信心過ぎて極楽通りこす

sinjitara.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 26日

EAR 912

数年前から気になっていましたが、機会がなくて現物を見たこともありませんでした。

何か色気のあるフォノアンプがないかと探していて目に留まったのがEAR 88PBでしたが、

現状の Mark Levinson No.32L の選手交代も考えるようになり、88PB が内蔵されたプリアンプ EAR 912 に興味が惹かれました。

試聴機を借りることが出来たのでじっくり聴いてみます。


                                            EAR 88PB の写真は代理店HPから拝借
e0213363_23005643.jpg
e0213363_23011862.jpg
e0213363_23013493.jpg
非常に魅力ある音です。エモーショナルという言葉がぴったりです。

音が前に出てエネルギーとエッジがあります。

生きたジャズが眼前に広がります。

最新のトランジスターアンプの洗練された音もいいですが、ECC88を使った、球のどこか人間味のある温度感がたまりません。

肝心のフォノステージも全く同じ印象で、響きが厚くそれでいて大味にはなりません。

入力インピーダンスも3Ω~40Ωで SPU 使いの小生には打って付けです。
e0213363_23015189.jpg
新しい機器の試聴では音を分析的に聴いてしまいますが、今回は殆どのソフトを最後まで楽しみました。

試しにエールシステムを AER 912 で鳴らしてみます。

Ayre KX-R Twenty の躍動感や陰影感にアナログ調の肉厚な音の粘りを加えたようなクラシックになりました。

どちらがいいと言うことではなく、甲乙つけがたい、気分で鳴らし分けたら・・・という気持ちです。




試聴機を返却して 元にに戻すと今更ながらNo.32Lの素性を知ることになりました。

発売当時”黒子のアンプ”と評された音はやっぱり大人しい。

ジャズクラブのライブ感というよりは弦楽四重奏的上品さになってしまいます。

さて、この魅力に抗うことができるのか・・・・・・・本当に悩ましいです。














[PR]

by gokurakutojigoku | 2017-09-26 22:12 | アンプ | Comments(10)
Commented by woo at 2017-09-26 22:41 x
常に僕の気になってる機器をピックアップするんだなぁ😅

顔も悪くないし、音もやはり評判通りですか^^;;

家のオーディオ担当はアフターが心配だからとヨシノの
製品は薦めないんで聴いた事はないんですが気になる(笑)
Commented by gokurakutojigoku at 2017-09-26 23:38
wooさん、このアンプ、wooさんが興味を持つと思ってました。
バイタボックスは鳴るでしょうねー。本当にジャズが楽しく鳴ります。
ヨシノトレーディングは普通の輸入代理店とは違って、パラビッチーニの日本人奥様「よしのさん」から名前をとった会社。
言わば、EARの日本法人的位置づけのようです。なので、そうおかしなことは無いと踏んでいるのですが。
Commented by sankanchi at 2017-09-27 09:36
おはようございます。
EARはプリで、ノッティンガムのプレイヤーは都合5台とハインツ&カンパニー時代からお世話になっています。
旧代理店時代は、ご案内の様に修理(補修部品)等の対応が大層手際が悪く、また横柄な態度でした。(特に、若い兄ちゃん、社長の大石さんは、割と話が通じたが、)
ノッティンガムのプレイヤーはお気に入りで、小生宅に遊びに見える友人等も音を聴いて気に入り、何人か導入していますが、プレイヤーの丸ベルトの交換(ゴムなので定期的に必要)等での対応で、先ずこの兄ちゃんの洗礼を受けておりました。
彼は販売店の受けも良くなかったと記憶しております。
その後(2011年始め頃倒産?)、補修部品やアームの追加等で吉野さんにお世話になっていますが、今のところ、特に不満はありません。対応も通常の代理店と同じだと思いますので、心配はないと思います。
 「この魅力に抗うことができるのか」
無理に抵抗しなくてもよいのでは? 素直に順われたらと思います。
(失礼、人ごとなので余裕をかましています。)
Commented by gokurakutojigoku at 2017-09-27 10:14
sankanchiさん、仰る通りです。旧代理店は「売ったら売りっぱなし」状態で販売店の方は不満を漏らしていたようです。今回の試聴機貸出の対応も丁寧だったようです。
小生もノッティンガムのプレイヤーを使っていますが、一度もベルトの交換をしたことがないのでするべきですね。
素直に順いたいのですが価格が素直になれないという事情がありまして・・・・・(汗)
Commented by じゃじゃお at 2017-09-27 22:02 x
かっこいいですね。EARはダイナミックオーディオ東さんも愛用してますが.サウンドは品格あるイロケ。エモーショナルですね。
Commented by gokurakutojigoku at 2017-09-27 22:50
ジャジャオさん、エネルギッシュな色気にやられました。
そうですか、東さんもご愛用ですか。うれしい気持ちになりました。
Commented by S藤 at 2017-09-28 12:57 x
912は先日、中野のY田さん宅でのメーカー持込み試聴会でじっくり聞くチャンスがありましたが、太く、深い立体感のある音で感動いたしました。真空管の底力ですかねぇ?パラヴィチーニすげぇです。
特にフォノが優秀でアナログレコード聴くならばコレっきゃない!という感じです。
Commented by gokurakutojigoku at 2017-09-28 17:26
S藤さん、「太く、深い立体感のある音」その通りです。
確かにこのフォノは味があって惚れ込んだのですが、
実はEMT JPS66フォノをこのプリを通した音が真打でした。
Commented by ヒデ at 2017-09-30 22:05 x
信者さん
912いちゃいましたか!!

以前パラビチィーニ氏と話たことがありましたが・・・気さくでウイットに富んだ話しでした。

日本通ですね・・・ラックスでアンプ作りしてましたしね・・・
夫婦揃ってお腹は太鼓腹・・・!!

明日ヨシノのブースに行って来ます。
Commented by gokurakutojigoku at 2017-09-30 22:29
ヒデさん、聴いちゃうとダメですね。これは唯一無二の世界。パラビッチーニにドヤ顔されました。
オーディオショウ楽しんできてくださいね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< オリジナル盤      近郊の農村で遊ぶ >>