人気ブログランキング |

信心過ぎて極楽通り越す

sinjitara.exblog.jp
ブログトップ

2019年 08月 08日 ( 1 )


2019年 08月 08日

電源を強化する


今までは3台のクリーン電源 PS Audio の P-1000 を使っていたのだが、

3ヶ月前に2台を入れ替えた。
e0213363_14063950.jpg
P-1000 は出力周波数を60Hzに出来るところが大きなアドヴァンテージなのだが

ある時、周波数変換がされていないことが判明。

更に新しいシリーズが相当の音質アップを達成しているという噂を耳にしての入れ替えである。

因みに新シリーズは周波数変換機能は廃止されている。

P20 Power Plant をチャンデバとmid high に使っているパワーアンプPass XA100.8に。

本当は低域の Pass XA160.8 に使いたいが、消費電力が大きすぎてサーキットブレーカーが落ちてしまう。
e0213363_13585947.jpg

P15 Power Plant にはプリアンプやCD等全ての上流機器を繋いだ。
e0213363_13584505.jpg
解像感や透明度より全体の密度感が濃くなる。

中域が充実して音の重心も低くなる。
e0213363_14595873.jpg
上中央のメーターが出力パワー。

下の左が入力電圧の歪率。つまりコンセントのAC電源の歪率。1.8%ある。

下中央がパワープラントから出力される歪率。0.1%

下の右はその改善率。




電源の質とその伝送は重要である。

柱上トランスから数十メートル引き回しているのにたかだか数メートルの電源ケーブルの質で音が変わるのは不思議だが、

クリーン電源でアイソレーションされた”質”を良質のケーブルで伝送するのは理にかなっていると思う。









by gokurakutojigoku | 2019-08-08 00:10 | アンプ | Comments(8)