信心過ぎて極楽通りこす

sinjitara.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:訪問記( 18 )


2017年 05月 30日

10年以上前に札幌で偶然手に入れた丸尾焼。

この焼き物が好きになって当時調べたら、熊本の天草地方。

なかなか縁遠いなぁと諦めていた。

直前に海の別荘からそう遠くないことを知ってwooさんにリクエスト。
e0213363_00060149.jpg
旧友に再会したような気分だ。
e0213363_00061653.jpg



続いて案内されたのは、マニアックな「蔵々窯」(ぞぞがま)

wooさんご自身はこの窯好きだけど、我々をここに連れて行くか迷ったそう。

wooさん、完璧です。この窯訪問のために天草に来てもいいくらい。

途中で不安になるくらいの林道を走って辿り着いた。
e0213363_00065050.jpg
ファンになりました。

e0213363_00063547.jpg
e0213363_00073872.jpg
ぜひまた来ます。

[PR]

by gokurakutojigoku | 2017-05-30 22:55 | 訪問記 | Comments(2)
2017年 05月 28日

美味しい阿蘇

wooさんご夫婦にいろいろ連れて行って頂き、その先々で旨いもん三昧でした。

その1 お寿司
e0213363_23084594.jpg
皿の中で泳ぐ小さな烏賊が・・・
e0213363_23061355.jpg
握りになって現れた。
e0213363_23063439.jpg
北海道ではお目にかかれないネタが楽しい。
e0213363_23090500.jpg

その2 奥様手料理

馬刺しをメインに。

〆に食べた冷やしうどんがお店のような美味しさで感激。いやしさ勝って写真撮り忘れました。
e0213363_23104707.jpg

その3 地鶏
e0213363_23112689.jpg
凄い煙の店内が食欲をそそる。
e0213363_23114674.jpg
炭火で食べる地鶏は歯ごたえがあり味が濃い。

本来の鶏肉の美味しさを満喫。
e0213363_23121243.jpg



本当にご馳走さまでした。

[PR]

by gokurakutojigoku | 2017-05-28 23:48 | 訪問記 | Comments(2)
2017年 05月 22日

Smokin’

南阿蘇のご自宅は広大な敷地の中にひっそりと建っている。
e0213363_23060559.jpg
振り返ると半分以上地中に埋まった建物が・・・・・。

しかも屋根は草叢。

入口の前にはピザ窯。

あやしい・・・。
e0213363_22382140.jpg
e0213363_22404987.jpg



wooさんと小生、

生まれも育ちも違う二人が同じ音を目標にシステムを組んだらどうなるか。

お互い相手のブログを眺めつつ「この人、自分に近い!」と思った時が事の始まり。

更に深く相手を知りたいと考えるのは自然の成り行きである。

全く違う世界を覗くワクワク感は言うまでもないが、

対して、同じ志の者が違う環境でどのようなアプローチで仕掛けていくのか、興味は尽きない。

一番判らないのは自分自身の事。一種の”自分探し”なのかもしれない。




VITAVOX が鳴り始めて”やっぱり”と思った。

ベクトルが小生と同じ方向なのだ。
e0213363_23151299.jpg
心に染み入る女性ボーカルが堪らない。

ナローで豊潤で25年物スコッチのシングルカスクのように”琥珀”の味わいである。

高域にタンノイのツイーターを添えているのは氏の見識である。

仕事が終わって心地よい疲労感の中、ゆったりと音楽に身を委ねたい。そんな時にこそ聴きたい音なのだ。

このスピーカーを鳴らすアンプは紆余曲折の末辿り着いたというUnison Research S8 。

今は亡き親友から譲り受けたこのアンプは彼の唯一の形見になってしまったそうだ。

この音はS8でしか出ないと仰る。いや、亡き親友が寄り添った音なのかもしれない。
e0213363_23170133.jpg


もう一組のスピーカーはAvantgarde Trio 。
e0213363_23154132.jpg
ダイレクトラジエーターが当たり前の現代において貴重なホーンスピーカーの雄。
e0213363_23160708.jpg
このワイドレンジなスピーカーを鳴らすパワーアンプはNAGRA VPA 。

Unison Research S8 と共に同じ高圧送信管845を使ったVPA を選択したのは偶然なのだろうか。

それとも惹かれる音に正直に従った必然なのだろうか。

そしてまたしても”やっぱり”である。

ワイドレンジだが「ドンシャリ」でない。

高域は素直に伸び、低域は過度に膨らむことはない。

小生がAvantgarde に抱くシャープなイメージは踏襲しながら全体域にわたってかなりフラットな感触。

定位感も理想的で惚れ惚れする。

ボーカルの口元がやや大きくなるのは拙宅のエールシステムと同じ。

口径の大きなホーンの宿命か。


e0213363_23163361.jpg
送り出しの器機は小生と嗜好が良く似ている。

Thorens Reference と EMT JPA66 の組み合わせは我々の御神体である。
e0213363_23180219.jpg
イギリスのアンティーク家具でまとめられた室内は実に居心地がよく、ハイランドウイスキーを舐めながらシガーを燻らす。

イギリス製のVITAVOX はそこに溶け込むように鎮座し琥珀色の音を奏でる。

ご本人はビジュアル優先とのたまうが、ビジュアル無視、性能優先の方々が聴いたらどう思うだろう。
e0213363_23183144.jpg
実はここまで追い込んだ情熱にこうべを垂れると共に、内心素直に驚きました。

そういう意味では想定外でした。












[PR]

by gokurakutojigoku | 2017-05-22 23:45 | 訪問記 | Comments(21)
2017年 05月 21日

春の天草

気持ちいいです。

もはや初夏の佇まいすら感じる九州天草。

陽射しは強いが頬を撫でる風は爽やかで、

ここに別荘なんて持てたら、と思うのは贅沢でしょうか。

その贅沢を実行するwooさんとは旧知の仲。ただしブログを通しての話です。

今日初めて会ったとは思えない不思議な感覚で会話が進んでいきます。

時間が経つにつれバーチャルなwooさんからリアルなwooさんに頭の中の認識が入れ替わっていきます。

先日完成したばかりの別荘は細部までよく作り込んであります。

至る所にセンスの良さが光ります。
e0213363_23551445.jpg
e0213363_23562858.jpg
e0213363_23560246.jpg
e0213363_23565250.jpg
夕食は地元のオーベルジュ「天空の船」

夕日が自慢の絶景ホテル&レストラン。

おいしかったー。
e0213363_23173601.jpg
e0213363_23162476.jpg
e0213363_23165869.jpg
一夜明けてwooさんの奥さん手製の朝食が!

朝から申し訳ないと思いつつ、その美味しさに感激しました。

しかもwooさん焙煎のコーヒーが小生の好みにドンピシャリ。

いや、この味は誰が飲んでも美味しいはずです。

実は小生、コーヒーにはうるさいんです。
e0213363_23584923.jpg
”やっぱり”思った通りです。

このご夫婦只者ではない。





・・・・・つづく

[PR]

by gokurakutojigoku | 2017-05-21 00:09 | 訪問記 | Comments(2)
2017年 02月 13日

Precision Sound

MAGICO Q3 + Jeff Rowland と聞いて小生が思い浮かべる言葉は、繊細、精密、精緻。

システムの概要を伺った時はそう思いました。
e0213363_23195081.jpg

札幌市在住のA氏宅に足を運び実際に聴かせて頂くと想像していた通りの”迷いのない”ストレートな音でした。

そして時間が経つにつれて感じたのはほんのりとした優しさ、温かさ。

非常に緻密な骨格の中に”人肌に温めた銀の延べ板”のような柔らかさがあって冷たさや鋭さを感じないナイーブな温度感があります。

”Jeff Rowland は静かなアンプ” という印象が強いのですがまさにその通りで、

お聴かせいただいた間残留ノイズを全く意識しなかったのは凄い事だと思います。

滑らかさや柔らかい暖かさはこのアンプの高S/Nに支えられているのでしょう。

CDは Esoteric G-0Rb で同期させた dCS Scarlatti 。
e0213363_23192251.jpg

Jeff のプリ CORUS の下に置かれた別売り強化電源 PSU に変えてからさらに魅力が増したとのこと。

メインラックとパワーアンプの Jeff Model825 のベースラックは Zoethecus 。

CD と プリは更にオーディオボードでインシュレーションするという徹底ぶりです。
e0213363_23201219.jpg
e0213363_23211470.jpg
e0213363_23215310.jpg

インコネやSPケーブルはValhalla2 で統一。さらにケーブルインシュレーターで制振する念の入れよう。
e0213363_23221615.jpg

電源はPSオーディオと HYDRA と言う名前の電源フィルターで浄化して、さらにEsotericのケーブルを使うという徹底ぶり
e0213363_23203858.jpg

最高の食材を最高のスパイスで仕上げたシンプルな料理の如く、

素材の旨みを最大限引き出した最も贅沢な料理を堪能させて頂きました。

クラシックは濁りの全くない澄んだ空気のホールに弦やホルンが響き渡ります。

木管楽器のメタルのキーがパタパタと閉じる音が本来あるべき距離から聴こえてきます。

クラシックが、音決めのメインソースであるシステムですが、小生としてはジャズに心奪われました。

軽量FR2シーターのようなクイックなハンドリングを想わせる反応の良さがジャズを引き立てます。

ステレオサウンド企画の Rosemary Clooney はこれぞハイレゾと思わせる外連味の無いストレートな美しさ。

SACD盤 Bill Evans の Waltz for Debby は小生にとって過去最高の音質で呆気にとられてしまいました。
e0213363_23213537.jpg

シャープでありながら鋭さを感じない、細身にならない、血の通った音。

類似のシステムを鳴らす者にとってお手本であり、目標になりうる素晴らしい世界を知らされました。
e0213363_00104019.jpg

[PR]

by gokurakutojigoku | 2017-02-13 13:46 | 訪問記 | Comments(2)
2016年 08月 07日

コーナーヨーク

以前紹介したハーツフィールド使いのT中さん。

紆余曲折の末辿り着いたのはタンノイ コーナーヨーク。
e0213363_23001532.jpg
モニターレッドを包み込む箱は実に美しいミントコンディションです。

これ以上の個体は二度とお目にかかれないであろう一期一会の世界です。

このスピーカーをドライブするアンプは従来通りマランツ7&8。

「デッドストックを見つけた」と言われたら疑いを持たないくらいの完品です。
e0213363_22593950.jpg
e0213363_23003388.jpg

オリジナルや良質のセカンドスタンパーのジャズをこよなく愛するが故に

アナログプレーヤーにも鉄心石腸をもって信念を貫きます。

以前からお使いのトーレンス TD-124は今も新品同様の美しさです。
e0213363_22592463.jpg
そして今回初めて拝ませて頂いたフランス製プエールクレマンのプレーヤーとモノカートリッジ。
e0213363_22590543.jpg
その音像は程よく引き締まっており、良き時代のジャズをある種の緊張感を持って鳴らしてくれました。

ある意味SPUと対極の音ですがモノラル録音がこれ程輝いて聴けるとは大きな驚きでした。

e0213363_22595915.jpg
大変程度のいいアナログレコードを厳選して収集していますが、その内容はジャズファンなら何時も聴きたいと思うものばかりです。


e0213363_23010109.jpg

富良野の農村地帯は早くも収穫の季節になってきました。

ふらのマルシェでは野菜はもちろん、メロンやスイカが大量に売られていました。

雄大な自然と美味しい農産物、そして都会ではありえないクリーンな電源環境に舌鼓を打ってしまいました。

T中さん、せっかくの休日に時間を空けていただきありがとうございました。



[PR]

by gokurakutojigoku | 2016-08-07 00:14 | 訪問記 | Comments(6)
2015年 10月 25日

マグネットマジック

雪まじりの荒天の中御来道された四匹の侍達と北の達人邸を訪問しました。
e0213363_20393882.jpg
向かって左端のS藤さん以外はこの装置初接見です。

S藤さんはご自分のシステムのお手本としてのこの装置の細部に目を凝らします。

中央左手のY山さんは、豊かな音楽を再現する手段としてのオーディオに耳を傾けます。

中央右手のじゃじゃおさんは歩く測定器です。

右手のT中さんは出音と装置の論理的摺合せに没頭します。

右端の北の達人さんは余裕の表情で侍達の斬鉄剣を受け止めます。
e0213363_20391596.jpg
今回の見どころは2つ、

highとmid highのドライバーがより大きなマグネットに換装されたこと、
e0213363_20402086.jpg
e0213363_20405274.jpg
そしてプリやCD等の送り出し機器をチャンデバ・パワーアンプゾーンに移動させ、チャンデバとのバランスラインの短縮を図ったことです。
e0213363_20395825.jpg
以前に比べ明らかに力強さとヌケの良さを実感しました。

やや大きめだった音像もタイトになってフォーカスがよりシャープになったと思います。

マグネットとケーブルの長さが変わっただけで起きた変化量にオーディオの奥深さを感じました。

同時にクロスの再設定等は行っていますが、能率や音圧が変われば全体のバランスも変わってしまうのでこれはmustなのです。

山登りは頂上直下が一番苦しいものですが、山頂が視野に入ってきた北の達人さんに助けられて

小生も力を振り絞って頂上を目指したいものです。

同じエール使いとして。



[PR]

by gokurakutojigoku | 2015-10-25 22:30 | 訪問記 | Comments(4)
2015年 08月 01日

Autograph

以前より一度聴いてみたいという願いが叶い、札幌市内のタンノイのあるお部屋を訪問しました。


「豊かな木質の響きが部屋いっぱいに充満する。」

このスピーカーに抱いてきたイメージです。
e0213363_23395143.jpg
マッキントッシュとの組み合わせは更にこのイメージを増強します。

スピーカーの前に並べられた箱はすべてクラシックのオリジナル盤で

ソフトの収納部屋に収まりきれないコレクションです。

今日は氏のオリジナル盤コレクションを、憧れのAutographの音で思う存分聴かせて頂きました。
e0213363_23400721.jpg

驚きました。

シャープです。

きりっとした緊張感さえ思わせる明晰な音です。

Autographをよく知る者ほど感嘆の声をあげることでしょう。

e0213363_23413727.jpg
マニア的常識を排除して冷静になって聴き込んでいくと・・・、当然ですが土台はAutographです。

透明感、精彩感、緊張感とAutographの豊潤な響きが違和感なく溶け合っている未体験の音です。

ウォームな感触でもなく、煌びやかでもなく、化粧を落としたらオーガニックな美人だった・・・?みたいなところがあって、

弦が弦らしく、ピアノはピアノらしく在るがままに・・・・・

しかし箱の無いストレートな音とは違う何か有機的な色彩感が、「あぁ、タンノイを聴いているのだ!」と我に返るのです。

氏はクラシックファンですがジャズにも造詣が深く、このAutographで聴くジャズにはたまげました。

ベースのピチカートは切れ込みがよく、過不足なく制御されたブラスのメタリックな光沢感に痺れました。

拙宅のJBLシステムよりよっぽどジャズらしいです。

ベースのランニングはこちらが思わず走り出したくなるようなリズム感です。
e0213363_23403676.jpg
Autographの上にはエールの1750DEPBeが比較的低いクロスから添えられていてこれが全体の方向性を決定づけているのでしょう。

Autographとは思えない情報量はVALHALLAのSPケーブル、VALHALLA2のフォノケーブルが担保していてます。

e0213363_23412061.jpg
e0213363_23423350.jpg
EMT JPA66を最大限生かすべく最近購入されたカートリッジEMT JSD P6.0、ターンテーブルSpiral groove、トーンアームAxiom

以前使っていたノッティンガムのアナログプレーヤーより切れ味が増したそうです。
e0213363_23405249.jpg
氏の音楽ライフを支えるソフト群です。

アナログは殆どがオリジナル盤。アナログで入手できない新しい録音はCDで蒐集です。

この部屋のソフトはごく一部で、ほかの部屋にも膨大な量があるそうです。
e0213363_23415890.jpg
貴重なオリジナル盤をベストコンディションで聴くためにこのハンルのレコードクリーナーは必須であると仰ってました。
e0213363_23424961.jpg
録音や盤質を吟味して蓄えられたオリジナル盤から、その時代の空気を再現する。

遺跡から出土した種を現代のプランターで発芽させ開花させるが如く・・・・・。

そんな覚悟にも似た気迫に満ちた音に脱帽です。







[PR]

by gokurakutojigoku | 2015-08-01 01:29 | 訪問記 | Comments(2)
2015年 07月 09日

宇宙旅行

2回目の宇宙旅行です。

これは紛れもなく宇宙船です。

                                                 宇宙船を操縦する宇宙人
e0213363_22172157.jpg
音楽を聴くお部屋をこんなムラサキに染めるなんて誰が考えるでしょうか。

「2001年宇宙の旅」のスタンリー・キューブリックだって思いつかなかったでしょう。

敢えて言えば、デビッド・リンチの「砂の惑星」のテイストかもしれません。
e0213363_22180922.jpg
HAL9000コンピューターも当初は混乱したようですが・・・・・。

                                放心状態のHAL9000と、さらに混乱させようと奥で装置をイジル宇宙人
e0213363_22174104.jpg

徐々に分析を始めます。

そして分析に必要なデーターを取得するために宇宙人に探りを入れます。

                                                 大まかな分析を終え我に返るHAL9000
e0213363_22175433.jpg
分析結果はこちらで → http://hal4550.exblog.jp/

今回の新しい秘密兵器がコレです。
e0213363_22192176.jpg
公共施設等で壁に貼って使っていたフルレンジ平面ユニットとのことです。

”普通”のオーディオファンは絶対に使わないものに可能性を見出すところが”地球人”ではありません。

なるほど、このユニットをoffにしてみるとその効果がよくわかります。

そもそも信じられないのが、このシステムは1か月程前にガラガラポンして完成したのが訪問日の午前中です。

それなのに恐ろしいまでの完成度!

4時間近く宇宙飛行しましたが全く聴き疲れしないまとまりの良さは地球人の技ではないと確信しました。


宇宙船の秘密を知った我々は最後にレーザー兵器で抹殺されました。
e0213363_22185335.jpg

夜はリベロ氏の秘密基地「三ツ石」で究極の料理を堪能しました。
e0213363_22194713.jpg
e0213363_22201154.jpg
以前来た時も料理の素晴らしさに感心しましたが、板前さんの腕は更に進化していました。












[PR]

by gokurakutojigoku | 2015-07-09 00:02 | 訪問記 | Comments(6)
2015年 02月 15日

ブライトサイドへようこそ

いつかは訪れたいお部屋のひとつ。

チャンスは突然やってきた。

壁一面スピーカーで埋め尽くされたその威容はまさにモノリスである。

10年でこの音まで上り詰めた。驚異的スピードである。
e0213363_22365293.jpg

エレボイの30wスーパーウーファーに圧倒される。
e0213363_22383168.jpg

前座に聴かせて頂いたスターウォーズのテーマ曲で小生は撃沈された。

しっかりとしたベースの上にブリリアントな金管楽器が冴えわたる。

このスターウォーズは唯一無二、絶対に他では聴けない。

本当に凄い。

これ以上何を望むのか!?


ヨハネスさんはクラシックファンである。

低域から高域まで過不足ないバランスのとれた Mahler Symphonie No.5 に沈黙。

Sibelius の Simphonie は禁欲的とも思える抑制が小生を魅了する。

これ以上何を望むのか!?

e0213363_22545052.jpg
STUDER のCDプレーヤーから送り出される音楽はアッテネーターを経由して

ADC, DAC で処理されパワーアンプへと導かれる。
e0213363_22372434.jpg
e0213363_22375349.jpg
スーパーウーファー4発となれば、小生ならもっと低域をドーンと出したくなる誘惑に駆られるところだが

抑制の効いたレベルコントロールは、いつまでも聴いていたくなる旨味となる。

大人の見識である。
e0213363_23465403.jpg
続いてジャズも聴かせていただいた。

ショックだった。

クラシック中心に音合わせをしているシステムとは思えない鳴りっぷり。

拙宅のエールシステムでジャズなんてとても聴けたものじゃない。

これ以上何を望むのか!?


今日の最大の収穫は「バランス」である。

そうだ!拙宅のシステムはウーファーを開けすぎなんだ。だからバランスを出すためにmid high と high を開ける。結果、弦がきつくなる。

オーディオの一番大切な要素を再認識させて頂いた。

ヨハネスさん、HALさん、小生、お互いひとの事をビョーキだと罵り合う。

同行したカミさんが憐みの眼差しを送っていた。



魯迅曰く、”自己満足しない人間の多くは、永遠に前進し、永遠に希望を持つ。”

ヨハネスさんはそんな人なんだと思う。

ヨハネスさんのブログはいつも露出を押さえているので、適正露出で写しました。

ブライトサイドへようこそ!





















[PR]

by gokurakutojigoku | 2015-02-15 22:31 | 訪問記 | Comments(2)