人気ブログランキング | 話題のタグを見る

信心過ぎて極楽通り越す

sinjitara.exblog.jp
ブログトップ
2022年 11月 02日

母川回帰





「ぼせんかいき」と読む。文字通り川で生まれた魚が海に下り、一定期間を経て同じ河川系に戻る習性を言う。

自然状態では90%以上の高確率で母川に帰るので河川ごとに遺伝的隔離が生じ、各河川に特有の形質が保存される。

昔の市場関係者は鮭の顔を見て出生河川を当てた、という話を聞いたことがある。



千歳空港近くの「サケのふるさと千歳水族館」
母川回帰_e0213363_22045079.jpg

水族館の裏手にある川におびただしい数の鮭が遡上している。

写真左上の赤と青のインディアン水車で捕獲された鮭はトラックで近くのサケマス孵化場に運ばれる。

この時期に訪れたのは2回目であるが初めて見る光景に圧倒されてしまった。
母川回帰_e0213363_22064106.jpg
母川回帰_e0213363_22054825.jpg
母川回帰_e0213363_22053531.jpg
母川回帰_e0213363_22070238.jpg
ここ数年不漁続きだったのでこの状況を久しぶりに見たと売店の方は話していた。

実際、今年のイクラの市場価格は安くなっている。

この現象が毎年続いてほしいと願うばかりです。










by gokurakutojigoku | 2022-11-02 00:05 | その他 | Comments(4)
Commented by sankanchi at 2022-11-05 09:53
もう70年近く前、天然アユが遡上してくるのを、岩場で見たことがありました。
我が祖父も手網を持って掬っていました。
そうした自然環境が蘇るといいですがね。
Commented by gokurakutojigoku at 2022-11-05 12:42
sankanchiさん、本当にその通りですね。しかしながら人類の乱獲によって自然状態での復活は望めないようです。
鮭の回帰は孵化放流事業をしている方々の努力の賜物です。鰊の復活も放流事業のおかげです。
秋刀魚は孵化放流は出来ないので風前の灯火です。

Commented by woo at 2022-11-10 21:31 x
ありがたい♪
Commented by gokurakutojigoku at 2022-11-10 23:17
wooさん、鮭は北海道の基本です。
これからも感謝していただきます。
名前
URL
削除用パスワード


<< 嫁ぎ先      飽食の窯巡り >>