信心過ぎて極楽通りこす

sinjitara.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 22日

Smokin’

南阿蘇のご自宅は広大な敷地の中にひっそりと建っている。
e0213363_23060559.jpg
振り返ると半分以上地中に埋まった建物が・・・・・。

しかも屋根は草叢。

入口の前にはピザ窯。

あやしい・・・。
e0213363_22382140.jpg
e0213363_22404987.jpg



wooさんと小生、

生まれも育ちも違う二人が同じ音を目標にシステムを組んだらどうなるか。

お互い相手のブログを眺めつつ「この人、自分に近い!」と思った時が事の始まり。

更に深く相手を知りたいと考えるのは自然の成り行きである。

全く違う世界を覗くワクワク感は言うまでもないが、

対して、同じ志の者が違う環境でどのようなアプローチで仕掛けていくのか、興味は尽きない。

一番判らないのは自分自身の事。一種の”自分探し”なのかもしれない。




VITAVOX が鳴り始めて”やっぱり”と思った。

ベクトルが小生と同じ方向なのだ。
e0213363_23151299.jpg
心に染み入る女性ボーカルが堪らない。

ナローで豊潤で25年物スコッチのシングルカスクのように”琥珀”の味わいである。

高域にタンノイのツイーターを添えているのは氏の見識である。

仕事が終わって心地よい疲労感の中、ゆったりと音楽に身を委ねたい。そんな時にこそ聴きたい音なのだ。

このスピーカーを鳴らすアンプは紆余曲折の末辿り着いたというUnison Research S8 。

今は亡き親友から譲り受けたこのアンプは彼の唯一の形見になってしまったそうだ。

この音はS8でしか出ないと仰る。いや、亡き親友が寄り添った音なのかもしれない。
e0213363_23170133.jpg


もう一組のスピーカーはAvantgarde Trio 。
e0213363_23154132.jpg
ダイレクトラジエーターが当たり前の現代において貴重なホーンスピーカーの雄。
e0213363_23160708.jpg
このワイドレンジなスピーカーを鳴らすパワーアンプはNAGRA VPA 。

Unison Research S8 と共に同じ高圧送信管845を使ったVPA を選択したのは偶然なのだろうか。

それとも惹かれる音に正直に従った必然なのだろうか。

そしてまたしても”やっぱり”である。

ワイドレンジだが「ドンシャリ」でない。

高域は素直に伸び、低域は過度に膨らむことはない。

小生がAvantgarde に抱くシャープなイメージは踏襲しながら全体域にわたってかなりフラットな感触。

定位感も理想的で惚れ惚れする。

ボーカルの口元がやや大きくなるのは拙宅のエールシステムと同じ。

口径の大きなホーンの宿命か。


e0213363_23163361.jpg
送り出しの器機は小生と嗜好が良く似ている。

Thorens Reference と EMT JPA66 の組み合わせは我々の御神体である。
e0213363_23180219.jpg
イギリスのアンティーク家具でまとめられた室内は実に居心地がよく、ハイランドウイスキーを舐めながらシガーを燻らす。

イギリス製のVITAVOX はそこに溶け込むように鎮座し琥珀色の音を奏でる。

ご本人はビジュアル優先とのたまうが、ビジュアル無視、性能優先の方々が聴いたらどう思うだろう。
e0213363_23183144.jpg
実はここまで追い込んだ情熱にこうべを垂れると共に、内心素直に驚きました。

そういう意味では想定外でした。












[PR]

by gokurakutojigoku | 2017-05-22 23:45 | 訪問記 | Comments(21)
Commented by woo at 2017-05-23 01:53 x
信者さん、過分なお言葉を戴き恐縮です^^;;

そしてiPhoneでは逆立ちしても撮れない写真の数々
実態以上に雰囲気が出ててそれもまた感謝です👍

今回は珍しく事前に一応チェック/修正を入れたのが
幸いした様で、大甘に聴いて頂いたのは承知の上でも
首が胴体から離れずに済んだのはは何よりでした😅
Commented by sankanchi at 2017-05-23 17:29
イヤー素敵ですね。
ハリウッド全盛期の映画の一場面かと思いましたら、イングランドですか。
ヴァイタボックスとS8が見事に嵌まって絵になっています。
U7に845、昔ALTECを鳴らしていたことがありますが、ボーカルは絶品でした。
ハワイに、天草、朋友に事欠きませんませんね。
ゆっくりと流れる時が、絵からも覗えます。
正に、眼福・耳福の世界です。
いいものを有り難うございました。
元気が出ます。
Commented by ゴロゴロ at 2017-05-23 21:03 x
素晴らしいですね
私も珈琲好きで自分で焙煎したりしてますが
ここ数年はブルマンの良い豆が入手困難でゲイシャ種などで代用してます
皆さんどうされてるんでしょうか?
Commented by hma9500mk2jp at 2017-05-23 22:04
マニアの桃源郷のようです。
東のMさん、西のGさんは有名ですが、北の信者さん、南のwooさんで四天王ですね。
Commented by gokurakutojigoku at 2017-05-23 22:42
wooさん、音とビジュアルが見事に両立してました。
被写体がいいとヘボなカメラマンでも良く写る好例です。
ここにいつまでも居たい、聴いていたいと思わせました。
また行きます。
Commented by gokurakutojigoku at 2017-05-23 22:56
sankanchiさん、この部屋は自分にとっては非日常でありながら違和感を感じない不思議な空間です。
wooさんがビジュアル重視する理由が少しだけ分かった気がします。
同じ味の料理でもお皿や部屋の佇まいで違うものになってしまう。
音も同じでした。
Commented by woo at 2017-05-23 22:57 x
イヤぁ、常々ヴィジュアル優先と云うことで逃げを打ってて
信者さんには通用せんなぁと覚悟して居りました(笑)

居心地が良ければ喰って旨く、飲んで楽しく、音も鳴るなんて
都合よく物事を考えるぐうたら者のやる事ですから^^;;

上に書き込まれてる皆さんの様な真摯な取り組みはもはや過去
でもこう云う奴が居てもイイのかな〜と(笑)

今度は音源ごと出張ってください^^ ピュアなMONO針が必要
なら準備して於きます^^ 使用中のMONO針はStereo盤でも
対応可能な「音のエジソン」の汎用MONO針なので^^;;

sankanti.exblog.jpに飛ばせていただきチラッと拝見したら
完オリのオンパレードで垂涎物ですが、我が家には2ndプレス
レベルが数枚在るか位なので、ナンチャッテMONOで充分デス^^;

Commented by gokurakutojigoku at 2017-05-23 23:01
ゴロゴロさん、自家焙煎してたんですね。やっぱり趣味人ですね。
wooさんはコロンビアを使ってました。
近くに住んでいたら売ってもらいたいと願う味でした。
Commented by woo at 2017-05-23 23:13 x
信者さん、この場をお借りして申し訳ありません^^;;

> sankanchiさん

先ほど貴ブログをチラッと拝見し背筋が伸びた思いです(汗)

時々信者さんに触発(ソソノカされてるだけか?)されて
散発的に手を入れてるレベルです。

>ゴロゴロさん

ブルマンやゲイシャは手を出すと戻れないので(笑)もっぱら
コロンビアの気に入った物(今はエメラルドマウンテン?)を
仕入れて家庭用電気焙煎機で煎ってます^^


>hma9500mk2jpさん

我が家の音はそんなご大層なものではありません^^;;

ただ、自分の聴きたい音を出してるだけですから
四天王では穴を掘って入らねばなりません(笑)
Commented by gokurakutojigoku at 2017-05-23 23:23
IT総研さん、四天王なんてとんでもない!
wooさんちは”音楽を聴く”オーディオマニアの桃源郷です。
拙宅は開店休業中のオーディオ部屋で最近ほとんど弄ってません。
東のMさんは三上先生? 西のGさんは??
Commented at 2017-05-23 23:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gokurakutojigoku at 2017-05-23 23:30
wooさん、いつかまた”そそのかしに”行きます。
Commented by woo at 2017-05-23 23:40 x
ギクッ! いつでもお出向き下さい(ᵔᴥᵔ)
Commented by hma9500mk2jp at 2017-05-24 03:42
信者さん、横須賀の三上先生と北九州の後藤先生です。
いつの日か尋ねてみてください。
Commented by gokurakutojigoku at 2017-05-24 14:38
IT総研さん、後藤先生は雑誌で拝見したことがあります。
三上先生&後藤先生・・・・・足元にも及びません(汗)
Commented at 2017-05-24 15:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 西やん at 2017-05-25 12:49 x
こんにちは。

素晴らしい自然環境ですね。欧州の何処かと思いました。

半地下の山小屋に隠されたオーディオ。なんとも魅惑的なリスニングルームですね。
こういうの憧れます。


Commented by gokurakutojigoku at 2017-05-25 13:32
西やんさん、その通りなんですよー。もう、ずーと聴いていたかったです。
実に居心地のいい空間でした。
Commented by ヒデ at 2017-05-25 21:42 x
信者さん

天草、阿蘇、グルメ&オーディオツアーを満喫されてましたね!!

おなかもオーベルジュで満足、満腹・・・お耳はSmokin’での2種類のホーンシステムの出音を楽しまれて至福の時間でしたね!!
2セットとも信者さんとの共通点は・・・どちらもホーンシステムでWOOさんは既成のシステムを調教していますが、信者さんはJBL,エールシステム共ユニットを組み合わせて信者サンドを構築していますが・・・お二人ともシステムを鳴らす・・・駆動系はリファレンス、EMTと方向性は同じですね。 ご苦労話で多いに盛り上がったでしょうね!! (自分の処はスモールSmokin’システムになってますよ・・・DUOにバイタボックスバイト-ンメジャーもあるんですよ)

Commented by gokurakutojigoku at 2017-05-25 22:31
ヒデさん、wooさんはある種のナチュラリストだと思います。完成度の高いスピーカーを選んであるがままに鳴らすことに集中しています。
料理で例えればwooさんは素材に手を入れないで味を引き出す日本料理。ヒデさんは素材に手を入れて新しい味を作り出すフランス料理。
ところが部屋の雰囲気はwooさんは洋風、ヒデさんは和風、というところが面白い。
オーディオ話の中で、ヒデさんの探究心に対するリスペクトは二人共同じものがありました。
えっ、ヒデさん、Bitone Major 持ってるんですか?
Commented by woo at 2017-05-25 22:41 x
>ヒデさん

Bitone Majorですか! またエライ物を隠し込んでますねぇ(笑)

信者さんとも話してましたが、ヒデさんの倦くなき追求心には
ホトホト感心しています^^;;

ヒデさんの10分の1の熱意があればSmokin'の音も本物になるん
でしょうが、無理😅
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 美味しい阿蘇      春の天草 >>