<   2012年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2012年 12月 19日

100% Pure LP

マスター/素材選びからプレスまでの全工程を徹底的に追及した・・・という"100%Pure LP"なるものを買っ

てみた。
e0213363_23195755.jpg

e0213363_2320365.jpg


この手のモノは時々買ってみるが、解像度を追うあまり”きつさ”が耳についたり同じシリーズでもタイトルによ

って差が激しかったりして満足できたものは一握りだった。

今回3タイトルを買ってみたので少しだけ真面目に比較してみた。
e0213363_23421641.jpg



Waltz for Debby / Bill Evans Trio

左から高校生の時買ったビクター音楽産業の日本盤、中央が2年前に買ったアナログプロダクション盤
e0213363_23543775.jpg


日本盤は繰り返し再生しているのでやや盤が荒れてはいるがバランスはいい。

アナログプロダクション盤は悪くないがやや解像度狙いの音に感じる。マスターに近いのはこちらかもしれな

い。

100% Pure LP は繊細で静かである。変な表現かもしれないがおとなしく穏健な・・・・・そう、SACDのような

感覚と言えば理解してもらえそうである。


Art Pepper Meets The Rhythm Section / Art Pepper

左は30年前のキングレコードの日本盤、中央はアナログプロダクション盤である。
e0213363_0211536.jpg


音の傾向は Bill Evans と同じ。

音の粒が細かい。


Saxophone Colossus / Sonny Rollins Quartet
e0213363_027046.jpg


左は高校生の時買ったビクター音楽産業の日本盤。

そもそもこの録音は Doug Watkins のベースがブーミーで全体を通して重々しく、Van Gelder らしくない。

まともなオーディオほど音が太って聴こえるがお店の有線で流れているときは名演奏である。

100% Pure LP は全体を覆う重さがややすっきりする。ブーミーなベースは当然そのままだがこちらの方が

見通しはよくなる。

3枚に共通するのは①きめの細かさ、②おとなしく緊張感を強いない、③CD を SACDで聞いた時の感覚に

よく似ている。

オリジナル盤に比べて云々は言えないが、(オリジナル盤は持っていないのだ)小生は好きな音である。
[PR]

by gokurakutojigoku | 2012-12-19 01:14 | ジャズ | Comments(6)
2012年 12月 04日

Mark Levinson のSACD+LP

HALさんがレビンソンのLP情報を教えてくださったので小生も・・・・・。

RED ROSE MUSIC から出ていたハイブリッドSACD。

音はナイーブで一瞬控え目かな、と錯覚させるようなレビンソンサウンド。

確かにレビンソン本人のベースは・・・・・・・。
e0213363_23412516.jpg


裏面右上に volume one とあるがtwo は知らない。
e0213363_23432157.jpg


こちらは香港レーベルのLP+オマケCD
e0213363_032310.jpg


ナット キングコールの有名な名唱をマスターテープからダイレクトにメタルマスターを起こしたもので、

キングコールの既存のLPやCDとは別次元の音である。音質的にはAMラジオとFMラジオ位の差がある。

しかもレビンソンエッセンス満載。
e0213363_035120.jpg


香港レーベルをもう一枚。
e0213363_0124210.jpg


これもキングコール同様、完璧という言葉を使いたくなる録音。
e0213363_013964.jpg


ただしこのLPは先の火事でやられてしまい、CDだけが手元にある。

香港レーベルのレビンソン・リマスターは他にも「テレサ テン」があったと記憶している。

追記

レビンソンによる録音、リマスターや演奏が収められたソフトの情報があれば教えてください。

お待ちしています。

[PR]

by gokurakutojigoku | 2012-12-04 00:25 | ジャズ | Comments(12)