信心過ぎて極楽通りこす

sinjitara.exblog.jp
ブログトップ
2011年 05月 08日

フォノイコライザー

No.25はマドリガルレビンソンのフォノイコライザー。

オールドレビンソンのようななまめかしさはないが、聴き疲れしない安心感がある。
e0213363_22321985.jpg


No.25にテフロン基盤バージョンのNo.25-Sがあるのを後で知った。
e0213363_22352772.jpg

e0213363_22362490.jpg


基盤にはSPECIAL EDITION とある。
e0213363_22384077.jpg


こちらの方が音が前に出てきて中域の厚みもある。

ただしソースによってはどちらがいいとは言えない。

No.25-Sに較べるとNo.25はややクールに聴こえる。
[PR]

# by gokurakutojigoku | 2011-05-08 22:50 | アナログ | Comments(6)
2011年 05月 03日

トム コランジェロ

とある所からこんなものを譲っていただいた。

Cello の AUDIO SUITE 用のラインモジュールである。

左側のやや大きい長方形が P201 CD 用。

その他は P301 メインユニット用。
e0213363_17413753.jpg


表面は全面ヒートシンク。
e0213363_17431862.jpg


裏面には Viola  Thomas P. Colangelo とある。

聞くところによれば、Cello を離れてViolaを興したコランジェロが自分が設計したスイートのため

に一時期最新の素子を使ってモジュールを作っていたらしい。
e0213363_17523318.jpg


背面のビスをゆるめてユニットをはずす。
e0213363_1823822.jpg


まずはCDラインユニットP201から。

モジュール換装前。
e0213363_21575771.jpg


モジュール換装後。
e0213363_215983.jpg


次にメインユニット。

モジュール換装前。
e0213363_2232153.jpg


オリジナルのモジュール。
e0213363_2241711.jpg


R-チャンネルのみ換装した状態。
e0213363_2254638.jpg


換装完了。
e0213363_2271861.jpg


出てきた音は明らかに帯域が広い。
e0213363_2244742.jpg


オリジナルモジュールのスイートはオールドレビンソンより当然ワイドレンジで、新しいモジュールは更にワイド

レンジである。だからといってレビンソンらしさが薄まった訳ではなく上下の裾野が広がった分相対的に中域

の高度感が感じにくくなっただけ・・・。言い方を換えればナローレンジという欠点が取り去られた結果さらにマ

ーク レビンソン本人の理想に一歩近づいたとも言えるのでは・・・・・。
[PR]

# by gokurakutojigoku | 2011-05-03 22:48 | アンプ | Comments(2)
2011年 04月 20日

レコードクリーナー

VPI のレコードクリーニングマシン。
e0213363_21413323.jpg

レコードをセットして・・・
e0213363_2146162.jpg

専用の液を適量かけて・・・
e0213363_21491952.jpg

回転させながら専用ブラシでまんべんなく延ばす。
e0213363_21504974.jpg

アームを定位置に動かしスイッチをONにすると、掃除機のような音がして液を吸引。
e0213363_2213765.jpg

ホコリやゴミに起因するノイズは完全にとれる。しかも簡単。
[PR]

# by gokurakutojigoku | 2011-04-20 22:07 | アクセサリー | Comments(0)
2011年 03月 08日

スタビライザー

先日オーディオ仲間のO橋氏が「ねえ、これ知ってる?」といって差し出したのは何と青いスタビライザー。

「こ、こ、これ、どーしたんですか?」と小生。

「ネットで見つけたんだよー。」とO橋氏

とーぜんすぐ買いました。
e0213363_123263.jpg

こんなのあるんですねー。

箱にノアのシール貼ってあるけどノアのHPには載ってない。

THORENS の本国のHPにも載ってない。
e0213363_12135025.jpg


他に赤とかあるのかしらん??
[PR]

# by gokurakutojigoku | 2011-03-08 12:17 | アクセサリー | Comments(0)
2011年 02月 27日

IKEDA

数年ぶりに新しいトーンアームを手に入れてしまった。

IKEDA IT-345

発売当時からずーと気になっていた。

美しさでは世界のアームの中でも3本の指に入ると思う。
e0213363_23345649.jpg


このアームはFidelity Research の FR-64 の流れを汲む、池田勇氏の力作。

以前の梨地仕上げも良かったが、このメッキ仕上げはことさら美しい。
e0213363_23453844.jpg


このアームを組み立てていると工作制度の高さに驚嘆する。
e0213363_23531681.jpg


曖昧さを排除したフォーカスの合った音だが、「きつさ」は全くない。
e0213363_0133412.jpg


IKEDA IT シリーズは池田氏自らが組み立て調整をしている。

氏は現在82歳。

彼が引退するとこのアームも絶版になってしまうのか・・・。
[PR]

# by gokurakutojigoku | 2011-02-27 00:23 | アナログ | Comments(0)
2011年 02月 23日

インピーダンス

前回のブログの中でカートリッジのインピーダンスの事を書いたが、

書いた本人が気になりだして・・・・・、

初心に戻って実験してみました(汗)

Mark Levinson No.32L はLPを再生しながらフォノイコのインピーダンスを切換えできる。

まずは Ortofon SPU GE 。

内部インピーダンス 2Ω
e0213363_115148.jpg


3.3Ωで受けると、「柔らかい、元気がない。ボワーとしている。」
e0213363_1181787.jpg


5.0Ωでは、「3.3Ωと同じ傾向だが、ややしっかりした。」
e0213363_1214639.jpg


7.7Ωでは、「輪郭が出てきた。元気も↑ 」
e0213363_1251682.jpg


10.0Ωでは、「楽器の質感がしっかりしている。SPUのイメージ。」
e0213363_1351387.jpg


33.0Ω、「シャープさが加わった。音離れがいい。元気。」
e0213363_1382841.jpg


50.0Ω、「さらにシャープ。悪くはないが硬質。」
e0213363_1415017.jpg


77.0Ω、「全体的にカチッとした音。」
e0213363_1475163.jpg


100Ω、「この辺から明らかに違うなー、ていう感じ」
e0213363_1482599.jpg


最後に330Ω。「音がきつい。長く聴けない。」
e0213363_1485054.jpg


SPU GE では10.0Ωと33.0Ωで迷う。

体調や気分、ソフトの種類でどっちでもいいかなー。

ジャズでは33.0Ωのほうが”ノル”

次にBENZ MICRO RUBY3 。

内部インピーダンス38Ω 。

これは100Ωと330Ωで迷った。100Ωのほうがしっとり感があって好ましいか?
e0213363_213737.jpg


インピーダンスが低くなると「柔らかく、重い」傾向に、

インピーダンスが高くなると「硬質な、はっきりした」傾向になるのは諸兄の皆様がご存じの通り。

カートリッジメーカーが推奨するインピーダンスはカートリッジの内部インピーダンスの5~10倍の事が多いが、

まあ、当たり前の結果になりました。ペコリ。
[PR]

# by gokurakutojigoku | 2011-02-23 02:22 | アナログ | Comments(0)
2011年 02月 16日

現代のアナログプレーヤー

エールのスピーカーにはNottingham の ACE SPASE + heavy duty kit 。

このプレーヤーは不思議な質感の音がする。

シャープだかまろやか、

彫が深いが重くなく、

まるで音楽のピッチが遅くなったようなゆったり感。
e0213363_0194174.jpg


組み合わせるアームは SME serieseⅤ。

これに Ortofon Jubilee。

このアームはよく出来ている。

高感度でありながら針音が気にならない。

音が軽いとか重いとか、そうゆう範疇のものではなく、

アームの素材感が音に乗ってこない。

アイクマン恐るべし。
e0213363_0341098.jpg


もう1本は SME 310 。

こちらは seriesⅤ よりやや明るめに感じるが、

同じく素材感は無いといえる。
e0213363_0422683.jpg


カートリッジは BENZ MICRO RUBY 3 。

Jubilee に比べるとややハッキリした音に聞こえるが、アームが違うので何とも・・・。

それよりもカートリッジのインピーダンスとフォノイコのインピーダンスのマッチングのほうが影響が大きいかも。
e0213363_0554092.jpg

[PR]

# by gokurakutojigoku | 2011-02-16 01:00 | アナログ | Comments(0)
2011年 02月 03日

音作り

ツイーター、ドライバー共にエール。
e0213363_23135469.jpg
e0213363_23142479.jpg


ウーファーもエールにすることでオールエールになった。
e0213363_23162692.jpg


さあ、これからチャンデバで音のバランスを決める。
e0213363_23555177.jpg


Pass の XVR 1 はモジュール差し替え式ではないので手軽にクロス、スロープ、さらにスロープの「Q」を変えることができる。
e0213363_23291027.jpg


チャンデバ調整は1~2時間もやってると何が何だかわからなくなって頭が変になってしまうので一度大まかに決めておき日を改めて何度も調整する。
e0213363_23522944.jpg


現在のところ 590Hz 18dB/oct , 10600Hz 18dB/oct でおさまっている。
e0213363_2352507.jpg

[PR]

# by gokurakutojigoku | 2011-02-03 00:05 | アンプ | Comments(0)
2011年 01月 27日

両雄の対決

最近話題の弩級フォノイコライザー2種が札幌のオーディオマインドに・・・!

EMT JPA66 と ブルメスター 100

どちらも made in Germany

ふたつあわせて578マン也!!

まあ、常識ある良い子はこーゆーものには手を出しません。

せっかく聞かせてくれると言うので、向学の為に試食のみすることに。
e0213363_234489.jpg


まずは ブルメスター。

ステレオサウンド誌177号で柳沢功力氏が珍しく大絶賛している。

なるほど、ワイドレンジでありながら全帯域に渡って力がある。

特にピアノの高域は厚みのある透明感? 

透明なのに質量がある?

この質量感が全体の躍動感につながっているのか。
e0213363_23373940.jpg


次に EMT

プロ用フォノイコライザーとの事。

音が出た瞬間、「うわっ」

EMT 930 や 927 をお持ちの方はきっとのけぞります。

EMT のあの分厚い中域はそのままにワイドレンジ化。

しかもそのレンジ感を意識させない自然な音触。

良いとか悪いとか・・・そんな議論はだれもしない。

試聴した全員が、「世界が違う。次元が違う。」と・・・。
e0213363_23582276.jpg


今回ほどわかりやすいオチはない。

気づいたら非常識な悪い子に染まりそうな自分がそこにいるのである。
[PR]

# by gokurakutojigoku | 2011-01-27 00:12 | Comments(0)
2011年 01月 12日

エール

もう一系統のウーファーは以前は JBL 2226J を使っていた。

古い家の部屋ではよく鳴っていたが

新しい部屋とは相性が悪かった。

で・・・

たまたま見つけたGAUSS 4528XR

これは ”みっけもん”だった。
e0213363_046232.jpg


”みっけもん”ですましておけばいいのに・・・

ここですまないのがマニアの性、ショップの罠。

このエール音響のアルニコには参った。

38cm 内磁型。約28kg

コーン紙を弾くとパンと乾いた音がする。

左がエール ME4000N 右が GAUSS
e0213363_152262.jpg
e0213363_153761.jpg

e0213363_1122326.jpg


このユニットのシリアルナンバーは001~004(写真は002)
e0213363_1203974.jpg


箱は10年以上前に作ったタテマツの特注。

ユニットが重すぎて箱を横にしないとムリ。

一人がバスレフポートから手をいれて下から支えて

あとの二人が落とし込む。

下手すると指を潰しそう。
e0213363_1113725.jpg


ついでにスピーカーの高さも持ち上げるために

TAOC の鋳鉄ブロックを使う。
e0213363_1153064.jpg


それにしても重さでバッフル割れないべか?
e0213363_1175498.jpg

[PR]

# by gokurakutojigoku | 2011-01-12 01:32 | Comments(2)
2010年 12月 03日

Artistic impression

この美しさを見よ。

この潔さを見よ。

和に映えるオリンパスの格子。
e0213363_23124326.jpg



すべては音楽の為に。

そこに無粋な機械はない。

オリンパスと同化するキャビネット。

禁欲的とも映るその景色は

音楽へのイマジネーションを増幅する。
e0213363_2334566.jpg



今回訪問させて頂いたCriss氏はグラフィックデザイナー。

取材拒否する氏を酒に酔わせてまんまと撮影に成功したのでした。

JBL オリンパスは初期型。

右側はパッシブラジエーター

左側は本来 LE15A であるが D130 に換装されている。
e0213363_23572085.jpg



問題のJBL 製キャビネット C58 DELPHI の中は

JBL SG520, JBL SE400S, GARRARD 301 Grease type,

そしてなんとオートチェンジャーのELAC Miracord 10H

ここに氏のコダワリと潔さ(”てきとーさ”とも言う)を見ることができる。
e0213363_2336612.jpg

e0213363_062344.jpg

e0213363_07949.jpg



GARRARD 301 は Ortofon RS212 と SPU GTE の組み合わせ。

氏は SPU GTE しか使わない。
e0213363_023410.jpg



久しぶりに聞かせて頂いた音は正真正銘 JBL の音。

”名は体を表す”という諺がある。

すべてがミニマムに構成されたこの部屋のごとく、

その音は必要十分にしてリッチ。

マイルスとエバンスのインタープレイに

時を忘れて聞き入ってしまった。

Criss氏の音と世界観を何となくイメージできる一枚の写真。

Criss邸のダイニングの装置である。

QUAD と ELAC
e0213363_0581062.jpg

[PR]

# by gokurakutojigoku | 2010-12-03 01:08 | Comments(2)
2010年 11月 30日

金満プレーヤー

まさか出会うとも思っておらず・・・。

自分には不釣り合いとも・・・。

それが出会ってしまった。

やめときゃいいのに

調子に乗ってアームまで金に。

品がないか・・・・・。

e0213363_2164737.jpg

e0213363_2243797.jpg



小生のシステムではプリは Cello AUDIO SUITE 。

LNP-2L と ML6-BL はフォノイコライザーとして使っている。

比較するとML6-BL はやや筋肉質でたくましい表現。

LNP-2Lの音色 は小生にとってはパーフェクト。

まさにレビンソンの音!言うことなし!

今のところこれ以上のフォノイコ?は出会っていない。
e0213363_21304565.jpg




SME 3012R-G と Ortofon RMA 212 i Anniversary は

JC-1AC を介してLNP-2L へ。

トランスを使うとその音が全体を支配するが、

JC1-AC ならレビンソンの音のままである。

(あたりまえか!)
e0213363_21331262.jpg

e0213363_2134259.jpg

e0213363_21422723.jpg



Ortofon Meister silver GE / AE はいいカートリッジである。

近年のニューバージョンの SPU の中では断トツである。
e0213363_2157551.jpg

[PR]

# by gokurakutojigoku | 2010-11-30 22:07 | Comments(4)
2010年 11月 24日

ウーファー 4発!!!!

神奈川県真鶴のリベロ氏を訪問した。

彼は学生時代の親友で、当時からオーディオに興味を示していたが

まさかこんな弩級システムを組むとは・・・・・。

JBL 2226J × 4発!

レビンソンNo.33HL が小さくみえる。
e0213363_22543898.jpg

e0213363_22571718.jpg


ドライバーも2発、

ツイーターも2発

おいおい・・・。
e0213363_22565439.jpg


3週間前にレビンソンNo.33HL が発火、修理したが

3日前に再度発火して再入院中との事。

主役の欠場での試聴となってしまいました。
e0213363_233837.jpg


5年前に聞いた時はやや高域がきつく、

低域も膨らんだ感じがしたが・・・。

今回の音は全くの別物。

全帯域のつながりがスムーズで

音の透明感が上がり、

音量を上げても全く破綻しない。

これだけの大型システムではひとつのお手本になるバランスである。

No.33HL が全快してからもう一度聞いてみたいと思った。

聞けば、装置以外にもいろいろ腐心しているようで

ルームアコースティクにも力を入れていた。
e0213363_232007.jpg


突然押し掛けて2泊もさせてもらい有難うございました。
[PR]

# by gokurakutojigoku | 2010-11-24 23:26 | Comments(2)
2010年 11月 17日

ハーツフィールド

北海道の斜里町にスーパーハーツフィールドを所有する友人T中氏がいる。

なぜスーパーなのか!?

それはこの美しさである。

しかも初期型ですよ!!

まあ、大抵の人はレプリカでしょうと・・・・・。

e0213363_20482429.jpg


左右の音圧が違うので調べたらネットワークであることが判明。

その交換作業とセッティング、そしてハーツを拝むために

札幌からはるばる3名で斜里に押し掛けたのでした。

初期型の背面はカバーのかかってない「剥き出し型」

問題のネットワークが見えます。

e0213363_2054582.jpg


外したネットワーク。

e0213363_20592125.jpg


ラウンドバック、グレー塗装の 375 が見えます。

e0213363_211931.jpg


作業する札幌のオーディオマインドの須田氏。

オーディオの事は何でも頼りになるんだなー。

e0213363_2143497.jpg


取り外したネットワーク。

e0213363_219911.jpg


所狭しと鎮座するハーツ。

実は・・・、小生と、同行したO橋氏は恥ずかしながらハーツを聞くのは初めて。

逆に何の先入観も持たないで試聴できたのでは・・・。

低域から高域までウェルバランスである。

低域はバックロードと言われなければ全くわからない。

適度に締り、しかも十分な量感がある。

中高域はまさにラウンドバック 375 の魅力全開。

マイルスは刺激的にならず、

コルトレーンは伸びやか。

ジミーコブのドラムはシャープだがウォーム。

セッティングやケーブルを吟味すれば更に突き抜けそうな予感。


e0213363_2111177.jpg


JBL の原点ともいえるこの古いスピーカー・・・。

スピーカーの進歩とは・・・・・。

O橋氏と考え込んでしまった。

e0213363_21364775.jpg


T中氏の手許には何故か「とんでもなく」綺麗な機材が集まる。

マランツ Model 7,8 は全く傷なし。

圧巻はトーレンス。未開封のデッドストックかー!!

e0213363_21411028.jpg

e0213363_21415466.jpg

e0213363_21421368.jpg


お忙しい所、三人で押し掛けて申し訳ありませんでした。

「とんでもなく」いいもの見せていただきました。
[PR]

# by gokurakutojigoku | 2010-11-17 21:59 | スピーカー | Comments(2)
2010年 11月 10日

JBL

Levinson と Cello で鳴らすスピーカーはD-130, 375, 075 という構成。

低域に A-130 等のウーファーを使うのはオーソドックスだが D-130 のダブルは多数派ではないかも?
e0213363_2381758.jpg


この D-130 はあるコレクターの方が未開封のままお持ちになっていたもの。

こんな個体が4本同時に・・・ま、マジで~!!

当初は誰も信じてくれなかった。

小生も目を疑った。

一度も電気を通していないので最初の音はガチガチ。

しばらくは途方に暮れた。

まともな音が出るまでに半年位かかった。

e0213363_2320762.jpg


現在は初期型のラウンドバックの375を使用しているが、最初はほぼ最後期の375を使っていた。

後期型はエネルギッシュでカチッとした音で リー モーガンが前に出てくるが、

初期型はおとなしく品があり サラ ボーンの口元はしっとりと濡れる。

あ”-、どっちも捨てがたいよー!

e0213363_23332392.jpg
e0213363_23431543.jpg

e0213363_23341989.jpg

[PR]

# by gokurakutojigoku | 2010-11-10 23:45 | スピーカー | Comments(0)