信心過ぎて極楽通りこす

sinjitara.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 28日

低域の量感

二か月前にエールのウーファーのパワーアンプを XA200.5 から XA160.8 に入れ替えた。

機種としてはグレードダウンだが肝心の音はどうだろうか。
e0213363_11200207.jpg

以前チャンデバのアッテネータを換装してから全体の音質は飛躍的に向上した。

ただし低域は締まり過ぎてもう少し量感があってもいいと思っていたが、

Mid Low に続き Low のパワーアンプを変えてその不満は吹き飛んでしまった。

今までウーファーのレベル調整はmaxで聴いていたが、

XA160.8 は低域の量感が豊かなので少し絞って聴いている。

Nordost ODIN2 の情報量と色彩感がパワーアンプによって更に増強されるような、

濃いスープの中を泳いでいる感じがあって多少戸惑っている。

これまで量感が出るように調整してきたので当然といえば当然なのだが・・・・・。

願わくばもう少しすっきりした佇まいであってほしいが

聞き慣れてくるとタイトな低域には戻れない独特の魅力がある。

クロスの変更もやってみたが上でも下でも明らかに質が低下する。

刺客の”くまモン”を迎えるにあたり悩みは尽きない。




[PR]

by gokurakutojigoku | 2017-06-28 00:20 | アンプ | Comments(4)
Commented by woo at 2017-06-28 00:57 x
場所が何処であれパワーアンプのダウンサイジングには
結構勇気が要るんですが、それも微妙な差なら尚更…

ケーブルとのマッチングも大きいのかなぁ^^

僕の場合はアバンギャルドのパワーをクレルのMONO
(250W/chだったか?)から高々50W/chのナグラVPA
に変えたけど、曾ての低能率SP(86〜88dB)から
106+dBの高能率SPに変わったからであって意味合い
が全く異なる話だから…

まだ聴いた事の無い信者さんの「音」は僕の脳内では
既に再現されてて、シングルモルトな音なんだろうな
なんて勝手に想像してるワケです(笑)
Commented by sankanchi at 2017-06-28 09:32
おはようございます。
「これまで量感が出るように調整してきたので当然といえば当然なのだが・・・・・。
願わくばもう少しすっきりした佇まいであってほしいが
聞き慣れてくるとタイトな低域には戻れない独特の魅力がある。」
 なんかなあー、小生が今一番感じていることです。
大兄はアンプを、小生はスピーカーを換えて、苦闘(それも楽しみの内)しています。
チューンナップの醍醐味を味わいながら、思いアンプを抱えて、頑張っています。
何箱目になるか分からない程、フェイタスにお世話になりながら・・・。
Commented by gokurakutojigoku at 2017-06-28 12:41
wooさん、そもそも小生は「あっさり好き」なのでこれくらいの量感は普通なのかもしれないです。
160.8 と 200.8 の差ってパワー以外の差があるのか無いのかよくわからないですね〜。
一般論としてどうなんでしょう?代理店はどんな感触を持っているのかなぁ。
「.5」と「.8」の差は”別物的な差”なのでグレードの差は感知不能です。
暫く聴き込んでみないとわかりませんが将来Highを100.8に入れ替えるか、
Lowに200.8を入れて上の帯域は順繰り移動して100.5を押し出すか・・・・・、
現在の財政からするとあまり考えたくないです(笑)
Commented by gokurakutojigoku at 2017-06-28 12:50
sankanchiさん、そうなんですよねー。無い物ねだりになっちゃう。
キリがないからこの辺でいいやー!みたいな。でも我慢できずにチョコチョコ・・・。
アンプやSPの移動気をつけてくださいね。腰、肩、そして指を潰す、なんてシャレになりません。
以前CDプレーヤーで軽いギックリをやりました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 酒と飯の日々      窯 >>