信心過ぎて極楽通りこす

sinjitara.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2017年 05月 30日

10年以上前に札幌で偶然手に入れた丸尾焼。

この焼き物が好きになって当時調べたら、熊本の天草地方。

なかなか縁遠いなぁと諦めていた。

直前に海の別荘からそう遠くないことを知ってwooさんにリクエスト。
e0213363_00060149.jpg
旧友に再会したような気分だ。
e0213363_00061653.jpg



続いて案内されたのは、マニアックな「蔵々窯」(ぞぞがま)

wooさんご自身はこの窯好きだけど、我々をここに連れて行くか迷ったそう。

wooさん、完璧です。この窯訪問のために天草に来てもいいくらい。

途中で不安になるくらいの林道を走って辿り着いた。
e0213363_00065050.jpg
ファンになりました。

e0213363_00063547.jpg
e0213363_00073872.jpg
ぜひまた来ます。

[PR]

by gokurakutojigoku | 2017-05-30 22:55 | 訪問記 | Comments(2)
2017年 05月 28日

美味しい阿蘇

wooさんご夫婦にいろいろ連れて行って頂き、その先々で旨いもん三昧でした。

その1 お寿司
e0213363_23084594.jpg
皿の中で泳ぐ小さな烏賊が・・・
e0213363_23061355.jpg
握りになって現れた。
e0213363_23063439.jpg
北海道ではお目にかかれないネタが楽しい。
e0213363_23090500.jpg

その2 奥様手料理

馬刺しをメインに。

〆に食べた冷やしうどんがお店のような美味しさで感激。いやしさ勝って写真撮り忘れました。
e0213363_23104707.jpg

その3 地鶏
e0213363_23112689.jpg
凄い煙の店内が食欲をそそる。
e0213363_23114674.jpg
炭火で食べる地鶏は歯ごたえがあり味が濃い。

本来の鶏肉の美味しさを満喫。
e0213363_23121243.jpg



本当にご馳走さまでした。

[PR]

by gokurakutojigoku | 2017-05-28 23:48 | 訪問記 | Comments(2)
2017年 05月 22日

Smokin’

南阿蘇のご自宅は広大な敷地の中にひっそりと建っている。
e0213363_23060559.jpg
振り返ると半分以上地中に埋まった建物が・・・・・。

しかも屋根は草叢。

入口の前にはピザ窯。

あやしい・・・。
e0213363_22382140.jpg
e0213363_22404987.jpg



wooさんと小生、

生まれも育ちも違う二人が同じ音を目標にシステムを組んだらどうなるか。

お互い相手のブログを眺めつつ「この人、自分に近い!」と思った時が事の始まり。

更に深く相手を知りたいと考えるのは自然の成り行きである。

全く違う世界を覗くワクワク感は言うまでもないが、

対して、同じ志の者が違う環境でどのようなアプローチで仕掛けていくのか、興味は尽きない。

一番判らないのは自分自身の事。一種の”自分探し”なのかもしれない。




VITAVOX が鳴り始めて”やっぱり”と思った。

ベクトルが小生と同じ方向なのだ。
e0213363_23151299.jpg
心に染み入る女性ボーカルが堪らない。

ナローで豊潤で25年物スコッチのシングルカスクのように”琥珀”の味わいである。

高域にタンノイのツイーターを添えているのは氏の見識である。

仕事が終わって心地よい疲労感の中、ゆったりと音楽に身を委ねたい。そんな時にこそ聴きたい音なのだ。

このスピーカーを鳴らすアンプは紆余曲折の末辿り着いたというUnison Research S8 。

今は亡き親友から譲り受けたこのアンプは彼の唯一の形見になってしまったそうだ。

この音はS8でしか出ないと仰る。いや、亡き親友が寄り添った音なのかもしれない。
e0213363_23170133.jpg


もう一組のスピーカーはAvantgarde Trio 。
e0213363_23154132.jpg
ダイレクトラジエーターが当たり前の現代において貴重なホーンスピーカーの雄。
e0213363_23160708.jpg
このワイドレンジなスピーカーを鳴らすパワーアンプはNAGRA VPA 。

Unison Research S8 と共に同じ高圧送信管845を使ったVPA を選択したのは偶然なのだろうか。

それとも惹かれる音に正直に従った必然なのだろうか。

そしてまたしても”やっぱり”である。

ワイドレンジだが「ドンシャリ」でない。

高域は素直に伸び、低域は過度に膨らむことはない。

小生がAvantgarde に抱くシャープなイメージは踏襲しながら全体域にわたってかなりフラットな感触。

定位感も理想的で惚れ惚れする。

ボーカルの口元がやや大きくなるのは拙宅のエールシステムと同じ。

口径の大きなホーンの宿命か。


e0213363_23163361.jpg
送り出しの器機は小生と嗜好が良く似ている。

Thorens Reference と EMT JPA66 の組み合わせは我々の御神体である。
e0213363_23180219.jpg
イギリスのアンティーク家具でまとめられた室内は実に居心地がよく、ハイランドウイスキーを舐めながらシガーを燻らす。

イギリス製のVITAVOX はそこに溶け込むように鎮座し琥珀色の音を奏でる。

ご本人はビジュアル優先とのたまうが、ビジュアル無視、性能優先の方々が聴いたらどう思うだろう。
e0213363_23183144.jpg
実はここまで追い込んだ情熱にこうべを垂れると共に、内心素直に驚きました。

そういう意味では想定外でした。












[PR]

by gokurakutojigoku | 2017-05-22 23:45 | Comments(21)
2017年 05月 21日

春の天草

気持ちいいです。

もはや初夏の佇まいすら感じる九州天草。

陽射しは強いが頬を撫でる風は爽やかで、

ここに別荘なんて持てたら、と思うのは贅沢でしょうか。

その贅沢を実行するwooさんとは旧知の仲。ただしブログを通しての話です。

今日初めて会ったとは思えない不思議な感覚で会話が進んでいきます。

時間が経つにつれバーチャルなwooさんからリアルなwooさんに頭の中の認識が入れ替わっていきます。

先日完成したばかりの別荘は細部までよく作り込んであります。

至る所にセンスの良さが光ります。
e0213363_23551445.jpg
e0213363_23562858.jpg
e0213363_23560246.jpg
e0213363_23565250.jpg
夕食は地元のオーベルジュ「天空の船」

夕日が自慢の絶景ホテル&レストラン。

おいしかったー。
e0213363_23173601.jpg
e0213363_23162476.jpg
e0213363_23165869.jpg
一夜明けてwooさんの奥さん手製の朝食が!

朝から申し訳ないと思いつつ、その美味しさに感激しました。

しかもwooさん焙煎のコーヒーが小生の好みにドンピシャリ。

いや、この味は誰が飲んでも美味しいはずです。

実は小生、コーヒーにはうるさいんです。
e0213363_23584923.jpg
”やっぱり”思った通りです。

このご夫婦只者ではない。





・・・・・つづく

[PR]

by gokurakutojigoku | 2017-05-21 00:09 | Comments(2)
2017年 05月 05日

千島桜

e0213363_23274744.jpg
北海道でもなかなかお目にかかれない桜です。

色が変化するとは知りませんでした。
e0213363_23280775.jpg
e0213363_23282891.jpg
今年のGWは気温が高すぎます。



 この桜は札幌の「寒地土木研究所」の敷地内にあります。普段は一般人の立ち入りは禁止です。この時期だけ一般開放しています。









[PR]

by gokurakutojigoku | 2017-05-05 23:50 | Comments(4)