信心過ぎて極楽通りこす

sinjitara.exblog.jp
ブログトップ
2017年 12月 20日

Western Electric Ⅱ

WE420Aをお借りして1か月。お別れの時を迎えました。

ワインが開くがの如く更にエージングが進んでまろやかな味わいになりました。

何も足さない、何も引かない、突出したところも不足も無い、見事なバランス。

久しぶりに TELEFUNKEN を挿してみると外連味を感じるくらい活発な音に聴こえました。
e0213363_22414241.jpg
これはもう優劣をつけるような次元ではなく、好みや気分の問題です。

最初は TELEFUNKEN の方が闊達でジャズ向きかなと思いましたが、

音が開くにつれ WE の懐の深い音が麻薬的に感じました。

このような機会を与えてくださったsankanchiさんには心からお礼申し上げます。

おかげ様で球に対する概念が変わりました。

”球転がしなんてしない”と思っていましたが・・・・・。

気持ちよく底なし沼を泳いでいましたが最近浮力が失われつつあります。

「い、息が出来なくなってきた。」(笑えない)














[PR]

by gokurakutojigoku | 2017-12-20 23:02 | アンプ | Comments(13)
Commented by woo at 2017-12-21 00:47 x
こわい怖い(笑)
Commented by gokurakutojigoku at 2017-12-21 01:26
wooさん、底なし沼の怖いところは底が見えないこと・・・・・。
冷静に考えると、電源ケーブルに比べれば・・・。
あぁ。そう考えるところが沈んでいく原因か。

wooさんのJPA66の球も換えてみません?
ほ、本当に笑っちゃうくらい凄いんだから−!!
Commented by woo at 2017-12-21 08:51 x
いや、間違いなく変わるんだと思いますが、結局何を
やっても変わる(悪くなることもあるので結果次第)
って処が問題で、一つ間違うと底なし沼(笑)

ただ、ケーブルと違って球の入れ替えは機械音痴には
ややハードルが高いのと、稀に問題を起こすケースも
ありそうな処がチョット怖いか^^;;
Commented by sankanchi at 2017-12-21 10:19
おはようございます。
「優劣をつけるような次元ではなく、好みや気分の問題」、ということでしょうか。
「い、息が出来なくなってきた。」(笑えない)・・・、小生には静観するしかないかも。
長年の球転がしからすると、「運命の球」に邂逅できるかどうかは精進次第?
(下手な鉄砲も数打ちゃ当たる。)というところですが、次第に的の近くをウロウロするように
なるようです。
とまれ、オープンキャンパス第二弾は無事(成功裏)に終了となりましょうか。

Commented by gokurakutojigoku at 2017-12-21 11:33
sankanchiさん、今回も大変お世話になりました。
当然とはいえ、巷で最高位の評価の球でもそれぞれ個性があって聴きごたえがありますね。
『「運命の球」に邂逅できるかどうかは精進次第?下手な鉄砲も数打ちゃ当たる。』・・・・・球転がしへの悪魔のお言葉と受け止めました(笑)
溺死しない程度に精進してみようと思います。
Commented by ヒデ at 2017-12-21 13:59 x
球転がし・・・器材転がしに比べれば・・・ですが・・・

球数が多すぎて…どの球が運命の球か見当も付かない処が面白いんじゃ??

それ程バカ高い球はありませんので・・・嵌って・・・嵌って・・・もがいて下さい!!
我々の業界では死に物狂いで頑張って練習する事を『もがく』と言います。
現役時代は何十万回ももがいてますが・・・引退後はもがいてませんので・・・趣味のオーディオでもがいてみますかね?!?!

オクターブプリ用のライン管、先日の『のだや展示会』でオクターブのサービスマンから仕入れた情報を基に探したら・・・テレフンケンは無かったのですが、シーメンスが有ったので…ポチリました。

首がキリンさん状態・・・届くのが待ち遠しいわ――――!!

です!!
Commented by gokurakutojigoku at 2017-12-21 15:16
ヒデさん、「嵌って・・・嵌って・・・もがいて下さい!!」・・・・・小生は「溺れて・・・溺れて・・・溺死-----どざえもん!」(爆)
シーメンスですかぁー。一回聴いてみたいですねー。-----というところから泥沼が始まるんですね。
届いたら感想UPしてください。
Commented by ヒデ at 2017-12-21 19:58 x
信者さん

多分明日届くと思いますので・・・早速聴き込みます!!

リポートもですね。
Commented by gokurakutojigoku at 2017-12-21 22:20
ヒデさん、楽しみにしています。
Commented by south at 2017-12-23 22:40 x
球転がし、楽しそうですね。
好みや気分の差とはいえ、その音楽の微細なニュアンスを楽しむ、オーディオ趣味の醍醐味の様な気がします。

ちょっと話は逸れるのですが、信者様はこれまで「これでもう上がり!」となったことってありますか?
先日CAVIN主催の北海道オーディオショーに参加して、ルーメンホワイトやアヴァロンの空間にキラキラと舞う美音に心躍らせたり、逆にマジコのソリッドな音作りには余り心動かされず。
いずれにせよ拙宅とは次元の違う音だったな、と意気消沈して帰宅して音出ししたら「これはこれででありだな!」となってしまったり(笑)
信者様の深いご見識と経験なら、この道のゴールを切った(と感じた)こともあるのかな、と。

すみません、長文になってしまいました。
窒息しそうになっても、そこを耐えればもっと深く潜れるようになりますよ(笑)
Commented by gokurakutojigoku at 2017-12-23 23:58
southさん、球転がし・・・・・楽しいです(爆) 微細なニュアンスといったものではなく変化量はけっこう大きいです。
「これでもう上がり」とは少し違うのですが「これくらいでいいや」と思うことはよくあります。
ですがーーー、この部分あの部分を何とかしたいと思い始めたらずっとそのことを考えていますね。
先日、ブロムシュテットをキタラで聴いた後は暫く悩みました。生と再生音楽を比べること自体アホなんですけど。
いい音って結局十人十色ですよね。自分が楽しめればいいんですが、もっと楽しくなる音があるんじゃないかと・・・・・
気がつけば底なし沼なんだわー。
Commented by darda95_215 at 2018-01-08 01:34
同じ球をカウンターポイントSA3000で使っています、似た感想ですがレベルには雲泥の差がありそうです(笑)
Commented by gokurakutojigoku at 2018-01-08 12:07
だーださん、ご無沙汰です。球の魅力は単純じゃないですね。特に銘球と評されるものはどれも捨てがたいです。前回聴かせて頂いた球もWEでしたか?とすれば納得です。だーださんいつも謙遜されるけどハワイカイの時の音は正直聴き惚れました。「このおっさんすげー色っぽいやんけー」って。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 西経9度30分      パイナップル >>