信心過ぎて極楽通りこす

sinjitara.exblog.jp
ブログトップ
2016年 06月 18日

秘境のオーベルジュ

北見市から20kmほど南の山奥にあるチミケップ湖。

原生林に囲まれた湖には、小さなホテルが一軒とキャンプ場以外は全く人工施設がありません。

北海道と言えども原生林と呼べる手つかずの森林はもはや殆ど存在しません。

国道や道道から見える森林はほぼ二次林や抜き取り伐採された森林です。

湖に通じる道は4本ありますがすべて未舗装のダートです。

ダートとしてはよく整備されていますが、森の美しさに目を奪われ車を飛ばす気がしません。
e0213363_00045844.jpg
森林を抜けてすぐに現れるチミケップ湖とキャンプ場です。
e0213363_00172005.jpg
さらに林道を走り、チミケップホテル到着。

特別豪華ではありませんが管理の行き届いた美しいホテルです。

テレビは無く、携帯の電波も届きません。
e0213363_00101637.jpg
e0213363_00182176.jpg
e0213363_23010437.jpg
e0213363_00205240.jpg
e0213363_00213515.jpg
周囲の原生林に足を運ぶとやや肌寒い凛とした空気が頬を撫でます。

雨上がりの森林の若葉と湿った樹皮の匂いが漂い、

周りに居るであろう動物たちの気配を木々の葉擦れ音が消しているようで不気味な孤独感さえ感じられました。
e0213363_00211589.jpg
e0213363_23382885.jpg
夕暮れの気配が混じり始めた頃ホテルに戻り、キッチンから漂うおいしい匂いに気を取られながらゆったりとした時間を過ごします。
e0213363_00174179.jpg
e0213363_23402936.jpg
オーベルジュですから夕食はもちろんフレンチのフルコース。

食材に徹底的に手を加え凝りに凝った料理は感動すら覚えました。

素材の良さを生かしたシンプルな料理は最近の流行りですが、

”素材の持ち味とシェフの技巧の対峙”という一本勝負がフルコースの中で続いていく・・・・・、

それでいて和食を思わせる繊細な風味や器の多様性が最後まで貫かれていました。
e0213363_00184326.jpg
e0213363_00191446.jpg
e0213363_00200918.jpg
e0213363_01050556.jpg
e0213363_00194554.jpg
e0213363_01182290.jpg

秘境とオーベルジュ。

他ではなかなか味わう事のできないマリアージュでした。




[PR]

by gokurakutojigoku | 2016-06-18 01:22 | 旅行 | Comments(8)
Commented by woo at 2016-06-18 10:51 x
早速お気に入りに登録しましたが、連泊だとネットが
繋がらないとやや辛いなぁ^^;; TVは要らんけど…

でもこう言うシンプルな環境は貴重だし好きです♪

チャンと整備された舗装されてない道って今や貴重!
周りの緑との調和が何とも言えないんだよなぁ♡

情報感謝です👍
Commented by gokurakutojigoku at 2016-06-18 12:14
wooさん、ここは季節を変えて再訪することになりそうです。
とりあえずホテルの無料wihiが繋がるので情報難民にはなりません。
原生林が本当に美しいです。自然の奥深さを堪能できます。
夕食は食べる価値ありです。朝食は和食なんですがもう少し頑張ってほしいところです。
Commented by ナゾ男 at 2016-06-18 15:40 x
行ってみたくなりました。北海道の自然が羨ましいです。
Commented by ゴロゴロ at 2016-06-18 19:09 x
素晴らしいところですね
オーベルジュの意味を恥ずかしながら知らなかったので調べました
自動車文化と繋がりあるという事で子供がもう少し大きくなったら
是非連れて行きたいです

あと横からですが裏オーディオさんへのご回答たいへん参考になりました
ありがとうございます
Commented by S藤 at 2016-06-18 21:09 x
自分はいつも騒々しいところにいるので逆に不安になるかもしれません・・・
まだまだ人生の修行が足りませんね。
Commented by gokurakutojigoku at 2016-06-18 22:26
会長、是非時間をとって行ってみて下さい。原始の世界と現代のフレンチのギャップに痺れます。
Commented by gokurakutojigoku at 2016-06-18 22:38
ゴロゴロさん、最近は日本中にたくさんのオーベルジュがあります。
フランスで発達した食事が目的の宿ですが、日本の高級旅館も同じ部類かもしれませんね。
Commented by gokurakutojigoku at 2016-06-18 22:45
S藤さん、ここまで人里離れると誰でも不安になります。
少しだけ森の中の遊歩道を歩きましたが真新しいエゾ鹿の足跡がありました。
前日は近くの道道でヒグマが出たそうです。
不安どころかちびります。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< EMT JSD S75      蕎麦 >>