信心過ぎて極楽通りこす

sinjitara.exblog.jp
ブログトップ

2013年 01月 11日 ( 1 )


2013年 01月 11日

二兎を追う者は一兎をも得ず

クラッシックが少しずつ鳴ってきた。

元々ショボイ音だったのでマシになったと言うべきか?

位相やレベルを詰めた効果が出てきたと言えばかっこいいが・・・・・。

昔から云われることだが、スピーカーは楽器なのかもしれない。

エールシステムでジャズを聴くのをやめて2か月半。

クラッシックを鳴らすことで明らかにクラッシック用の「楽器」にエージングされてきた。

オケの空間表現らしきものが出来るようになってきた。
e0213363_2255850.jpg

で・・・、

よせばいいのに怖いもの見たさでカウントベイシーをかけてみる。

だって、同じ「オーケストラ」だから。

うっ!

酷い。

トランペットは遥か彼方で、

ドラムスは体調悪そうに、

ベイシーの弾くピアノは毛布で包まれている。

これがクラッシックが鳴るスピーカーの勲章なのか。
[PR]

by gokurakutojigoku | 2013-01-11 23:22 | スピーカー | Comments(3)