人気ブログランキング |

信心過ぎて極楽通り越す

sinjitara.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 23日

追い込み 5

音の粒子感を検証するためにデジタルとアナログの比較をしてみた。

音源は驚異的音質で知られる Reference Recordings からリリースされる

“Rachmaninoff symphonic dances/ vocalize” 大植英次指揮ミネソタオーケストラ。
e0213363_22324552.jpg

CDプレーヤー、DAC は8年以上愛用している P-03 D-03 。
e0213363_22331441.jpg

対するアナログは、Ortofon SPU meister silver GE MkⅡ + SME3012R gold+
Thorens Reference ➔ EMT JPA66 の組み合わせ。
e0213363_22355178.jpg

アナログは全体にほんのりとした柔らかさがありCDに感じた粒子感が半減する。

“弦はそよいだ”とは言い難いがもう一歩の手ごたえは感じる。

演奏の場の空気感はアナログの方が自然だ。


これは少々考察が必要である。

先にデジタルとアナログの比較と書いたが実は P-03, D-03 と拙宅のアナログシステムの比較である。

決してフォーマットの比較ではない。

粒子感と感じた音の正体は D-03 の几帳面とも言えるシャープネスであり、物理特性の優劣ではなく

DACの音作りの嗜好の差なのかもしれない。

実際、8年前に Esoteric の持ち味である明快で引き締まった音が魅力で導入を決意した記憶がある。

拙宅の場合はこれがマイナスに働いている可能性大である。

昨年8月に不幸にも?貸し出しを受けた Vivaldi の音を聴いて粒子感的感覚の有無を認識したので

半分以上はCDプレーヤーが影響しているかもしれない。

アナログでも残る粒子感は粒子ではなくチャンデバとスピーカー周りの

追い込みが足りないが故の「中高域のキツさ」なのだろう。

         ・
         ・
         ・

まだまだ精進が足りない・・・です。

いっそのことどこかから飛び降りたくなった。

by gokurakutojigoku | 2014-07-23 22:57 | デジタル | Comments(2)
Commented by woo at 2014-07-24 00:58 x
あれ、続きが在ったんですね^^;;

確かP0もお持ちじゃなかったですか?
そちらだとどうだろ? DAC次第だけど
Commented by gokurakutojigoku at 2014-07-24 01:10
P0は以前手放してしまいました。
これはDACの音色の問題なのかなと・・・、いえ、殆んど確信しています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 身分不相応      追い込み 4 >>