信心過ぎて極楽通り越す

sinjitara.exblog.jp
ブログトップ
2019年 03月 24日

人肌の音触

群馬のsankanchiさんは大のクラシックファンである。

同時に大の「音」マニアでもある。

ここまでは普通のオーディオファンと変わりはない。

氏の最大の持ち味は徹底したピューリタンであること。

e0213363_22371437.jpg
選び抜いた食材を最高の調味料、適切な火加減で仕上げ、素材の旨味を際立たせる。

粋な器に盛り付けられた目にも楽しい料理を舌触りの良い箸で口に運ぶ。

そんな一連の動作にも似た所作が氏の音世界を形作っている。
e0213363_22463154.jpg
奥様は裏千家の師範。

奥ゆかしい甘さの後に引き締まった渋みが漂う「人肌の一杯」でもてなして頂いた。




今回お聴かせ頂いたレコード。
e0213363_22283798.jpg
すべて完全オリジナル盤1stプレス。セカンドプレスは許されない。

録音当時のマスターテープの音質が劣化する間もなくプレスされた産地直送のフレッシュサウンドだけが

氏のレコードラックの居住を許されるのだ。

当時の演奏家の吐息すら聴き漏らすまいとする執念が氏を完オリ名盤蒐集に駆り立てる。

料理する以前に素材の鮮度に徹底的に拘るのだ。




そして完オリ1stプレスに刻まれたフレッシュサウンドをありのままに空間に解き放つために

氏が選択した包丁は NORDOST Odin2。
e0213363_22451229.jpg
e0213363_22445129.jpg
フォノイコに使うEMT JPA66からプリアンプAyre KX-R、そして自作Western Electric 300B パワーアンプ

最後はオリジナルTANNOY AUTOGRAH に至るまで徹頭徹尾 Odin2 である。

氏の奏でる音は決して熱くはない。かと言って冷たくもない。「人肌」なのだ。

以前、小生はOdin2を「圧倒的な情報量故に広大な空間再現をもたらす」と評したが、

氏の音はそれを笑い飛ばすかのように自然で外連味のない「人肌の音触」だった。
e0213363_22440469.jpg
e0213363_22434677.jpg
ピアノの音色もバイオリンの弦の震えもすべてが自然で奏者の位置関係はもちろん、

奏者のいない空間の空気感まで認識できたのには驚いた。

これ見よがしに解像感を誇張せずに、デュフューズされたライトで撮影されたポートレートのように

ナチュラルな像が浮かび上がる。

グライコもない、チャンデバもない、DACもない、必要にして十分な機器をピュア伝送するお手本のようなシステム。

e0213363_22442294.jpg
e0213363_22453043.jpg




伊藤肇 著 ”人間学” にこんな一節があるのを思い出した。

 昔、ある男が俳句を習おうと師匠のもとへやってきた。
「お前さん、俳句をやりたいかい。よろしい。それなら、いま『海鼠』(なまこ)という題で一句ものにしてごらん」
  まな板に下女とり落とす海鼠かな
「うん、できたね。しかし、この句は余計なものがごたごたとつきすぎている。余計なものを全部棄ててきなさい」
 彼はまた長考思案して、
  まな板に 取り落としたる海鼠かな
と直してさしだした。ところが、
「まだまだダメじゃ。もっと棄てなさい。俳諧に無駄は禁物じゃ」と没となった。
師匠は同じことをいっている。さあ、わからない。とうとう夜中(よじゅう)考えた挙句、
  取り落とし 取り落としたる海鼠かな
とやったら、「ああ、これでよろしい」と弟子入りが許された。
「まな板」も「下女」もすっかり棄てきった時に「海鼠」の姿が突如として現れたのだ。



楽しいひと時を与えて頂きありがとうございました。











# by gokurakutojigoku | 2019-03-24 23:17 | Comments(0)
2019年 03月 06日

巨大蟹

最近、食べログと化したこのブログ。

ふるさと納税で送られてきた1kgの蟹。

大きさに偽りはなかった。

横に置いた500円玉が小さくみえる。

e0213363_22593275.jpg

小生が過去に食べた最大は700g。

二人で食べて腹いっぱい!

味はややハズレ。

まあ、こういうものは”当たりはずれ”がつきものなんだけどね。




# by gokurakutojigoku | 2019-03-06 23:01 | グルメ | Comments(12)
2019年 02月 12日

たまには料理

最近のマイブーム。

パスタ。

シンプルなトマトソースとオリーブのパスタ。
e0213363_20451246.jpg
まだまだ未熟で課題はあるが取り敢えずイケるかな・・・。



# by gokurakutojigoku | 2019-02-12 20:49 | Comments(6)
2019年 02月 05日

目指すは「めんめ」

wooさんが来ました。

目的は「めんめ」という店。

それだけである。
e0213363_16395132.jpg

お刺身の盛り合わせが出て来ました。

「写真を撮るから待ちなさい」と言ってるのに静止ができません。
e0213363_16400996.jpg

めんめとホッケ。堪能しました。
e0213363_16402213.jpg

いつものように ”ついでに” 音&音楽鑑賞。
e0213363_16404310.jpg
鬼のように寒い道東に「流氷の海で泳いでくる」と言い残して去っていきました。

幸運を祈る!!!








# by gokurakutojigoku | 2019-02-05 23:30 | グルメ | Comments(10)
2019年 02月 01日

慌ただしく遊ぶ

其の壱  食欲を満たす。
e0213363_22565055.jpg
e0213363_22571890.jpg
e0213363_22574045.jpg
前回はランチ、今回は夜のコース。

「とうげ」という店名はなんと店主の苗字!峠さんとは珍しい。

相変わらずいい仕事しています。

リピートしたという事はそういうこと。
e0213363_22583271.jpg
ほろ酔いの”誰か”
e0213363_22581109.jpg
其の弐  音楽で遊ぶ。

Cello performance と Duet350 を追い出した Octave をしげしげと眺める”誰か”
e0213363_22584460.jpg
其の参  雪と戯れる。
e0213363_22592412.jpg
ニセコヒラフはオーストラリアの植民地になって久しいが、

アンヌプリも時間の問題だ。
e0213363_22590384.jpg
体がボロボロだ。なまってる。









# by gokurakutojigoku | 2019-02-01 23:24 | Comments(12)
2019年 01月 18日

よく冷えてます



札幌はいたって平和だが日本海側は猛吹雪。

久しぶりの大台越え。

これくらい良く冷えるとクルマは滑らない。
e0213363_23483521.jpg



Cool & Hot に Dave Brubeck Quartet 。
e0213363_23485643.jpg
ボサノバだけどアメリカン。

アメリカ風ボサノバか?

纏わりつくような湿度感はない。

ジャケットのグラフィックデザインも秀逸。








# by gokurakutojigoku | 2019-01-18 00:07 | Comments(8)
2019年 01月 13日

はたしてイタリアは美味いのか?


ご飯の事UPしないと南国のおじさんに怒られるので・・・・・。

過去2回の北イタリアでは美味しい食事を堪能しているから、

今回の南イタリアもある程度期待はしていた。



アルベロベッロで昼食。
e0213363_22411212.jpg
素材の味を楽しんで!とはいうものの・・・。

野菜は勿論ですがパスタの味も「素材」そのまんま過ぎてねぇー、
e0213363_22445156.jpg
e0213363_22451312.jpg
確かに素材は一流なんですが。
e0213363_22552431.jpg






サレルノ市内のレストランで夕食。

レモンのクリームソースと
e0213363_22485392.jpg
アサリのボンゴレ
e0213363_22483760.jpg
レモンは予想通り。

アサリは凄く塩辛い!

う~ん!?







アマルフィーの昼。

魚のグリルと魚介のパスタ。

グリルは文字通り焼いただけ。

ホッケや鯵の開きに遠く及ばない。

魚介のパスタはなかなか良かった。
e0213363_23220136.jpg






サレルノ郊外のレストランで夕食。
e0213363_23370516.jpg
e0213363_23074128.jpg
魚介のサラダ。

野趣たっぷりでアリだと思う。
e0213363_23080728.jpg
リゾットと魚介のパスタ。

リゾットは魚介の生臭さが少し気になる。

パスタは普通。
e0213363_23084937.jpg
e0213363_23200128.jpg
ミラノカツレツ

これはよかったが、まあ普通かな。
e0213363_23092487.jpg
素材は申し分ないのですが・・・。
e0213363_23492616.jpg







カプリ島の昼食。

モロに観光地のレストランだが予想に反して・・・。
e0213363_23372939.jpg
魚のフリット。

素直な味で美味しい。
e0213363_23392909.jpg
モッツァレラチーズのラビオリ。

美味しいねぇー!
e0213363_23394733.jpg
牛すじ肉のペンネ。

これも通好みでいいなぁ。
e0213363_23400008.jpg
ウニのパスタ。

味は良かったが北海道民としてはこのウニの品質は評価外。

このパスタも凄く塩辛い。

ガイドさんに感想を求めると「あら、普通よ」

へぇー!

総じてイタリア人はしょっぱ好き?
e0213363_23401832.jpg







ナポリ市内で夕食。

サラダにナポリピザにトマトのパスタ。
e0213363_23433131.jpg
可もなく不可もなく、と言ったら辛口かなー?

歴史のある老舗レストランなんだけどなー。





ナポリ市内の老舗カフェ、"GAMBRINUS"(ガンブリヌス)

エスプレッソ発祥の店として名高い。
e0213363_21281357.jpg
これは良し悪しを語る店ではありません。

ナポリのカフェの歴史を堪能する場所です。

優雅な気持ちになりました。

e0213363_21345103.jpg







最後の晩餐、大晦日のガラディナー。

高級=美味しいとは限らないのだ。

多くを語らず。
e0213363_21434085.jpg
e0213363_21435762.jpg
e0213363_21443516.jpg
e0213363_21451075.jpg




総括: 日本人の作る料理は凄い。しみじみ感じる。












# by gokurakutojigoku | 2019-01-13 21:56 | Comments(4)
2019年 01月 04日

とんがり帽子

長年の念願叶って訪問したアルベロベッロ。

期待を裏切らない町だった。

ガイドさん曰く、「こんな晴天久しぶり!」
e0213363_22383762.jpg
白壁に円錐形の石積み屋根を載せた家屋は”トゥルッリ”と呼ばれ、16~17世紀に造られたもの。

屋根は漆喰で固定されずに積み上げてある。

当時は屋根がついた家屋が課税対象だったため、徴税人が来る前に容易に取り壊して税を免れていたのだそう。

日本も屋根が無ければ固定資産税は掛らないはず。
e0213363_22391525.jpg

e0213363_22424762.jpg

e0213363_22394382.jpg

e0213363_22412371.jpg
脱税の手段が後に世界遺産とは面白い。

















# by gokurakutojigoku | 2019-01-04 12:28 | 旅行 | Comments(4)
2019年 01月 01日

明けましておめでとうございます。


e0213363_23562096.jpg


本年も行き当たりばったりのオーディオ、宜しくお願い致します。














# by gokurakutojigoku | 2019-01-01 00:01 | Comments(15)
2018年 12月 24日

とうげ

市中にあるが「峠」である。

カウンターのみである。
e0213363_22565074.jpg

基本は古風に、時々アバンギャルドに。

緊張感を強いない温かさがいい。

トリュフオイルを加えた茶碗蒸し。
e0213363_22544964.jpg
タチのリゾット。
e0213363_22560037.jpg
シャリはウエットな滑らかさ。
e0213363_22551688.jpg
e0213363_22554103.jpg
e0213363_23261118.jpg
e0213363_22562945.jpg
若手の板前さんである。

老練な板前の寿司は勿論いいが、若さゆえの前向きなエネルギーを感じる味も楽しい。

一瞬、奇をてらったように見せかけて実は王道の寿司なんだと納得した。

美味しかったです。




















# by gokurakutojigoku | 2018-12-24 00:07 | グルメ | Comments(6)