信心過ぎて極楽通りこす

sinjitara.exblog.jp
ブログトップ
2016年 11月 23日

Earl Klugh

2005年録音のアコースティックギターのソロアルバムです。
e0213363_23334843.jpg
この人、最初期を除いて一貫してアコースティックギターを弾き続けているはずで、

しかもピックを使わず爪だけで弾くという完全オーガニック指向。

鉛筆だけで描ききるデッサンを想像させる演奏ですが、常識的なモノトーンを超えた色彩を感じます。

少ない色使いで個々の色の彩度が上がるような、書画に捺された落款を思い起こす演奏です。
e0213363_23333288.jpg
録音は優秀で、セミアコにはないナイロン弦独特の優雅な音色はオーディオ的快感も満足させてくれます。







[PR]

by gokurakutojigoku | 2016-11-23 01:06 | ジャズ | Comments(6)
Commented by sankanchi at 2016-11-23 09:35
おはようございます。
CDしかないのは、残念です。指引きのアコースティックギターとは、LPがあれば即買いですね。
写真を拝見して、アンディ・ウォーホルのジャケットデザインを思い起こしました。
今日はバレルを聴いて見ましょう。
Commented by gokurakutojigoku at 2016-11-23 10:57
sankanchiさん、アンディ・ウォーホルのデッサンは本当に味がありますね。
この写真のデッサンはピカソですが、彼のデッサンは実にナイーブで知らないで見せられたらゲルニカと同じ作者とは思えません。
こちらもバレル聴いてみます。
Commented by ヒデ at 2016-11-23 17:07 x
信者さん

アールクルーのLPは2枚・・・フィンガー・ペインティングとハート・ストリングスを持っています・・・
昔・・・ノリがいいので練習前に良く聞いていました!!
Commented by gokurakutojigoku at 2016-11-23 22:01
ヒデさん、このCDは演奏も音質もほぼ満点です。
初期のエレキ時代の印象が強く完全スルーでしたが音(演奏も、音質も)のリアリティーにやられました、
Commented by woo at 2016-11-24 00:16 x
リターン・トゥ・フォーエヴァーに参加して
たんですね^^;;

ボクのジャンルとは微妙に違うので今まで
知りませんでしたが、機会があれば✌️
Commented by gokurakutojigoku at 2016-11-24 09:54
wooさん、そうそう、同じくアールクルーってフュージュン系と思い込んでいたので今まで聴きませんでした。このアルバムは本当にいいです。お奨めです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< XVR1のケーブル 2      XVR1のケーブル >>