信心過ぎて極楽通りこす

sinjitara.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2017年 07月 26日

Vivaldi Transport ソフトウェアアップデート

トランスポートのソフトウェアを v2.03 にアップデートしました。
e0213363_16042471.jpg
最大の変更点は CDを DSD×2(1bit,5,644k S/s)にできる出力モードが追加されることです。
e0213363_16043715.jpg
これで現状ではアップサンプラーの出番は無くなってしまったので、トランスポートからDACへダイレクト接続になりました。
e0213363_16051403.jpg
今までvivaldiの音に不満など覚えたことは一度もありませんでしたが、正直驚きました。

これ程までの変化が起きるとは想像していなかったからです。

聴き始めは自分の体調を疑いました。

非常に見通しがいいです。

ピントがシャープになっているのは明らかですが解像感だけが出しゃばることはありません。

キレ過ぎない絶妙な解像感と言った方がいいかもしれません。

日本酒は米を磨いていくと最後は水みたいになると言われますが、

有機的な潤いをギリギリのところで残しながら磨きを止めた大吟醸の如しです。

低域の量感や質感を変えると高域の質も変化するのはよく経験しますが、

解像感が変わるとこれと同じようなことが起きるようです。

レンズで言うところのピントとボケの関係で、

オーボエやハープのキレのいい音色を中心にして周囲の弦やホールの響きが奥に向かって自然にデフォーカスしていき、

全体として今まで持ち得なかった立体感を獲得しています。

アップサンプリングにはそれなりの効果は感じていましたが今回は本当にシビレました。

体調に問題はありませんでした。





[PR]

by gokurakutojigoku | 2017-07-26 23:46 | デジタル | Comments(10)
2017年 07月 20日

MURRAY PERAHIA

MURRAY PERAHIA(マレイ ペライア)というピアニスト。

数年前にこのボックスセットの発売を知るまでは名前すら聞いたことがありませんでした。

買った動機は、”ボックスセットをリリースする程の巨匠なのか?” その一点だけです。

いや、もう一つ、彼の地味で誠実そうな表情に優雅さや知的に洗練された演奏を想像したからです。
e0213363_22191030.jpg
実際聴いてみると、内省的で慎ましいタッチが小生にはシックリときて本当に気に入ってしまいました。

絢爛豪華で切れ味のある演奏もいいですが、押しつけがましくない穏やかな空気感は何物にも代えがたい魅力を感じます。

勿論スピード感やダイナミズムも申し分なく自然に曲に没頭できる安心感があります。

CD68枚+DVD5枚で¥12,000。一枚当たり¥164! こちらが申し訳なく思うくらいのプライスです。






[PR]

by gokurakutojigoku | 2017-07-20 22:27 | クラシック | Comments(2)
2017年 07月 18日

牛小屋のアイス

札幌近郊の由仁町(ゆにちょう)にある牧場直営のアイスクリーム屋さん。

見渡す限り畑の中を通る国道274沿い。
e0213363_22281114.jpg
牧歌的な名前と外観に誘われて・・・、
e0213363_22284719.jpg
足を踏み入れるといきなりアフリカン。

なんだ、このギャップは!
e0213363_22290755.jpg
アイスクリームは美味しい。すごく美味しい。
e0213363_22295221.jpg
問題はここの店主。
e0213363_22293545.jpg
レゲエか!?105.png




追伸

このレゲエの人物、通称「やっちゃん」

公には性別年齢不詳ですが、実は女性らしいです。

ゲロゲロ!

[PR]

by gokurakutojigoku | 2017-07-18 22:46 | グルメ | Comments(6)
2017年 07月 13日

ゴルフ焼け

ゴルフで日焼けしたリベロ氏がやって来ました。

北海道もあいにくの暑さで残念だねと言うと、「いや、涼しいよ!」と・・・。

夕食は一緒に軍鶏の焼鳥を食べ、次の日オーディオを聴きに。
e0213363_23275198.jpg
音を聴いて褒めてくれた。

元気が出た。ありがとう。


[PR]

by gokurakutojigoku | 2017-07-13 23:34 | 御来客 | Comments(6)
2017年 07月 06日

酒と飯の日々

熊本のwooさんご夫妻がいらしゃった。

大義名分は拙宅の駄音を調査するため。

”真の目的は”・・・・・。


先ずは心を清めるためにきれいな場所にお連れしました。

積丹半島、島武意海岸(しまむいかいがん)。日本の渚百選にも選ばれた美しい海岸です。

到着直前から晴れ間がのぞいて見事な「積丹ブルー」を拝めました。
e0213363_22285586.jpg
e0213363_22305658.jpg
e0213363_22300446.jpg
奥様、待ちきれずにニッカシードルを・・・・・。
e0213363_22312747.jpg

続いて、積丹半島先端の神威岬へ。

湿度は高いが気温は18℃。そよ風が気持ちいい。
e0213363_22320813.jpg

やっと自然の神秘に心奪われ、ここは落ち着いて記念撮影。
e0213363_22323179.jpg

札幌に戻って、名店「すし屋の根がみ」
e0213363_22334207.jpg
平静を装ってますが、板前さんの手元に鋭い眼光が。

煩悩全開です。

板前さん、手が震えてました。
e0213363_22355901.jpg
食後、拙宅に場所を変えて・・・・・
e0213363_23071141.jpg

ここで表の目的を果たすため音を聴きます。

こちらはポーカーフェイスですが内心穏やかではありません。

南阿蘇の音を聴いてから迷いが出ていたと白状しておきましょう。
e0213363_23073400.jpg

次の日、”真の目的”を達成するために更に精進します。

軍鶏の名店「直」(じき)でランチ。

軍鶏の親子丼
e0213363_23075655.jpg
軍鶏のスープのラーメン。
e0213363_23082451.jpg
ここに紹介した飲み食いの数々、ほんの一部です。(爆)

wooさん見て思いました。

食は元気の源!!



wooさん楽しんで頂けたかしら。

こちらこそwooさんご夫婦の楽しいお話と、小生も久しぶりに行った積丹半島が新鮮で心から楽しませて頂きました。

また機会を作って是非お越しください。

次回いらした時のお楽しみは既に決めてあります。乞うご期待。


[PR]

by gokurakutojigoku | 2017-07-06 17:10 | 御来客 | Comments(11)