信心過ぎて極楽通りこす

sinjitara.exblog.jp
ブログトップ
2016年 12月 23日

50年ぶり

今朝の自宅の庭です。

朝6時に起きて除雪しました。
e0213363_22074138.jpg
積雪95cm !!

この時期としては50年ぶりなんだそうです。

昨晩ニセコ入りするはずだったリベロくんは飛行機飛ばなくて都内でヤケ食いだったみたいです。

ツイてないどころかツイてると思う。

千歳空港は滑走路閉鎖、国道は渋滞&通行止め、スキー場はリフト停止。

”運悪く”来れたら何もすること無いかも。



除雪の体力つけるために食べました。
e0213363_22075752.jpg
鰻の「うな明」・・・以前からお気に入りです。


実は軽いギックリ腰になりました。

栄養つけてもこれだけは治りません。



[PR]

# by gokurakutojigoku | 2016-12-23 22:32 | グルメ | Comments(8)
2016年 12月 20日

鮨が好き

こんな雑誌を見せられると食べたくなる。
e0213363_23535027.jpg
いつもの場所へ。

”すし屋の根がみ”です。
e0213363_23543444.jpg
口に運んだ瞬間に、「ああ、美味い」と思わせます。

「今日のネタはちょっと・・・・・」なんて一回もありません。

シャリの硬さや味にバラツキなんか感じたこともありません。

ネタとシャリの高度なバランスに舌を巻きます。
e0213363_23550639.jpg
e0213363_23552564.jpg
店主は昨年の道産米品評会の審査委員を務めた鋭い舌の持ち主ですが、

温和な笑顔で自然体で握る様は客に無用な緊張を与えません。
e0213363_23590682.jpg
冬は魚の美味しい季節ですが、

12月中旬にこの雪景色は狂ってます。
e0213363_00375707.jpg

[PR]

# by gokurakutojigoku | 2016-12-20 01:19 | グルメ | Comments(8)
2016年 12月 12日

早すぎる銀世界

10日の未明から降り始めた雪は1日で50cmオーバー!

おとといの朝。

この時点で40cm以上か!?
e0213363_23304166.jpg
今日の夜。

すでに60cm超えかな。

例年の1月から2月の景色。
e0213363_23310829.jpg
だからと言ってパニくる訳でもなく、いつもより早すぎる冬の到来にイラッとしているだけ。

例によってS/Nの高いこんな日はクラシックを聴きます。
e0213363_23332353.jpg
本当に静かな夜長です。

[PR]

# by gokurakutojigoku | 2016-12-12 00:01 | クラシック | Comments(11)
2016年 12月 07日

XVR1のケーブル 2

先日からエールシステムのチャンデバ XVR1 の電源ケーブルを新しい D-sub ケーブルに入れ替えました。

上下のレンジ感は広がり中域のフォーカスもしっかりした佇まいになりました。
e0213363_16292217.jpg

一寸都合があって先に中高域の左右のチャンデバのケーブルを入れ替えて(中高域は左右それぞれmono使い)

1週間後に低域のケーブルを入れ替えました。

中高域だけだと上下のバランスが若干崩れて、低域がややボケた感じに。

ケーブルを取り換える前は思わなかったのに、何とも面白いものです。
e0213363_16293428.jpg
4way の中で mid high のみ XA100.8 で他は XAのポイント5 です。

解像感や静粛さに潤いが加わりその差は「.3」どころではない大きなものを感じます。

[PR]

# by gokurakutojigoku | 2016-12-07 22:06 | ケーブル | Comments(0)
2016年 11月 23日

Earl Klugh

2005年録音のアコースティックギターのソロアルバムです。
e0213363_23334843.jpg
この人、最初期を除いて一貫してアコースティックギターを弾き続けているはずで、

しかもピックを使わず爪だけで弾くという完全オーガニック指向。

鉛筆だけで描ききるデッサンを想像させる演奏ですが、常識的なモノトーンを超えた色彩を感じます。

少ない色使いで個々の色の彩度が上がるような、書画に捺された落款を思い起こす演奏です。
e0213363_23333288.jpg
録音は優秀で、セミアコにはないナイロン弦独特の優雅な音色はオーディオ的快感も満足させてくれます。







[PR]

# by gokurakutojigoku | 2016-11-23 01:06 | ジャズ | Comments(6)
2016年 11月 21日

XVR1のケーブル

先日ナゾ男さんから情報提供を頂いて手に入れたケーブルです。

XVR1の電源部とフィルターアンプ部を繋ぐもので、良質の線材を使えば音にも反映されるだろうと想像していました。

端子はコンピュータに使われるD-subという規格で、もちろんオーディオ用のハイグレードなものは存在しません。

良質な多芯構造のSPケーブルにD-subコネクターを取り付けるのが最も高音質と思われますが、適当なSPケーブルが見当たりませんでした。

今回手に入れたケーブルは信号線自体は特殊なものではありませんがシールドがしっかりしているのがミソです。

上がオリジナルのモールド加工端子。下が新しい端子です。
e0213363_00174284.jpg
フィルターアンプの背面はコネクターが少しだけ落とし込まれています。

一方、新しい端子は端子ケースの周囲が出っ張っていてこのままだとコネクターが嵌合しないので加工が必要です。

e0213363_00180185.jpg

ナゾ男さんのアドバイスを参考にコネクターケースを改造しました。

左右両端は出っ張りを完全に落とし、上下のホールドは0.3mm位残しました。
e0213363_00191248.jpg
下が改造前、上が改造後です。
e0213363_00185391.jpg
手始めにJBLシステムのXVR1に繋いでいます。

通電直後は音が硬いので暫くは静観しますが感触は良さそうです。

エールシステム用も手配したので近日中に両方の感想をレポートします。



※このケーブルの入手について

MISUMI-VONA 生産材コマースというサイトから、
高EMI対策・高密度Dsub選択可能タイプ

フードネジ ♯4−40ロングネジ
CH1 オス  
CH2 メス
芯数 25
シールド磁性箔+編組2重/各対アルミ箔
ケーブルタイプ A
指定長(m) 任意です。

注意:このサイトは個人事業主を含む法人専用となっているようです。






[PR]

# by gokurakutojigoku | 2016-11-21 00:18 | ケーブル | Comments(6)
2016年 11月 06日

オーディオボード 2

トランスポートやプリアンプの下に設置して効果のあった KRYNA Palette-Cu を EMT JPA66 に使ってみました。

拙宅では JPA66 をフォノイコライザーとして使っています。

JPA66 は現行の管球プリアンプですが、筐体の造りが昔風で天板を叩けば鳴きを伴うものですから

ボードやインシュレーターはかなり効果が期待できると思っていました。
e0213363_18592694.jpg
音を出すとその変貌ぶりに驚きました。

音の沈み込みはこのボードを最初に使った時と同じ印象ですが、http://sinjitara.exblog.jp/24051087/

今回は中低域の骨格がしっかりして、しかも音の鮮度が大幅に上がります。

高域もシャープというよりは質量を感じさせるもので、8Ωと16Ωのツイーターの違いと言えば分かりやすいかもしれません。
e0213363_23191134.jpg
e0213363_23182284.jpg
Bill Evans のピアノはタッチが今までよりしっかりします。

Herbie Mann は音色が滑らかになったような感覚です。

インシュレータやボードは主たる食材ではありませんが、料理のスパイスのように味の決め手になる可能性大です。






[PR]

# by gokurakutojigoku | 2016-11-06 00:02 | アクセサリー | Comments(8)
2016年 11月 02日

抗えない

またこのパターンか!? と云われること必至ですが・・・・・・・・・・・。

究極の電線を”迎え入れた満足感” と ”迎え入れてしまった衝撃”が複雑に絡み合い動悸を誘発します。

とうとう末期の電線病になったようです。
e0213363_00160191.jpg
実は以前の Odin2 試聴後、不覚にも!再度借り受けたときに「抗えない大きな何か」を感じていました。

例によってNordost のVIDARマシーンで150時間のバーンイン後、音楽信号を流しました。 

http://sinjitara.exblog.jp/22621653/

挿した位置はプリとチャンデバの間です。
e0213363_00161343.jpg
VIDARマシーンでは完全なバーンインは不可能です。

”醗酵”が終了して”熟成”の域に達するまで更に音楽信号を流して数カ月はかかるようです。

システムに挿して数日は、音はやや硬くヌケもさほど良くありません。音が”若い”のです。

2週間経ってようやくそれらしさが出てきましたが色彩感はもっと出る筈です。

日に日に音が開いていくのが分かります。

まるでワインの解説です。

チャンデバのレベルを動かそうかという衝動にかられますが暫くは我慢です。


[PR]

# by gokurakutojigoku | 2016-11-02 00:27 | ケーブル | Comments(20)
2016年 10月 21日

秋の渓谷

紅葉前線が札幌の山間部まで南下してきました。

札幌郊外の八剣山(はっけんざん)は完全に染まっています。
e0213363_21372791.jpg

18日火曜日に定山渓温泉から10kmほど上流にある豊平峡ダムを目指しました。

駐車場から電気バスが運行されていますが運動不足解消のため敢えて徒歩で向かいますがその工程の殆どがトンネルです。

この日の気温は15℃。トンネルの中は水が凍ってました。

体が冷えないようにハイペースで歩きました。

電気バスはすし詰め状態です。
e0213363_21375393.jpg
一本目の長いトンネルと二本目の短いトンネルの間は美しいビューポイントになっています。
e0213363_21471740.jpg
e0213363_21384775.jpg
二本目を抜けるとすぐにダムが目に飛び込んできます。

豊平峡ダム全景です。

無風快晴、気温は低いですがダム周辺は日差しが強く寒く感じませんでした。
e0213363_21381162.jpg
e0213363_21382899.jpg
e0213363_21465451.jpg
紅葉を満喫した後は麓にある豊平峡温泉で湯につかってからインドカレーを食べる予定でしたが・・・・・、

今まで見たことのない混雑で断念しました。






その2日後の昨日から雪になりました。

今朝の市内です。
e0213363_22460079.jpg
16年ぶりに早い記録だそうです。

幾らなんでも早すぎます。



[PR]

# by gokurakutojigoku | 2016-10-21 22:53 | 旅行 | Comments(8)
2016年 10月 09日

癒しの音

北海道に未曾有の被害をもたらした台風10号が襲来した8月30日の夜、

罰当たりの小生はぬくぬくと温泉につかっていました。

と言うか、予約した当日に台風が上陸したということなんです。

夕方の定山渓は小雨模様。

この清流は次の日、濁流と化していました。
e0213363_22484838.jpg
自宅から30分余りの距離ですが自然豊かな渓谷の温泉街です。

選んだ宿は定山渓の「ぬくもりの宿 ふる川」
e0213363_22572578.jpg

夕食は大変美味しかったのですが、次第に激しくなる雨足にビビってしまってイマイチ癒されません。
e0213363_22491235.jpg
お肉を焼いた肉の「ジュー」と、豪雨の「ゴォー」の不協和音が不気味です。
e0213363_22493110.jpg

この宿は、詩人 相田みつを氏 の書が多数展示されています。
e0213363_22512004.jpg
e0213363_23175416.jpg
小生の眼の色も音にも深みがないなー。



e0213363_23181708.jpg
あぁ、全身骨折だらけ。


e0213363_22522098.jpg
受身が身についてないから立ち直れないんだな。


e0213363_22525625.jpg
自分のことを言われているようで思わず赤面。


e0213363_23171895.jpg
この人正直だなぁ。有れば高い”電線”買えるし・・・♨♨♨


e0213363_22515307.jpg
「どうして人を殺しちゃいけないの?」と聞く輩に読ませたい。



最近はどこの宿にもあるラウンジです。
e0213363_22495883.jpg
ご多分に漏れず高級オーディオが置かれています。決してオブジェではありません。

ジャズピアノトリオとクラシックのソロピアノが小音量で流れていました。
e0213363_22502765.jpg
e0213363_22505924.jpg
このラウンジ、天井が高いせいもあってかなりライブな音響なのですが、この位の音量だと実に心地いい佇まいで、

TANNOY GRF memory は甘くもなく鋭くもなく適度な透明感を持って音楽を聴かせてくれました。

極楽を通り越さない、頑張りすぎない匙加減。久々に極楽の音楽と音に癒されました。

その一方でアンプを変えたら、ケーブルを変えたら・・・と、無粋な思いを巡らせる自分もどこかに居て

トマトのままにしておけない自分に少し悲しい気持ちになりました。



[PR]

# by gokurakutojigoku | 2016-10-09 18:58 | 旅行 | Comments(10)
2016年 09月 21日

共鳴回路

人は悩み事や悲しみがあると音楽を聴く気にならないものだ。

気晴らしに聴くという気にもならない。

小生に限らず皆そうであろう。

己の中の”共鳴回路”が作動しないのである。

スピーカーから出てくる音は物理的には聞こえるが音楽は逆相成分で打ち消されたように心には全く響かない。

音の質感、バランスなんて考えもしない。

この一ヶ月間殆どアンプに灯を入れることはなかった。





10日程前に甲状腺を半分切除した。

4年前から甲状腺腫瘍の経過観察をしてきたが増大傾向と強い違和感があるためここに来て決断した。

整形外科で手足の手術は受けた経験があるが「首を切られる」のはすこぶる気が重い。

術前の細胞診では良性or悪性の判断はつかない種類なので術後も気分は晴れない。

切除後の病理検査で「シロ」と出て、文字通りやっと胸のつかえが取れた。

晴れた気分で聴く Miles や Clark Terry は何時に無く冴え渡っている。

いや、己の共鳴回路が冴え渡っていると云うのが真相なのかもしれない。
e0213363_15561079.jpg
e0213363_15562071.jpg
悩んでいる時に聴いたクラシックは殆ど”葬送行進曲状態”だったが

今聴いているラフマニノフは優美なロマンティシズムを放っている。
e0213363_15563076.jpg



生活が立ち行かなくなった時、最愛の家族や友人を失った時、音楽を聴けるのか?

その答えをパウル ヒンデミット(ドイツの作曲家)が言っている。「受け入れる心になるまでは、音楽も意味のない騒音にすぎない。」

究極は、不治の病で希望が持てなくなった時、”その日”が来るまでに「受け入れる心」が一時的にせよ取り戻せるだろうか?



元気なうちに聴こう。元気なうちにオーディオ弄ろう。

それでいいと思う。

それしかない。













[PR]

# by gokurakutojigoku | 2016-09-21 22:58 | Comments(19)
2016年 08月 24日

蕎麦三昧

旨いという噂を聞いて行ってみた札幌市内のお蕎麦屋さん「けん豆」。

以前紹介した真狩村の「いし豆」とは縁もゆかりもありませんが、名前と方向性は良く似ています。
e0213363_22511809.jpg
e0213363_22513845.jpg
これ以上は限界かと思われる粗挽きの蕎麦粉を使っているようで、

非常に濃厚な蕎麦の風味を堪能できます。

あくまでも「主役は蕎麦」で、つゆはややあっさりとした感じで脇役に徹しています。



次は以前から通っている「古楽」(こらく)。

札幌市南区の山間の住宅地にあるお蕎麦屋さんです。
e0213363_22561597.jpg
e0213363_22563649.jpg
ここの蕎麦は拍子抜けする位につゆがあっさりしていて最初に口にした時は驚きました。

ところが食べ進むうちに何とも言えない幸福感と言うかオーガニック感というか

うまく表現できないのですが、もっと食べたい欲求が出てきて

天ぷら蕎麦を食べてから更にせいろを注文するみたいなことを時々やってしまう・・・、そんなお蕎麦屋さんなのです。
e0213363_22565947.jpg
e0213363_22572988.jpg
先日の血液検査の結果が大変よろしくないので、この日は夫婦で一人前づつにしましたが・・・・・、
e0213363_23165968.jpg
おいしいものには逆らえません。










[PR]

# by gokurakutojigoku | 2016-08-24 23:20 | グルメ | Comments(6)
2016年 08月 17日

S/N

台風が近づいて久しぶりの雨。

この部屋、天窓が2か所あるので雨が降るとウルサイ。
e0213363_23583520.jpg
しかも豪雨。

しょうがないから大音量でハードバップを聴いて S/N を稼ぐ。
e0213363_23584940.jpg
かえって暑苦しくなりました。

ボサノバにしとけばよかった。


[PR]

# by gokurakutojigoku | 2016-08-17 00:05 | Comments(10)
2016年 08月 07日

コーナーヨーク

以前紹介したハーツフィールド使いのT中さん。

紆余曲折の末辿り着いたのはタンノイ コーナーヨーク。
e0213363_23001532.jpg
モニターレッドを包み込む箱は実に美しいミントコンディションです。

これ以上の個体は二度とお目にかかれないであろう一期一会の世界です。

このスピーカーをドライブするアンプは従来通りマランツ7&8。

「デッドストックを見つけた」と言われたら疑いを持たないくらいの完品です。
e0213363_22593950.jpg
e0213363_23003388.jpg

オリジナルや良質のセカンドスタンパーのジャズをこよなく愛するが故に

アナログプレーヤーにも鉄心石腸をもって信念を貫きます。

以前からお使いのトーレンス TD-124は今も新品同様の美しさです。
e0213363_22592463.jpg
そして今回初めて拝ませて頂いたフランス製プエールクレマンのプレーヤーとモノカートリッジ。
e0213363_22590543.jpg
その音像は程よく引き締まっており、良き時代のジャズをある種の緊張感を持って鳴らしてくれました。

ある意味SPUと対極の音ですがモノラル録音がこれ程輝いて聴けるとは大きな驚きでした。

e0213363_22595915.jpg
大変程度のいいアナログレコードを厳選して収集していますが、その内容はジャズファンなら何時も聴きたいと思うものばかりです。


e0213363_23010109.jpg

富良野の農村地帯は早くも収穫の季節になってきました。

ふらのマルシェでは野菜はもちろん、メロンやスイカが大量に売られていました。

雄大な自然と美味しい農産物、そして都会ではありえないクリーンな電源環境に舌鼓を打ってしまいました。

T中さん、せっかくの休日に時間を空けていただきありがとうございました。



[PR]

# by gokurakutojigoku | 2016-08-07 00:14 | 訪問記 | Comments(6)
2016年 07月 22日

XVR 1 のバリエーション

JBL システムに使っている XVR1
e0213363_23535223.jpg
写真左上の基盤番号の拡大

「PL42R1 REV1 COPYRIGHT 2002」

ICは白×3、フィルムコンデンサーは赤茶の丸みを帯びたもの。
e0213363_23541580.jpg

エールシステムに使っている XVR-1

「COPYRIGHT 2003-4 PL42 R2」

ICは黄色×2と白×1、フィルムコンデンサーは上と同じ。
e0213363_23543959.jpg

オーディオショップにある XVR-1

「COPYRIGHT 2003-4 PL42 R2」(基盤番号は拙宅のエールシステムと同じ)

ICは黒×3、フィルムコンデンサーは四角い赤。
e0213363_23545499.jpg
番号違いのもの、同じ番号で部品違いのもの、製造年によってバリエーションがあるみたいです。

音が同じなら気になりませんが、実はゲインと音色が違うみたいです。

通常のステレオ使いなら問題なしですが、筐体をそれぞれ左右に使うモノラル使いだと

左右の音と音量が違って聴こえます。


[PR]

# by gokurakutojigoku | 2016-07-22 22:53 | アンプ | Comments(6)