信心過ぎて極楽通り越す

sinjitara.exblog.jp
ブログトップ
2018年 07月 21日

Night in 南阿蘇

e0213363_22111179.jpg
一年ぶりの南阿蘇である。

きれいに整備されたお庭が美しい。

wooさんのアジトのSmokin'にて早速聴かせていただく。

スピーカーセッティングの苦労は大きく報われているよう。

昨年とは中高域の滑らかさがまるで違う。

エネルギーとエッジと響きが見事に同居している。
e0213363_22020915.jpg
数曲聴いたところでwooさんが「夕食まで時間があるから旅館の温泉に入っていらっしゃい。」と言う。

もっと聴きたいのに、なんで!? 気持ちを抑えて素直に従うが、頭の中は”❓❓❓”

                   ・
                   ・
                   ・
                   ・
                   ・
                   ・
                   ・

旅館までお迎えに来て頂いたwooさんの車から降りて Smokin' のドアを開けると・・・、

ピアノトリオの生演奏‼
e0213363_22355280.jpg
そして、wooさんの奥様が作った豪華な食事。
e0213363_22392102.jpg
もう、それはそれは夢のような光景で目頭が熱くなりました。

後で聞けば、小生を追い出してから短時間でどうやってセッティングしようかと考えていたとの事。

全く気付かなかった。






ピアノの園田智子さん。

ひたすらにスイングするカッコいいアドリブに小生は夢の世界。

ずぅーと聴いていたい衝動にかられました。
e0213363_22501583.jpg

ベースは赤松貴文さん。

ジャズはベースが”扇の要”。ランニングは良く走り、ソロは小生の感性と共鳴する。

音色のほんのりとした温かさが心に沁みる。
e0213363_22515693.jpg
e0213363_22565043.jpg

ドラムは鐘ヶ江貴裕さん。

凄く趣味のいいリズム。

禁欲的とも思える抑制がこのトリオの音を大人の世界にいざなう。

e0213363_22523904.jpg
e0213363_22570621.jpg
そして歌姫は、薛(せつ)江里子さん。

スレンダーな体型から想像し得ない豊かな声量がセクシーに、時には明るくメインストリームからボサノバまで自在に歌いこなす。
e0213363_23221179.jpg
e0213363_23223385.jpg
この夜、ご一緒いただいた方々。

熊本市内でうどん屋さんを営む野崎さんご夫婦。いくらでも飲めます!!

差し入れの馬肉のすじ肉煮込み抜群でした。
e0213363_23361272.jpg
イタリアンシェフの正野さんとエステ店を経営するの西村さん。

お二人共に明るく気遣いの方でした。よく飲みます!!
e0213363_23354573.jpg

今回のサプライズ攻撃の指揮官と参謀のwooさんご夫婦。

サプライズ過ぎて感謝の言葉が見つかりません。

奥様のお料理、本当に美味しかったです。奥様はよく食べ、よく飲みます!!
e0213363_00132955.jpg

一人忘れてました。集合写真の右端、ウチのカミさん。
e0213363_00134597.jpg
あっという間に時間は過ぎていきました。

小生を驚かせていただいた皆様に本当に感謝です。















[PR]

by gokurakutojigoku | 2018-07-21 22:30 | 訪問記 | Comments(8)
Commented by woo at 2018-07-21 22:47 x
こんな少人数(観客数)のライブは初めてですが
案外良かったですね♪

まあ、我が家の駄音をお聴かせするのは最小限にして
粗が出ぬうちに生音でもと企画して見ました^^

サプライズでやりたかったのでまるで舞台の早変わり
みたいな慌ただしさでしたが、それもまた面白かった😄

着替える時間もなくそのまま料理姿で参加した奥方が
ギャァ〜〜〜〜〜!と申しております(笑)

しかし、やはりスマホの写真とは違いますねぇ👍
Commented by gokurakutojigoku at 2018-07-21 23:12
感動なんていう言葉はあまり使わないですが、今回は素直に感動しました。
演奏は勿論ですが参加した皆様とのお話も楽しかったです。
何よりもこの企画はwooさんと奥様にしか出来ない荒業です。
本当にありがとうございました。
”駄音”-----いやいや、納得の音でした。本当はもっと沢山聴きたかったのにー。
また来年聴かせてください。
Commented by sankanchi at 2018-07-22 09:00
ライブを楽しみながら、ディナーですか、素晴らしい。
欧州の王侯貴族の嗜みですね!
Commented by gokurakutojigoku at 2018-07-22 12:36
sankanchiさん、時々こんな感じのライブがあれば楽しいなぁー、なんて思いました。
「欧州の王侯貴族」という感想はこの部屋の設えが影響しているかもです。部屋の隅々まで抜かりがないので被写体の背景がモノを言っています。
Commented by リベロ at 2018-07-23 05:16 x
大変なおもてなしだね〜

wooさんのアジトとライブハウスの造りが似てると思いました。
Commented by gokurakutojigoku at 2018-07-23 12:54
wooさんは建築当時から仲間を呼んでライブをしようと考えていたのかもしれません。
リスニングルーム=ライブハウスです。
Commented by woo at 2018-07-23 19:53 x
リベロさんご無沙汰です^^ 新アジトの完成を興味深く拝見してます♪

Smokin'は当初からオーディオ部屋という発想は無く、仲間が集まって
騒げるスペースかつ居心地のイイ大き目の居間と言うコンセプト^^

ライブも可能な愛煙家にも嬉しいジャズ喫茶を目指しました(笑)
依って、音響的材質とかタテヨコ高さの黄金率とかは全く無視です^^;;

音の良い部屋では無く音が気持ち良く聴ける部屋を造りたかったので♪
Commented by リベロ at 2018-07-23 23:56 x
wooさん、そうでしたか。。
素晴らしいコンセプトだと思います。
わたしも、今回の部屋はオーディオ部屋にするつもりはなく、
音響は考慮しつつも最優先はしていません。
じっくり仕上げていきます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 暑中お見舞い申し上げます      Super Black Box >>