信心過ぎて極楽通りこす

sinjitara.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2017年 08月 22日

DS Master1

DS Master1 を自宅試聴させてくれるという。

自宅に持ち込んだ光カートリッジと専用イコライザーアンプを眺めて、思いました。

只者じゃないな、と。
e0213363_14595121.jpg
天板を開けると、こんな凄いバスパーを使ったアンプ見たことないです。
e0213363_14592864.jpg
開発者の並々ならぬ情熱を感じ、中途半端な試聴は出来ないと思いました。

DS Master1を取り付けるアームはSME310。

試聴に先立って ドクトル・ファイキャルト・アナログのプロトラクターNG を使ってアームのジオメトリーを厳密に調整します。
e0213363_15011566.jpg
フォノケーブルは Esoteric 8N-RPH。

DSのイコライザーアンプとプリアンプ間にはNordost Valhalla2 を奢って万全を期しました。
e0213363_22051169.jpg
聴き比べる対戦相手はオルトフォンのオリジナルSPU。

使用アームはイケダIT-345、フォノイコはEMT JPA66、フォノケーブルは同じく Esoteric 8N-RPH。

なぜSPUかというと、小生の常用カートリッジだからです。
e0213363_15013092.jpg
今回使用したのはGシェルの鳴きを嫌って・・・と言うより裸のSPUが聴きたくて

小生が以前に汎用ヘッドシェルに取り付けたもので、シェル付きSPU独特のおおらかさがとれて輪郭や表情がクリアーになります。

SPUはシェルと一体で音作りしているので、この場合シェルの影響を少なくして純粋に光電式と電磁誘導の違いを聴き比べることにします。

e0213363_15010189.jpg
e0213363_15003842.jpg
JBLシステムでジャズを聴きます。

古い録音は意外にも互角のパフォーマンス。自分でも本当に意外なのですが音色がこれほどまでに似ているとは想像しませんでした。

シェルなしSPUが思いのほか現代的なのかも知れません。

DSは全く尖ったところがなく、古い録音を最新装置で聴く時に感じるオーバークオリティーな違和感はないです。

e0213363_15045724.jpg
DSはTBMの1975年録音も同じような傾向で素直。

高域低域共に過不足なく安心して聴いていられます。
e0213363_15023029.jpg
Diana Krall の最新盤は差が出ます。

SPUはシンバルやピアノのアタックの角が僅かにまるくなりますが

DSは素直に伸びて輝きがあります。
e0213363_15051361.jpg

クラシックはエールシステムで聴きます。

Karajan の Brahms は最近再発された盤ではなく偶然手に入れた1964年プレス盤。

ファーストやセカンドプレスではないですがの音の鮮度が良く、

Analog親爺とTANNOY Autographのsankanchiさんが「是非オリジナルアナログを聴きなさい」と仰るのが頷けます。

Karajan がなぜクラシック界の big name になり得たのかよく解る凄い演奏です。
e0213363_15032980.jpg
DSは”アナログとデジタルのいいとこどり” ”第3のフォーマット”と皆が言います。

電磁誘導が無ければ音響機器は成り立たちませんが電磁誘導の曖昧さが個性や味だったりする訳で

そういう意味ではDSはストレートで、今までコイルとマグネットで苦労してきた欠点を軽々とブレークスルーした印象です。

Brahms も一切誇張感は無く、初めてSACDを聴いた時の印象に相通じるものがあります。

1994年録音の Sinopoli 指揮の Bruckner は更に鮮度が上がります。
e0213363_23150534.jpg
新しい録音ほど鮮度感に差が出ますが化粧を施した華美な音ではありません。

洗練されていながら冷たさのない、しかもアナログ特有の肉厚な粘りもよく再現されます。

ここで気づきました。SPUが現代的というよりDSがウォームな感触を身に着けている印象です。

エールで聴くDiana Krall はフレッシュ。

セパレーレーションが良いせいかステレオイメージは広がります。
e0213363_23151940.jpg
高音質で有名な The LA 4 は Shelly Manne のブラシは気持ちよく解像し、Laurindo Almeida のナイロン弦は丁度いいアルデンテです。




アナログファンは一聴の価値ありです。音の素性ばかりに意識がいきますがハムやハウリングから解放される音質の影響は計り知れないアドバンテージだと思います。

たとえDSに惚れることは無くてもプレーヤー周りの設置の瑕疵はすぐに察知できます。

世界中のアナログメーカーが追従してくるのは時間の問題かもしれません。





















[PR]

by gokurakutojigoku | 2017-08-22 22:16 | アナログ | Comments(12)
2017年 08月 15日

カレー三昧

その壱

いつもの豊平峡温泉のインドカレー。

いつ行ってもその安定感は流石です。
e0213363_22513622.jpg


その弐

これもいつものスープカレー、「エソラ」
e0213363_23135701.jpg
毎回食べる”エソラスープ”と
e0213363_23133097.jpg
今回は初めての”エビ・ココナッツスープ”
e0213363_23131031.jpg
これは新しい発見です。

来るたびに迷うことになりそうです。



その参

札幌近郊の農村地帯にある長沼町。

インド人が経営するインドカレー屋さん、「アサ」

「ヒル」と「ヨル」という姉妹店はありましぇん。
e0213363_23142132.jpg
ナンは豊平峡温泉のほうがいいかなぁー。
e0213363_23143867.jpg
しかしカレーは・・・。

今まで食べたインドカレーの中で第一位!
e0213363_23172992.jpg
恐るべし長沼町!!








[PR]

by gokurakutojigoku | 2017-08-15 23:40 | グルメ | Comments(8)