!!
e0213363_23354573.jpg

今回のサプライズ攻撃の指揮官と参謀のwooさんご夫婦。

サプライズ過ぎて感謝の言葉が見つかりません。

奥様のお料理、本当に美味しかったです。奥様はよく食べ、よく飲みます!!
e0213363_00132955.jpg

一人忘れてました。集合写真の右端、ウチのカミさん。
e0213363_00134597.jpg
あっという間に時間は過ぎていきました。

小生を驚かせていただいた皆様に本当に感謝です。















[PR]

by gokurakutojigoku | 2018-07-21 22:30 | Comments(4)
2017年 05月 05日

千島桜

e0213363_23274744.jpg
北海道でもなかなかお目にかかれない桜です。

色が変化するとは知りませんでした。
e0213363_23280775.jpg
e0213363_23282891.jpg
今年のGWは気温が高すぎます。



 この桜は札幌の「寒地土木研究所」の敷地内にあります。普段は一般人の立ち入りは禁止です。この時期だけ一般開放しています。









[PR]

by gokurakutojigoku | 2017-05-05 23:50 | Comments(4)
2017年 01月 01日

恭賀新年

今年も宜しくお願いいたします。
e0213363_00253057.jpg
皆様のオーディオのご繁栄をお祈り申し上げます。

平成29年元旦   北の信者

[PR]

by gokurakutojigoku | 2017-01-01 01:00 | Comments(10)
2016年 09月 21日

共鳴回路

人は悩み事や悲しみがあると音楽を聴く気にならないものだ。

気晴らしに聴くという気にもならない。

小生に限らず皆そうであろう。

己の中の”共鳴回路”が作動しないのである。

スピーカーから出てくる音は物理的には聞こえるが音楽は逆相成分で打ち消されたように心には全く響かない。

音の質感、バランスなんて考えもしない。

この一ヶ月間殆どアンプに灯を入れることはなかった。





10日程前に甲状腺を半分切除した。

4年前から甲状腺腫瘍の経過観察をしてきたが増大傾向と強い違和感があるためここに来て決断した。

整形外科で手足の手術は受けた経験があるが「首を切られる」のはすこぶる気が重い。

術前の細胞診では良性or悪性の判断はつかない種類なので術後も気分は晴れない。

切除後の病理検査で「シロ」と出て、文字通りやっと胸のつかえが取れた。

晴れた気分で聴く Miles や Clark Terry は何時に無く冴え渡っている。

いや、己の共鳴回路が冴え渡っていると云うのが真相なのかもしれない。
e0213363_15561079.jpg
e0213363_15562071.jpg
悩んでいる時に聴いたクラシックは殆ど”葬送行進曲状態”だったが

今聴いているラフマニノフは優美なロマンティシズムを放っている。
e0213363_15563076.jpg



生活が立ち行かなくなった時、最愛の家族や友人を失った時、音楽を聴けるのか?

その答えをパウル ヒンデミット(ドイツの作曲家)が言っている。「受け入れる心になるまでは、音楽も意味のない騒音にすぎない。」

究極は、不治の病で希望が持てなくなった時、”その日”が来るまでに「受け入れる心」が一時的にせよ取り戻せるだろうか?



元気なうちに聴こう。元気なうちにオーディオ弄ろう。

それでいいと思う。

それしかない。













[PR]

by gokurakutojigoku | 2016-09-21 22:58 | Comments(19)
2016年 08月 17日

S/N

台風が近づいて久しぶりの雨。

この部屋、天窓が2か所あるので雨が降るとウルサイ。
e0213363_23583520.jpg
しかも豪雨。

しょうがないから大音量でハードバップを聴いて S/N を稼ぐ。
e0213363_23584940.jpg
かえって暑苦しくなりました。

ボサノバにしとけばよかった。


[PR]

by gokurakutojigoku | 2016-08-17 00:05 | Comments(10)
2016年 05月 03日

雪のち桜

先日の雪から・・・
e0213363_18150372.jpg
いきなり桜満開です。
e0213363_18152982.jpg
札幌にもなぜか伏見稲荷があります。

桜並木の近くなので行ってみました。
e0213363_18162440.jpg
鳥居の坂道を登りきると小さな神社が。
e0213363_18164487.jpg
Wikipediaによると、1884年(明治17年)初代野村茂翁官幣小社札幌神社(後に官幣大社、現・北海道神宮) 称宣が、

京都府京都市伏見区にある官幣大社稲荷神社(現・伏見稲荷大社)に札幌への分祀を願い出て、札幌区南5条東1丁目に分神を祀った。

その後、1898年(明治31年)琴似村十二軒へ遷座を経て、1907年(明治40年)に現在地に遷宮された。

とあります。

小生も知りませんでした。

[PR]

by gokurakutojigoku | 2016-05-03 18:34 | Comments(7)
2016年 01月 01日

迎春

本年も宜しくお願い申し上げます。
e0213363_15082543.jpg
今年はどのような展開になるのか・・・想像もつきません。

信心は大切に,そして「及ばざるが如し」にならぬように精進いたします。

[PR]

by gokurakutojigoku | 2016-01-01 01:00 | Comments(4)
2015年 10月 20日

福山雅治

小生の事を知る者にとって、この題名のブログは殆ど”天変地異”に等しいかもしれない。

当の本人にとっても”青天の霹靂”以外なにものでもありません。023.gif

限定発売のLPがHALさんから送られてきました。

とにかく凄いから聴け!と・・・

題して「魂リク」
e0213363_00455112.jpg
福山雅治のオールナイトニッポン「魂のリクエスト」の中で歌われた曲らしいです。

針を降ろして驚きました。

音じゃなくて、一曲目が「銭形平次」。しばし無言026.gif
e0213363_00454095.jpg
肝心の音です。

96kHz 24bit マスターは伊達じゃないというか、

静粛の背景から現れる歌声が息を飲むリアリティーで、

1930年製「Martin OM-45」アコースティックギターは誇張の無い滑らかなエッジが凄みを放ちます。

過去にも経験しましたがデジタル音源をアナログで再生すると、何か不思議な感覚を覚えます。

デジタルでもない、アナログでもない、違うフォーマットのような。

彼のプロフィールや声の音質を絶望的に知らない小生なので、002.gif

カミさんに聴かせたところ「これは凄いわー。そこで歌ってるみたい。声に違和感はないよ」という答えでした。

よかったです。取り敢えずエールシステムの音調は”マトモ”みたいです。



[PR]

by gokurakutojigoku | 2015-10-20 00:50 | Comments(9)
2015年 03月 10日

Df

年末にNikon Df を衝動買いしてしまいました。

量販店で手に取ってその操作性と何よりもシャッター音に惚れました。

芯のある柔らかな音で、ショックもミニマムです。
e0213363_23274594.jpg

最新のデジタル一眼らしからぬ古風なフォルムですが

ニコンが made in Japan の精密工作技術のプライドをかけて作り込んだようです。

最近のデジカメは液晶画面のメニューから各種設定を行いますが、

このカメラは通常の撮影に必要な設定は殆んど上部のダイヤルにて直観的に行えます。


e0213363_23275757.jpg
その各種ダイヤルが金属削り出しでメタルフェチにはたまらないものがあります。

ダイヤルの回転フィーリングも申し分ありません。
e0213363_23280897.jpg
勿論いいカメラを使ってもいい写真が撮れるわけではありません。(自戒の念を込めて)

精進ありきです。

オーディオと同じです。

[PR]

by gokurakutojigoku | 2015-03-10 23:41 | Comments(10)
2015年 01月 01日

頌春

明けましておめでとうございます。

本年も極楽を目指して日々精進する所存でございます。

宜しくお願い申し上げます。
e0213363_23031633.jpg


[PR]

by gokurakutojigoku | 2015-01-01 00:54 | Comments(8)