<   2015年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2015年 09月 30日

バイブル

今から35年くらい前に手に入れた小冊子です。

販売店の販促用にアキュフェーズが出した手引書で、マルチアンプの基礎が分かりやすく書いてあります。

今から思えば、この時代はオーディオの黎明期から全盛期に移行中の時期でアキュフェーズの並々ならぬ情熱が伺えます。

当時学生だった小生はオーディオに拙い知識しか持ち合わせていませんでしたが、

この手引書を読みながら「いつかはこんなシステムに挑戦してみたい」と漠然と思いを巡らせていたのは確かです。

もしこの手引書を読んでいなかったら「信心過ぎずに極楽」を楽しんでいたかも知れません。

いえ、たやすく「ロン」を許さない大いに魅力的な世界に足を踏み入れることは無かったと言うべきでしょう。

実際にマルチアンプに手を染めてからは非常に役に立ちました。

これからマルチに迷い込む方、現在迷い込んでいる方、マルチなんかに手を出したらおしまいだと思っている方、

きっと役に立ちます。

ベテランの方も知識の再確認のつもりでご覧になって頂ければ幸いです。
e0213363_21311820.jpg
e0213363_21325342.jpg
e0213363_21344071.jpg
e0213363_21350258.jpg
e0213363_21364642.jpg
e0213363_21371320.jpg
e0213363_21373780.jpg
e0213363_21424881.jpg
e0213363_21391578.jpg
e0213363_21394698.jpg
e0213363_21400543.jpg
e0213363_21402247.jpg
e0213363_21451241.jpg
e0213363_21453813.jpg
e0213363_21461426.jpg
e0213363_21463563.jpg
e0213363_21493046.jpg
e0213363_21500327.jpg
e0213363_21503191.jpg
e0213363_21505559.jpg
e0213363_21520437.jpg
e0213363_21521914.jpg
e0213363_21523645.jpg
e0213363_21525479.jpg
e0213363_21535205.jpg
e0213363_21541601.jpg

[PR]

by gokurakutojigoku | 2015-09-30 23:01 | Comments(12)
2015年 09月 29日

Pim Jacobs

訳あって我が家に来た Come fly with me-trio Pim jacobs のオリジナル盤。
e0213363_12410740.jpg

以前寺島氏によって紹介され一躍有名になった”演奏の内容を伴った優秀録音”・・・・・だったかな?

1982年のアナログ録音らしいのですが、こんなのを聴いてしまうと「アナログ、デジタルという器なんてどうでもいいや」と思ってしまいます。

Pim Jacobsといえば奥様のRita Reys。

以前にも紹介しましたが、夫婦共演のアルバムは "Jazz pictures at an exhibition-Rita Reys and the Pim Jacobs trio featuring Kenny Clarke"が有名ですが

今回は "Our favorite songs-Rita Reys & trio Pim Jacobs"
e0213363_12412599.jpg

全曲、おしどり夫婦ならではのリラックスムードで本当に癒されます。


大雪山では積雪が始まっています。

暫くすると平地にも紅葉が降りてきます。







[PR]

by gokurakutojigoku | 2015-09-29 15:09 | ジャズ | Comments(4)
2015年 09月 16日

センターを出す

退院したエール4550PBeの体調が悪い。

音がわずかにビビるのです。

ダイヤフラムの割れとは違う音で、高域の「チリチリ」が耳にさわります。

今までの経験からボビンがギャップの中で干渉しているのは間違いなさそうです。

先ずはダイヤフラムが無事であることを確認してからセンター出しを行いました。
e0213363_01434857.jpg
e0213363_01442579.jpg
音を聴きながらダイヤフラムを吊っているステンレスフレームを前後左右に動かすのですがこれが難しい。

ボビンがギャップの壁に触れるとピストンモーションが制限されて音圧が下がるので、最も音圧が上がる位置がセンターです。
e0213363_01443700.jpg
慣れてくると「ほぼセンター」という所まではいけるのですが、問題なのはここから先です。

「チリチリ」の原因の微細な干渉はこの方法では判別できません。

調整をしてホーンを装着し、エンクロジャーの上に載せて全帯域の音を出して確認する・・・・・。

数日にわたって15回位繰り返して何とか「チリチリ」から解放されました。

こんなに真面目にウエイトトレーニングしたのは久しぶりです。
e0213363_01445292.jpg
エールのドライバーの工作精度には驚かされます。

ギャップが極限まで狭いのでボビンとポールピースの間隙は0.3mmもないでしょう。

これで再び前に進めそうです。







[PR]

by gokurakutojigoku | 2015-09-16 01:51 | スピーカー | Comments(2)