信心過ぎて極楽通り越す

sinjitara.exblog.jp
ブログトップ
2019年 01月 13日

はたしてイタリアは美味いのか?


ご飯の事UPしないと南国のおじさんに怒られるので・・・・・。

過去2回の北イタリアでは美味しい食事を堪能しているから、

今回の南イタリアもある程度期待はしていた。



アルベロベッロで昼食。
e0213363_22411212.jpg
素材の味を楽しんで!とはいうものの・・・。

野菜は勿論ですがパスタの味も「素材」そのまんま過ぎてねぇー、
e0213363_22445156.jpg
e0213363_22451312.jpg
確かに素材は一流なんですが。
e0213363_22552431.jpg






サレルノ市内のレストランで夕食。

レモンのクリームソースと
e0213363_22485392.jpg
アサリのボンゴレ
e0213363_22483760.jpg
レモンは予想通り。

アサリは凄く塩辛い!

う~ん!?







アマルフィーの昼。

魚のグリルと魚介のパスタ。

グリルは文字通り焼いただけ。

ホッケや鯵の開きに遠く及ばない。

魚介のパスタはなかなか良かった。
e0213363_23220136.jpg






サレルノ郊外のレストランで夕食。
e0213363_23370516.jpg
e0213363_23074128.jpg
魚介のサラダ。

野趣たっぷりでアリだと思う。
e0213363_23080728.jpg
リゾットと魚介のパスタ。

リゾットは魚介の生臭さが少し気になる。

パスタは普通。
e0213363_23084937.jpg
e0213363_23200128.jpg
ミラノカツレツ

これはよかったが、まあ普通かな。
e0213363_23092487.jpg
素材は申し分ないのですが・・・。
e0213363_23492616.jpg







カプリ島の昼食。

モロに観光地のレストランだが予想に反して・・・。
e0213363_23372939.jpg
魚のフリット。

素直な味で美味しい。
e0213363_23392909.jpg
モッツァレラチーズのラビオリ。

美味しいねぇー!
e0213363_23394733.jpg
牛すじ肉のペンネ。

これも通好みでいいなぁ。
e0213363_23400008.jpg
ウニのパスタ。

味は良かったが北海道民としてはこのウニの品質は評価外。

このパスタも凄く塩辛い。

ガイドさんに感想を求めると「あら、普通よ」

へぇー!

総じてイタリア人はしょっぱ好き?
e0213363_23401832.jpg







ナポリ市内で夕食。

サラダにナポリピザにトマトのパスタ。
e0213363_23433131.jpg
可もなく不可もなく、と言ったら辛口かなー?

歴史のある老舗レストランなんだけどなー。





ナポリ市内の老舗カフェ、"GAMBRINUS"(ガンブリヌス)

エスプレッソ発祥の店として名高い。
e0213363_21281357.jpg
これは良し悪しを語る店ではありません。

ナポリのカフェの歴史を堪能する場所です。

優雅な気持ちになりました。

e0213363_21345103.jpg







最後の晩餐、大晦日のガラディナー。

高級=美味しいとは限らないのだ。

多くを語らず。
e0213363_21434085.jpg
e0213363_21435762.jpg
e0213363_21443516.jpg
e0213363_21451075.jpg




総括: 日本人の作る料理は凄い。しみじみ感じる。











[PR]

# by gokurakutojigoku | 2019-01-13 21:56 | Comments(4)
2019年 01月 04日

とんがり帽子

長年の念願叶って訪問したアルベロベッロ。

期待を裏切らない町だった。

ガイドさん曰く、「こんな晴天久しぶり!」
e0213363_22383762.jpg
白壁に円錐形の石積み屋根を載せた家屋は”トゥルッリ”と呼ばれ、16~17世紀に造られたもの。

屋根は漆喰で固定されずに積み上げてある。

当時は屋根がついた家屋が課税対象だったため、徴税人が来る前に容易に取り壊して税を免れていたのだそう。

日本も屋根が無ければ固定資産税は掛らないはず。
e0213363_22391525.jpg

e0213363_22424762.jpg

e0213363_22394382.jpg

e0213363_22412371.jpg
脱税の手段が後に世界遺産とは面白い。
















[PR]

# by gokurakutojigoku | 2019-01-04 12:28 | 旅行 | Comments(4)
2019年 01月 01日

明けましておめでとうございます。


e0213363_23562096.jpg


本年も行き当たりばったりのオーディオ、宜しくお願い致します。













[PR]

# by gokurakutojigoku | 2019-01-01 00:01 | Comments(15)
2018年 12月 24日

とうげ

市中にあるが「峠」である。

カウンターのみである。
e0213363_22565074.jpg

基本は古風に、時々アバンギャルドに。

緊張感を強いない温かさがいい。

トリュフオイルを加えた茶碗蒸し。
e0213363_22544964.jpg
タチのリゾット。
e0213363_22560037.jpg
シャリはウエットな滑らかさ。
e0213363_22551688.jpg
e0213363_22554103.jpg
e0213363_23261118.jpg
e0213363_22562945.jpg
若手の板前さんである。

老練な板前の寿司は勿論いいが、若さゆえの前向きなエネルギーを感じる味も楽しい。

一瞬、奇をてらったように見せかけて実は王道の寿司なんだと納得した。

美味しかったです。



















[PR]

# by gokurakutojigoku | 2018-12-24 00:07 | グルメ | Comments(6)
2018年 12月 20日

なんだこりゃ!

千葉のO先生から送られてきた「椎茸」

右側の小さく見える椎茸はやや大型の”普通”のもの。

サイズも化け物だが味も化け物。
e0213363_15170050.jpg
徳島県で栽培され、各地の料理屋に卸されるという。

もう二度とお目にかかれないかも・・・。













[PR]

# by gokurakutojigoku | 2018-12-20 00:03 | グルメ | Comments(2)
2018年 12月 19日

ヒューズも転がす

sankanchiさんが、「ついでにこれも転がしてみない?」と仰るのでコロコロしました。

スーパークライオリファレンス 4A 。但し、ファストブロー。

Ayre KX=R の指定はスローブロー1.5A~2Aなので容量上げて対処。
e0213363_00314461.jpg
オーケストラの音が整然と並んだ。

別の言い方だと、あく抜きをした・・・・・”えぐみ”が消えた。

硬い、柔らかい、とはちょっと違う。

クラシックはこっちの方が合ってるかな。
e0213363_00311606.jpg
sankanchiさん曰く、少しおとなし目で低域の質感がいい。フルテックのほうが切れ込みがいい。

きっと同じことを言っているのかもしれない。



















[PR]

# by gokurakutojigoku | 2018-12-19 00:52 | アンプ | Comments(4)
2018年 12月 02日

試しに転がす Ⅱ

TESLA EL34

TESLAの末期と思われるNOS球。

パワーアンプをOCTAVEに決める前に別の最有力候補のために先走って確保しちゃたもの。

試しにMRE220に挿してみる。
e0213363_23274875.jpg
最初はブヨブヨだった音は1週間もするとフォーカスが合ってくる。

やや温かみがあってヴォーカルは潤いが感じられる。

ピアノや金管楽器の切れ味はTang Sol KT120のほうが一枚上手。

お互い無い物ねだりになってしまうのだが、何となく奥まったステージはジャズのインストには合わないかな。

まあ、好みの問題か。他の人に聴かせたら半分は EL34 がいいと言うかもしれない。
e0213363_23281965.jpg












[PR]

# by gokurakutojigoku | 2018-12-02 00:01 | 真空管 | Comments(8)
2018年 11月 27日

ECC82

先日、群馬の山間地からガラス弾(たま)が届いた。

sankanchiさん曰く、「まあいいから聴いてみなさい」と・・・・・。

OCTAVE MRE220 と RE320 の前段は共に ECC82(12AU7) 。

デフォルトは Tang Sol と JJ 。
e0213363_22560752.jpg


届いた球は BRIMAR 13D4 2本 と RCA 5963 2本 、共に互換球で、

BRIMAR 13D4 はおそらく'50年代。

RCA 5963 は白文字で '40年代~ '50年代のもの。

RCA 5963 は μ(増幅率)が高めなので残留ノイズ的には不利かなと思ったがパワーアンプなので問題なさそう。

例によって2週間程通電してから真面目に検証してみました。
e0213363_22562262.jpg

ウーファーを受け持つMRE220に挿しても全く変化を聴きとれない。

何回挿し換えてもわからない。

次に中高域を受け持つ RE320 に挿してみる。

解像感は変わらないがエッジのバリのようなものが取れてしっとりとした佇まいになる。

ワインが空気に触れてカドが取れてくるみたいにとてもいい感じだ。

ピアノやギターのような弦楽器には特に効く。

差し替える前は「エッジのバリ」なんて認識すらしなかったのに元に戻すと意識してしまうのが困ったところ。
e0213363_12054211.jpg
群馬の御大のありがたい実弾射撃に翻弄される信者です(汗)










[PR]

# by gokurakutojigoku | 2018-11-27 22:24 | 真空管 | Comments(15)
2018年 11月 20日

鰻の久田

チーズ好きの小生がいつもお世話になっている「チーズ王国」の久田会長が

札幌で鰻屋を始めた!との噂を聞いて行ってきました。

札幌では珍しい関西風の「蒸さないで焼く」流儀です。

注文を受けてからさばきます。

鰻の価格がはね上がっている昨今、コスト的に見合うのかと心配になるくらい大きな鰻です。

「こういう世の中だからこそ品質に拘っていきたい」と仰っていました。
e0213363_15443822.jpg
職人さんは10代から鰻一筋にやってこられたベテラン。

捌きも焼きも鮮やかです。
e0213363_15445133.jpg
e0213363_15450868.jpg

凄いボリュームとコクのあるたれ。

聞くところによるとたれを作ってまだ2週間しか経っていません。そう思わせない位のレベルの高い味に驚きました。

1年程すると味が慣れてきて旨味が増強されるそうです。

たれとお店を育てていきたい。そんな気持ちに駆られました。
e0213363_15452712.jpg


久田寿男会長。
e0213363_15455033.jpg
大変明るく気さくな人柄で職人さんの仕事中は常にサカンドとしてサポートしておられました。

70歳を超えて更に新しい分野に挑戦するバイタリティーに思わずこうべを垂れました。












[PR]

# by gokurakutojigoku | 2018-11-20 16:33 | グルメ | Comments(6)
2018年 11月 14日

ヒューズ

以前から KX-R Twenty のヒューズにフルテックの”ハイエンドパフォーマンスヒューズ”を換装していたが、

先日それが自然にブローしてしまった。

取り敢えずデフォルトのヒューズで凌いでいたが暫く聴いていると何かが違うことに気付く。

慣れてしまえばそれはそれで許容範囲なのだが・・・・・・。
e0213363_15162357.jpg

左下のガラスヒューズがデフォルト。

左上の切れた青いヒューズがフルテック。

中が見えないのでテスターを当てないとわからない。
e0213363_15164623.jpg
こんなに短い”電線”でも音は変わる訳で、そりゃ電源ケーブルは変わるよねーと改めて妙に納得。

「汚れに気付かずかけていたメガネを拭き上げた後」に見える景色のようです。





[PR]

# by gokurakutojigoku | 2018-11-14 15:41 | アンプ | Comments(8)