<   2017年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2017年 01月 30日

TELEFUNKEN BLUES

ドラマーの Kenny Clarke 名義のアルバムです。

マイクに腰掛ける綺麗な御姉さんがいい♪

A面の”STROLLIN"から始まる4曲は Milt Jackson(vib)とFrank Morgan(as)等のセクステットで1954年11月、ハリウッド録音。

B面の"TELEFUNKEN BLUES"から始まる4曲は Milt Jackson(vib)とFrank Wess(ts,fl)等のセクステットで1955年2月、ニューヨーク録音

このB面の録音が Rudy Van Gelder がテレフンケンのコンデンサー型マイク U47 で録った録音です。

"TELEFUNKEN BLUES" は Ernie Wilkins の曲に Frank Wess が録音の良さに惹かれて名付けたんだそうです。

A面とB面は録音の質が全く違っていてA面はこの年代相応の音質で、B面の方は明らかにワイドレンジでHi-Fiです。

演奏の内容も秀逸です。

EMTのプリにテレフンケンの球を挿してドイツ系エンジニアの Rudy Van Gelder がこれまたテレフンケンのマイクで録った曲を聴く。

すべてドイツ繋がりでこれ以上の相性は無いかもしれません。
e0213363_22480874.jpg
テレフンケン恐るべし。真空管といい、マイクといい、その当時から凄い技術力です。

もっと驚きなのがこの U47 が現行品としてテレフンケン商標を取得したアメリカの会社で製造販売されていること。

今でも多くのミュージシャンやエンジニアがこのマイクを支持して使っているそうです。
e0213363_00131292.jpg

[PR]

by gokurakutojigoku | 2017-01-30 00:35 | ジャズ | Comments(4)
2017年 01月 25日

TELEFUNKEN

長野県の御大のブログを拝見して、「球の差し替え楽しそー」などと思っていると

何処からともなく現れてきました。こちらから探したわけではないのですが。
e0213363_22422563.jpg

しかし球については門外漢の小生がこんなブランド球に手を出すのは非常に危険です。

巷にはテレフンケンやムラードの偽物がは多く流通しているからです。

なかなか素性のはっきりしたテレフンケンは無いそうなので確信を得るために出来るだけ調べてみました。

取り敢えず解っているのは、元の所有者はご年配の方で1979年に東京のオーディオ店から新品を購入し

使わずに所有していた、いわゆる ”デッドストック”ということだけ。



同じ ECC83 (12AX7) ですが外観の違う2種類。

一見すると左が「スムースプレート」と右が「リブプレート」。

プレートの長さは左が17mm、右が14mm (本物は17mmでロングプレート)

ガラス面のプリントは、左の球はやや不鮮明で強く擦ると剥がれてきます。右の球はプリントがしっかりしています。

右はゲッターの面積が大きすぎます。
e0213363_22425149.jpg
e0213363_22431709.jpg


横から見るとプレートの穴の位置が違います。

左のように長方形の穴の位置が上下に離れているのが本物とされています。

右は半円形の穴が中央に1個です。
e0213363_22455236.jpg

決定的なのは底面のダイヤマーク。(◇の刻印)

右には無く、S というプリントが。
e0213363_22433796.jpg

左のスムースプレートは本物で間違いなさそうですが、右のリブプレートは詳細は不明です。

テレフンケンの音質は昔から高評価だったようですが、1979年当時から偽物が出回っていたのでしょうか。




それで早速 EMT JPA66 の球を差し替えてみました。

緑のゴムリングは標準装備のスタビライザーリングです。

元々付属していた球は JJ です。

e0213363_22441618.jpg
e0213363_22443308.jpg
想像していた以上に変わりました。これは見事と言うほかありません。

タイトですが痩せた音ではなく躍動感があります。

明快でヌケが良く、しかも力があります。シンバルにブラシが触れる音もきれいに分離します。

不思議と硬質感は全くありません。

では「偽物」の音はどうなんでしょう?

こういう聴き方は興味半分、怖さ半分です。もしもですよー、凄く良かったらどうします?

変な話ですが差し替えて第一声は”ほっと”しました。

「偽物」の名誉のため!? に言いますが、悪くはないです。ただ、対戦相手が強すぎます。

1日通電して翌日の冷静な感想としては、全体的に甘めです。「本物」ほど明快+ヌケの良さはありません。

ベースもやや膨らむのでウッドベースのランニングがイマイチ走りません。

付属の JJ は良くも悪くも中庸で常識的バランスですが、「偽物」はなんとなく大味です。

もし凄く良かったら二束三文で買い集めて密かに楽しむという夢は断たれました。










[PR]

by gokurakutojigoku | 2017-01-25 00:35 | アンプ | Comments(10)
2017年 01月 24日

NOVA

前回に続いてNOVAです。

10年位前にオークションで落とした個体です。

L88 NOVA は前期型と後期型が存在していますがウチのは前期型です。

前期型は黒いコーン紙のウーファー123Aと5cm径のツイーター LE20の組み合わせ、

後期型はアクアプラスを塗った白いコーン紙のウーファー123Aと3.6cm径ツイーターLE25の組み合わせです。
e0213363_23062637.jpg
後期型はアクアプラスによって f0 を低くして低域を伸ばし、ツイーターの径を小さくして高域も伸ばして

f特を改善したと言われてますが、後期型を聴いたことが無いので真相はわかりません。

パラゴンで有名なアーノルド ウォルフのデザインですが、デンマークの巨匠、アルネ ヤコブセンや

ハンス ウェグナーのそれと言われても疑わないような北欧デザイン的センスが印象的です。








[PR]

by gokurakutojigoku | 2017-01-24 00:15 | スピーカー | Comments(4)
2017年 01月 21日

そういえば

だーださんのブログでNOVAの話題が出てたので・・・、

そういえば職場のBGMに使ってたんだ。

自分の入門SPがJBL L-26 なのでどこかでこの手のSPと繋がっていたいのかも知れません。
e0213363_23083345.jpg

アンプは知り合いのO氏に作って頂いた300Bシングル。

球のアンプ判る人は音の素性を想像できると思います。

大人しい音色を小音量で鳴らしています。

仕事中はテンション高めなので、アグレッシブな音はダメなんです。

[PR]

by gokurakutojigoku | 2017-01-21 23:55 | スピーカー | Comments(6)
2017年 01月 08日

PASS Labo XA160.8

年末に入れ替えしてエージングしていました。

エールシステムの mid low のパワーを PASS Labo XA160.5 から XA160.8 へ(写真の上から3段目)入れ替えです。

mid high にXA100.8 を入れた時は(上から2段目) 3way から 4way にチャンネル増設した時ですが、

今回のように単純な入れ替えは初めてです。
e0213363_23343657.jpg
XA100 から XA100.5 の時は S/N が改善され残留ノイズは大幅に減少しました。

XA100.8 は更に残留ノイズが減少しましたがそれにも増してシャープネスとビロードのような質感が同居するようになりました。

mid low はアッテネーターを開くと音が荒れるし絞ると響きが薄くなって苦労する帯域ですが、

XA160.8 も100.8と同傾向の音で、開いても荒れる感じがなくなって透明感と柔らか味が同居する優美な音になりました。
e0213363_23345129.jpg
mid low はレベル調整が一番難儀した帯域ですがこれからは「質」を気にせず「量」だけに神経を集中できそうです。

オーケストラは今まで以上にホールトーンが豊かで、なおかつ決して大味にならないところが最大の美点です。

このポイント8シリーズはスレッショルド時代も含めてネルソン パスの最高傑作かもしれない。









[PR]

by gokurakutojigoku | 2017-01-08 23:54 | アンプ | Comments(8)
2017年 01月 04日

舌と耳

e0213363_18495188.jpg
2年ぶりに来た。

外国に行くと困るのは飯の味。

ヨーロッパなら結構いけるがハワイは油断すると危ない。

当初はアメリカらしいもの、地元らしいものを食べて酷い目に遭う。

特にアングロサクソンの作った料理はキビシイ。

まあ、それも話のネタとしては面白かったが・・・

沢山授業料を払って行き着く先は日本人の舌。


銀座梅林とは名義貸しだけのとんかつの店「銀座梅林」。

”ハワイにしては”という但し書はいらない味。

いつの間にかご飯をお釜で出すようになっていた。
e0213363_18492844.jpg

世界中に15店舗を出店する「NOBU」のホノルル店。年末にワイキキからカカアコに移転したばかり。

「こんなもん和食じゃない」と言う方は少なくないが、和食の未来形と思えば納得の味。

以前よりも和食に原点回帰していると思う・・・というか、クロスオーバー和食は見当たらなかった。
e0213363_21093785.jpg
e0213363_21100232.jpg
e0213363_00052943.jpg

いつも朝食に使うイタリアン、「アランチーノ・ディ・マーレ」 ここも日本人の経営

クレープの中にチーズや卵が入った”Italian Breakfast Crepes"
e0213363_23471631.jpg
e0213363_00051211.jpg
これは絶品。




だーださんに連れて行って頂いたPioneer saloon 。

プレートランチで人気の日本人経営のお店。

コストパフォーマンスもさることながら、味の絶対評価として◎

これは良い店を教えて頂きました。
e0213363_21400618.jpg
e0213363_21395402.jpg
食後は Pioneer saloon の姉妹店 Ars(アース) Caf'e へ。

ここのコーヒー、まともです! ハワイにありがちなコクのない薄い味じゃない。

だーださんとツーショットのはずがいつの間にか入っている右側の知らないにいちゃん。

このにいちゃん、カメラに収まったあとどこかへ消えた。
e0213363_21501304.jpg
だーださんが「あの高いケーブルどお?」と聞くので、

「ヤバイさー」と答える。

だーださん:「どんなに良くなっても3日で慣れるでしょう!?」

小生:「このケーブル慣れないのよー」

だーださん:「えっ」

小生:「決して違和感じゃなくて毎回音楽が鳴りだすときに”はっ”とさせられる感じなんだわー」

   「今までのケーブルとそこが違うかも」

だーださん:「へー」

毎回挽きたてのコーヒーを飲む感じと言えば理解してくれるかも。

豆をミルで挽いた時、ドリッパーにお湯を注いだ時、コーヒーの香りを強く意識します。

「あー、いい香りだなぁー」って。

音が出た瞬間に”はっ”として、”おー”と頭の位置を修正し、徐々に音楽に引き込まれていくのが心地いい。

だーださんの最新のブログの中で-----  http://darda.exblog.jp/25118770/

「ジャックダニエルはずっと同じ味ではない。もちろん酔えば判らないくらいの差だが封を切るたび、蕎麦の一口目をつゆをつけず味わう感覚で味わえば判る。」

だーださんって繊細な感覚の持ち主なんだなー。

3日どころか25年経っても忘れないオーディオマニアの鑑なんです。



滞在中1回だけ日本人が関係しない料理を頂いた。ウルフギャングステーキハウス。

肉を塩胡椒で焼くだけなのでアングロサクソンでも間違いはない。

soy sauce ある?と聞くとわさび付きで持ってきた。やっぱり注文する日本人が多いのね。
e0213363_23060050.jpg
アメリカンビーフは不味くはないが大味。



アメリカにはたくさんの優れたオーディオ機器があるのに・・・・・・。

舌と耳は別物なのか?















[PR]

by gokurakutojigoku | 2017-01-04 00:11 | 旅行 | Comments(14)
2017年 01月 01日

恭賀新年

今年も宜しくお願いいたします。
e0213363_00253057.jpg
皆様のオーディオのご繁栄をお祈り申し上げます。

平成29年元旦   北の信者

[PR]

by gokurakutojigoku | 2017-01-01 01:00 | Comments(10)