カテゴリ:ケーブル( 13 )


2016年 12月 07日

XVR1のケーブル 2

先日からエールシステムのチャンデバ XVR1 の電源ケーブルを新しい D-sub ケーブルに入れ替えました。

上下のレンジ感は広がり中域のフォーカスもしっかりした佇まいになりました。
e0213363_16292217.jpg

一寸都合があって先に中高域の左右のチャンデバのケーブルを入れ替えて(中高域は左右それぞれmono使い)

1週間後に低域のケーブルを入れ替えました。

中高域だけだと上下のバランスが若干崩れて、低域がややボケた感じに。

ケーブルを取り換える前は思わなかったのに、何とも面白いものです。
e0213363_16293428.jpg
4way の中で mid high のみ XA100.8 で他は XAのポイント5 です。

解像感や静粛さに潤いが加わりその差は「.3」どころではない大きなものを感じます。

[PR]

by gokurakutojigoku | 2016-12-07 22:06 | ケーブル | Comments(0)
2016年 11月 21日

XVR1のケーブル

先日ナゾ男さんから情報提供を頂いて手に入れたケーブルです。

XVR1の電源部とフィルターアンプ部を繋ぐもので、良質の線材を使えば音にも反映されるだろうと想像していました。

端子はコンピュータに使われるD-subという規格で、もちろんオーディオ用のハイグレードなものは存在しません。

良質な多芯構造のSPケーブルにD-subコネクターを取り付けるのが最も高音質と思われますが、適当なSPケーブルが見当たりませんでした。

今回手に入れたケーブルは信号線自体は特殊なものではありませんがシールドがしっかりしているのがミソです。

上がオリジナルのモールド加工端子。下が新しい端子です。
e0213363_00174284.jpg
フィルターアンプの背面はコネクターが少しだけ落とし込まれています。

一方、新しい端子は端子ケースの周囲が出っ張っていてこのままだとコネクターが嵌合しないので加工が必要です。

e0213363_00180185.jpg

ナゾ男さんのアドバイスを参考にコネクターケースを改造しました。

左右両端は出っ張りを完全に落とし、上下のホールドは0.3mm位残しました。
e0213363_00191248.jpg
下が改造前、上が改造後です。
e0213363_00185391.jpg
手始めにJBLシステムのXVR1に繋いでいます。

通電直後は音が硬いので暫くは静観しますが感触は良さそうです。

エールシステム用も手配したので近日中に両方の感想をレポートします。



※このケーブルの入手について

MISUMI-VONA 生産材コマースというサイトから、
高EMI対策・高密度Dsub選択可能タイプ

フードネジ ♯4−40ロングネジ
CH1 オス  
CH2 メス
芯数 25
シールド磁性箔+編組2重/各対アルミ箔
ケーブルタイプ A
指定長(m) 任意です。

注意:このサイトは個人事業主を含む法人専用となっているようです。






[PR]

by gokurakutojigoku | 2016-11-21 00:18 | ケーブル | Comments(6)
2016年 11月 02日

抗えない

またこのパターンか!? と云われること必至ですが・・・・・・・・・・・。

究極の電線を”迎え入れた満足感” と ”迎え入れてしまった衝撃”が複雑に絡み合い動悸を誘発します。

とうとう末期の電線病になったようです。
e0213363_00160191.jpg
実は以前の Odin2 試聴後、不覚にも!再度借り受けたときに「抗えない大きな何か」を感じていました。

例によってNordost のVIDARマシーンで150時間のバーンイン後、音楽信号を流しました。 

http://sinjitara.exblog.jp/22621653/

挿した位置はプリとチャンデバの間です。
e0213363_00161343.jpg
VIDARマシーンでは完全なバーンインは不可能です。

”醗酵”が終了して”熟成”の域に達するまで更に音楽信号を流して数カ月はかかるようです。

システムに挿して数日は、音はやや硬くヌケもさほど良くありません。音が”若い”のです。

2週間経ってようやくそれらしさが出てきましたが色彩感はもっと出る筈です。

日に日に音が開いていくのが分かります。

まるでワインの解説です。

チャンデバのレベルを動かそうかという衝動にかられますが暫くは我慢です。


[PR]

by gokurakutojigoku | 2016-11-02 00:27 | ケーブル | Comments(20)
2016年 07月 03日

至高の電線

ケーブルで音が変わることを初めて実感したしたのは学生の頃だったと思います。

今から思えば、当時の自分に何とか買える程度のインコネやSPケーブルを取り換えては悦に浸っていました。

とは言っても小生の中ではケーブルのポジションは調味料程度で、決して肉や魚のような

主たる食材にはなり得ませんでした。ケーブルをアンプやカートリッジと同等かそれ以上に

意識するようになったのはACデザインのケーブルを使ってからだと思います。

その後初めて SPケーブルに Nordost の FREY を奢って、小生の中でケーブルは確固たる地位を確立しました。

オーディオを趣味として楽しんで(苦しんで)いる方からするとケーブルで音が変わるのはもはや疑いのない事実ですが・・・・・、

ネットを覗いてみると「幻想だ」とか「プラシーボ効果だろ」なんていうご意見も氾濫しているようです。

過去の経験上最も正確に変化を察知するのは、思い入れの無いウチのカミさんや

全くオーディオに興味のない方々で、こちらが触れてほしくないことまで悪気のない言葉で一刀両断するので

意見を聞くときは心の準備が必要です。

オーディオケーブルは時としてアンプ以上の変化をもたらすことを何度も経験している身としては、

アンプの入れ替えか、ケーブルが先か、同じ土俵で逡巡するようになりました。



今回 Nordost ODIN 2 を幸運にも(不幸にも)聴く機会を得ましたが、

聴きたい半分、聴きたくない半分で最初に音を出すときは今までになく緊張しました。
e0213363_23340568.jpg

Valhalla 2 と並べてみると物量の違いが一目瞭然です。

2セット借り受けたので先ずはプリとチャンデバ間に挿しました。
e0213363_23332727.jpg
較べると VALHALLA 2 はかなりストレートな音造りであると気づきます。

ODIN 2 は VALHALLA 2 の精彩感の上に「豊潤」「優美」という今まで欲していた要素が音に乗ります。

特に色彩感は圧倒的で、これは初めての経験で最初は戸惑いました。

オケの弦は緩やかに消え入る最後まで色彩感を失いません。

”音に乗る”という表現は語弊があるかも知れません。圧倒的な情報量故に広大な空間再現をもたらすと理解すべきでしょう。

決して”演出”を伴うものではありません。

両者は個性の違う製品ではなくラインナップ上のグレードの違いであることを見せつけられました。
e0213363_23334329.jpg
もう一組を DAC ー プリ間にも挿しましたが更に少しだけ ODIN 2 の世界観が増強されます。

チャンデバのアッテネーターを換装してからエールシステムは全体的にやや細身にシャープになりすぎたきらいがありましたが

一本のインコネを入れ替えただけで”解決してしまった感”にため息が出ます。

JBL システムではDAC (Elgar) とプリアンプ(Levinson No.32L) の間で試してみました。オリジナル Valhalla と差し替えです。

女性ボーカルは声の年齢こそ変わりませんが、歌い手のキャリアが長くなったような潤いと趣きを感じます。


「聴いてよかった~聴かなきゃ良かった」の狭間で悶え苦しむのはいつものことですが、

ODIN 2 は価格が高額アンプ級ですから実に悩ましいことです。

南国の方から「本当に悩んでいるんだ!?」という声も聞こえて来そうですが、

「一度聴いてごらんなさい」この一言しかありません。











[PR]

by gokurakutojigoku | 2016-07-03 23:22 | ケーブル | Comments(9)
2015年 08月 19日

解禁

チャンデバ-----パワーアンプ間をVALHALLA2化したところで

数年に渡って封印してきた「エールシステムでジャズ」を解禁しました。
e0213363_00152323.jpg
レベル調整は前面のアッテネーターで容易くできますが、

クロスはその都度天板を開けてノブを差し替えなければできず、

いちいちそんなことをするのは現実的ではありません。

この辺の使いやすさはデジタルチャンデバに軍配が上がります。

クラシックでクロスを設定して、ジャズを聴くときはレベル調整だけでいこうと・・・・・。

予想はしてましたが”そうは問屋が卸さない”ようです。

黒いマーキングがクラシック、赤いマーキングがジャズです。
e0213363_00153979.jpg
エールで聴くジャズはワイドレンジで一種の凄みすら感じます。

まだ”取り敢えず”の設定ですから何とも言えませんが、

ジャズの音が”浮足立った”感じがしてしっくりきません。



[PR]

by gokurakutojigoku | 2015-08-19 00:21 | ケーブル | Comments(8)
2015年 02月 28日

電源ケーブル

現在、プリとCDプレーヤーにはPSオーディオの電源レギュレーターから電源供給していますが、
e0213363_00265378.jpg
思い立ってCDプレーヤーとの間の電源ケーブルをエソテリックの 7N-PC9100 に替えてみました。

プリはこのケーブルを以前から使っていましたがCDプレーヤーには初めてです。

そもそも電源レギュレーターでクリーンな電気を供給している訳で

屋内配線からもアイソレーションしてるのですから・・・・・。
e0213363_00270760.jpg
もうこれは言葉を失いました。

デジタルケーブル以上に魔物です。

何かを添加するのではなく、濾過するという表現がピッタリです。







[PR]

by gokurakutojigoku | 2015-02-28 00:54 | ケーブル | Comments(10)
2015年 02月 23日

デジタルケーブル

ケーブルを入れ替えて音が変わるなんてゆーのは一度や二度ではなく

音が激変して舞い上がったりへこんだり。

以前は”たかがケーブル、されどケーブル”くらいに思ってましたが

最近は”ケーブルは魔物”と心底思うようになりました。

そんな心境の中にあっても理屈的に納得出来ないのがデジタル部分のケーブルで、

0と1の信号がケーブルによって変化することはないと思うが(たぶん絶対ない!)、

マインド寺の檀家のYさんが「音は変わるよ。」とのたまうんです。

で、選んだデジタルケーブルは VALHALLA2 。

前回と同様 Nordost の barn-in machine で慣らし運転してから接続しました。
e0213363_23332859.jpg
決して激変なんていうことはないですが、

量感はわずかながら増す傾向なのにスッキリする、滲みがないというか・・・。

頭にバイアス掛っている可能性大なので後日差し替えて比べてみます。
e0213363_23492786.jpg
今まで使っていたケーブルは約10年前のdCSの純正ですが、逆にレベルの高さを認識しました。
e0213363_00042008.jpg
・・・・・・・・・・コンピューターの技術屋さんはどう思うんだろう?





[PR]

by gokurakutojigoku | 2015-02-23 00:24 | ケーブル | Comments(14)
2014年 12月 10日

さらに醗酵するのか

JBL に使用中の NORDOST TYR は導入して2年半経つので”醗酵”は終わっているハズである。

これを burn-in machine でさらに醗酵を進められるのか?
e0213363_23340717.jpg
結果

大きな変化ではないが変わる・・・・・と思う。
e0213363_21515410.jpg
音の滲みがなくなったような、カメラの表現で言うと「色収差」が消えて見通しが良くなったような、

それこそ自分にバイアスが掛っているのかと思って色々聴いてみたが

一番感じたのはピアノの後ろの背景が?あるというか、情報量が増えた時と似ているがそれとは違うような。

こうやって聴きながら文章書いていてよく解らなくなってきたりして・・・。

まあ、その程度の変化です。

[PR]

by gokurakutojigoku | 2014-12-10 00:02 | ケーブル | Comments(8)
2014年 12月 06日

Burn-in 後

それで、・・・・・


Mid low
mid highに導入したvalhala2


すべてのケーブルを6日間
burn-in した。


その結果です。

e0213363_23335438.jpg
かなりいい方向に変化したが、こんな時は浮足立っているので


ファーストインプレッションのみ。


新品ケーブル特有のバリが立った汚さがない。----- とりあえずこのマシーンは効果あり。


音量を上げてもうるさくない。------------------- これが一番驚いた。


明らかにヌケが良く、見通しがいい。


中高域はシャープに感じるが不快じゃない。------- 今まで経験したシャープネスの向上とは少し違う感じ。


全体のバランスが崩れた。----------------------- ので
mid low mid high のレベルを変えた。


このまま一週間位聴いてみよう。


このマシーンは burn in の終わったはずのケーブルも更に変化するのか興味があるので


JBLに使っている FREY も現在処理中。


e0213363_23340717.jpg






[PR]

by gokurakutojigoku | 2014-12-06 23:46 | ケーブル | Comments(6)
2014年 12月 04日

Burn-in machine

新たに VALHALA2 を2組導入した。

聴くに堪えない新品ケーブルの音を1カ月も聴くのはご免である。

という訳で、Nordost の Burn-in machine を貸してもらった。
e0213363_22395547.jpg
端子にケーブルを接続して4日~6日間信号を流すだけ。
e0213363_22400824.jpg
この際だからエールに使っている全ケーブルを”醗酵”させている。

さて、どれくらいまろやかな酒ができるか!?



[PR]

by gokurakutojigoku | 2014-12-04 00:03 | ケーブル | Comments(16)