信心過ぎて極楽通りこす

sinjitara.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2015年 08月 27日

ダイヤフラム

この一週間、クラシックとジャズそれぞれのクロスオーバーポイント探しに集中しました。

低域と中域のクロスはほぼいい線まで詰めたのですが、ミッドハイとツイーターのクロスが定まりません。

10,600Hz 12dB/octだと硬く、8,800Hz 12dB/octだと甘く,9,300Hz位で繋げられればいいなぁ。

そこで既成概念を捨てて、8,800Hzにてlow passを6dB/octで、high passを12dB/octでカットしてみました。

今までになくいい感じです。

更にhigh passを18dB/octにすると凄くいい。

ヴァイオリンーヴィオラセクションとチェローコントラバスセクションが綺麗に共鳴する感じが出てきました。

同時にチャンデバのレベル調整に各ユニットがかつてないほど敏感に反応するようになりました。
e0213363_22384269.jpg
こうなると、以前から何となく認識していたことですが、右チャンネルの高域に歪みのようなものが乗っているのが気になって仕方がない。

ソフトによって差がありますが右チャンネルを意識してしまうことが多いのです。

チャンデバや接続をチェックしても改善されません。

そこでミッドハイ 4550PBeのイコライザー部分を取り外してみました。
e0213363_22392390.jpg
e0213363_22390650.jpg
これを外すとダイヤフラムに触らずに上から覗くことができます。

ショック!!ダイヤフラムにヒビが入っている!

へこたれました。
e0213363_22385420.jpg
ユニットの退院を待って仕切り直しです。



[PR]

by gokurakutojigoku | 2015-08-27 00:22 | スピーカー | Comments(8)
2015年 08月 19日

解禁

チャンデバ-----パワーアンプ間をVALHALLA2化したところで

数年に渡って封印してきた「エールシステムでジャズ」を解禁しました。
e0213363_00152323.jpg
レベル調整は前面のアッテネーターで容易くできますが、

クロスはその都度天板を開けてノブを差し替えなければできず、

いちいちそんなことをするのは現実的ではありません。

この辺の使いやすさはデジタルチャンデバに軍配が上がります。

クラシックでクロスを設定して、ジャズを聴くときはレベル調整だけでいこうと・・・・・。

予想はしてましたが”そうは問屋が卸さない”ようです。

黒いマーキングがクラシック、赤いマーキングがジャズです。
e0213363_00153979.jpg
エールで聴くジャズはワイドレンジで一種の凄みすら感じます。

まだ”取り敢えず”の設定ですから何とも言えませんが、

ジャズの音が”浮足立った”感じがしてしっくりきません。



[PR]

by gokurakutojigoku | 2015-08-19 00:21 | ケーブル | Comments(8)
2015年 08月 01日

Autograph

以前より一度聴いてみたいという願いが叶い、札幌市内のタンノイのあるお部屋を訪問しました。


「豊かな木質の響きが部屋いっぱいに充満する。」

このスピーカーに抱いてきたイメージです。
e0213363_23395143.jpg
マッキントッシュとの組み合わせは更にこのイメージを増強します。

スピーカーの前に並べられた箱はすべてクラシックのオリジナル盤で

ソフトの収納部屋に収まりきれないコレクションです。

今日は氏のオリジナル盤コレクションを、憧れのAutographの音で思う存分聴かせて頂きました。
e0213363_23400721.jpg

驚きました。

シャープです。

きりっとした緊張感さえ思わせる明晰な音です。

Autographをよく知る者ほど感嘆の声をあげることでしょう。

e0213363_23413727.jpg
マニア的常識を排除して冷静になって聴き込んでいくと・・・、当然ですが土台はAutographです。

透明感、精彩感、緊張感とAutographの豊潤な響きが違和感なく溶け合っている未体験の音です。

ウォームな感触でもなく、煌びやかでもなく、化粧を落としたらオーガニックな美人だった・・・?みたいなところがあって、

弦が弦らしく、ピアノはピアノらしく在るがままに・・・・・

しかし箱の無いストレートな音とは違う何か有機的な色彩感が、「あぁ、タンノイを聴いているのだ!」と我に返るのです。

氏はクラシックファンですがジャズにも造詣が深く、このAutographで聴くジャズにはたまげました。

ベースのピチカートは切れ込みがよく、過不足なく制御されたブラスのメタリックな光沢感に痺れました。

拙宅のJBLシステムよりよっぽどジャズらしいです。

ベースのランニングはこちらが思わず走り出したくなるようなリズム感です。
e0213363_23403676.jpg
Autographの上にはエールの1750DEPBeが比較的低いクロスから添えられていてこれが全体の方向性を決定づけているのでしょう。

Autographとは思えない情報量はVALHALLAのSPケーブル、VALHALLA2のフォノケーブルが担保していてます。

e0213363_23412061.jpg
e0213363_23423350.jpg
EMT JPA66を最大限生かすべく最近購入されたカートリッジEMT JSD P6.0、ターンテーブルSpiral groove、トーンアームAxiom

以前使っていたノッティンガムのアナログプレーヤーより切れ味が増したそうです。
e0213363_23405249.jpg
氏の音楽ライフを支えるソフト群です。

アナログは殆どがオリジナル盤。アナログで入手できない新しい録音はCDで蒐集です。

この部屋のソフトはごく一部で、ほかの部屋にも膨大な量があるそうです。
e0213363_23415890.jpg
貴重なオリジナル盤をベストコンディションで聴くためにこのハンルのレコードクリーナーは必須であると仰ってました。
e0213363_23424961.jpg
録音や盤質を吟味して蓄えられたオリジナル盤から、その時代の空気を再現する。

遺跡から出土した種を現代のプランターで発芽させ開花させるが如く・・・・・。

そんな覚悟にも似た気迫に満ちた音に脱帽です。







[PR]

by gokurakutojigoku | 2015-08-01 01:29 | 訪問記 | Comments(2)