信心過ぎて極楽通りこす

sinjitara.exblog.jp
ブログトップ
2016年 07月 22日

XVR 1 のバリエーション

JBL システムに使っている XVR1
e0213363_23535223.jpg
写真左上の基盤番号の拡大

「PL42R1 REV1 COPYRIGHT 2002」

ICは白×3、フィルムコンデンサーは赤茶の丸みを帯びたもの。
e0213363_23541580.jpg

エールシステムに使っている XVR-1

「COPYRIGHT 2003-4 PL42 R2」

ICは黄色×2と白×1、フィルムコンデンサーは上と同じ。
e0213363_23543959.jpg

オーディオショップにある XVR-1

「COPYRIGHT 2003-4 PL42 R2」(基盤番号は拙宅のエールシステムと同じ)

ICは黒×3、フィルムコンデンサーは四角い赤。
e0213363_23545499.jpg
番号違いのもの、同じ番号で部品違いのもの、製造年によってバリエーションがあるみたいです。

音が同じなら気になりませんが、実はゲインと音色が違うみたいです。

通常のステレオ使いなら問題なしですが、筐体をそれぞれ左右に使うモノラル使いだと

左右の音と音量が違って聴こえます。


[PR]

by gokurakutojigoku | 2016-07-22 22:53 | アンプ | Comments(6)
Commented by ナゾ男 at 2016-07-23 11:02 x
うちの2台のXVR1も製造時期の違いにより基板のパターンに差があります。コンデンサーの形状には差がありませんでした。
そんなわけでモノラル使いは諦めて、ステレオ2台で3ウェイを組んでいます。
まぁ、これがアメリカらしさ(笑)でしょうかね。。うちの2台のKrell PAM2なんて基板、外観ともに同じ名前のアンプとは思えません。
Commented by jyajyao at 2016-07-23 13:35 x
予告なく改良、かなですがね〜(*_*)
mono使いには困りますね。
ショップで聞いた音と違う!なんて事にもなりますね(*_*)
Commented by gokurakutojigoku at 2016-07-23 13:49
会長、拙宅ではJBLに2台、エールに3台使っていますが、偶然同じバージョンの個体で構成していたので気が付かなかったのです。先日オーディオマインドの檀家さんがモノ使いを試みたところ左右の音が違うので調べたら発覚した次第です。
仰る通り「アメリカらしさ」ですね。基板、外観違って同じ型番を名乗る感覚が日本人には理解できないです。(笑)
Commented by gokurakutojigoku at 2016-07-23 13:56
じゃじゃおさん、「ショップで聞いた音と違う!」は普通にありそうですね。「デモ機を借りて気に入って買ってみたら音が違う。」ではシャレになりませんが、その辺を注意しなければならないのは困りものです。「予告なく改良」は実は輸入代理店にも予告がないことが多いそうです。
Commented by S藤 at 2016-07-23 20:35 x
海外製のものは予告なきバージョンアップが頻繁にあるために苦労しますね。
チャンネルセパレーションを良くするためにはモノ使いが効果がありますがこと、海外製は難しいと思います。現在仕事でもオランダから製品を輸入し据え付けていますがこのようなことが結構あります。
クレームを入れても”スペックを満たしているので問題ない”の一点張りです。最近は海外の製品は”そのようなものなんだ”と考えているのでイライラしなくなりました。
Commented by gokurakutojigoku at 2016-07-23 23:54
S藤さん、”スペックを満たしているので問題ない”・・・なるほど!
自分たちに出来ることはシリアルナンバーの近い個体を選ぶことぐらいしかありませんね。
経験者は皆さん賛同してくれますが、モノ使いの音質は本当に素晴らしいですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< コーナーヨーク      DAVE >>