人気ブログランキング |

信心過ぎて極楽通り越す

sinjitara.exblog.jp
ブログトップ
2014年 10月 28日

DUET 350

長い入院生活を経て DUET 350 が帰宅した。
e0213363_22134185.jpg
パンク及び怪しいコンデンサーをすべて取り換えた。

当然、基本的音色はそのままだが以前よりも透明感とキレが増した。
e0213363_22135669.jpg
一か月も鳴らせば粘りやコクが加わってもう少し滑らかになるかもしれない。

ただしこのキレの良さが無くならなければいいが。



by gokurakutojigoku | 2014-10-28 22:19 | アンプ | Comments(6)
Commented by woo at 2014-10-28 23:22 x
まあしかし、よくもあれこれ僕の気になる機器を
お持ちになってますねぇ…もう脱帽の連続💦
Commented by gokurakutojigoku at 2014-10-28 23:42
えっ、WOOさんこのアンプお好きですか?
このアンプいいですよ。力強さとなまめかしさが同居していて、小生としてはマルチじゃなかったらこれ一本で決まりです。
ただし年代的にコンデンサーが逝かれる時期で、今回の入院が長引いたのも同じコンデンサーがアメリカから取り寄せだったからです。
Commented by ナゾ男 at 2014-10-28 23:46 x
信者どの、やはり育って来た音のバックグランドが同じですね。Duet350はいいですよね。いつも困ったときの頼みの綱です。
Commented by gokurakutojigoku at 2014-10-29 00:21
会長、本当はウーファーもDUET350をブリッジ使いでモノラル使用したいくらいです。
レビンソンとコランジェロの傑作です。
Commented by vinvan at 2014-10-29 10:00 x
この状態で聴きたかったな!
Commented by gokurakutojigoku at 2014-10-29 12:05
vinvan先生、本当はこのアンプでいきたかったです。見通しがいいのに厚みのある中域は別格です。
No.23.5も力強さや表現力があって他を圧倒します。拙宅ではツイーターに使っていますがシンバルに厚みが出るのが◎です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< フォルテシモ & ピアニシモ      晩秋 >>