信心過ぎて極楽通り越す

sinjitara.exblog.jp
ブログトップ

2015年 06月 24日 ( 1 )


2015年 06月 24日

ホールの音

昨日、札幌コンサートホール Kitara でプラハ放送交響楽団を聴いてきました。

曲目は

①スメタナ モルダウ

②ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番

③ドボルザーク 交響曲8番

前半の2曲を聴いて何かしっくりこないものを感じていました。

最初は小生の体調の問題なのか、若しくはオケが不調なのかと思っていましたが、

後半が始まって確信に変わりました。
                 
                                                    KitaraのHPより拝借
e0213363_01585302.jpg
e0213363_01581110.jpg
明らかにホールの音のヌケが悪いのです。

全体にこもった感じで、弦は分離せずに塗りつぶしたようです。

透明感がないので輪郭や表情がクリアーになりません。

ピアノも精彩感に欠けます。

折角の東欧の美しい弦を堪能できず残念でした。

実はこのホールは舞台装置と照明の改装のために2月16日から6月16日まで4か月休館していたのです。

改装が裏目に出たのでしょうか。

それともしばらく使っていなかった影響でホールのエージングが後戻りしてしまったのでしょうか。

後者であることを願わずにはいられません。











[PR]

by gokurakutojigoku | 2015-06-24 02:08 | クラシック | Comments(6)