信心過ぎて極楽通りこす

sinjitara.exblog.jp
ブログトップ
2014年 01月 13日

兄妹対決

4wayにしてからはツイーターのみパッシブで、エールのミッドハイ 4550PBe からコンデンサー、コイル、

アッテネーターを介して送っていたが、3way マルチに比べて中高域のヌケが悪くスッキリしない。

エールシステム4way完全マルチ化を目指してツイーター用パワーアンプの試聴をした。

チャンデバをもう1台用意し、SPケーブルはJBLに使用中のFRYを流用。
e0213363_23402965.jpg

e0213363_2341789.jpg


下がPass Labo XA100.8 。XA100.5 の後継機である。

今月の中旬以降に正式販売のため試聴機はプロトタイプである。

XA100.5 より発熱は少ない。

上がFirst Watt SIT-1 。

同じ Nelson Pass の設計で、SIT という3極管のような特性を持ったトランジスタをシングルで使っている。

出力は10wだが盛大に発熱する。
e0213363_23175397.jpg


先に試聴したのは XA100.8 。

まず感じたのはヌケの良さ。

高域の質が高まると全体が締まって洗練された音になる
e0213363_23363848.jpg


最初は8800Hzで繋いだが、10600Hzのほうが透明感が増す。

非常にいい!

次に SIT-1 。
e0213363_23512043.jpg


一言でいうと大人しい。

透明で緻密。

同じ Nelson Pass だから”音の色”は同じだが、使用デバイスによって彩度が変わるのだろう。

XA100.8 の質量感のある高域が実に魅力的だった。
[PR]

by gokurakutojigoku | 2014-01-13 00:13 | アンプ | Comments(12)
Commented by vinvan at 2014-01-13 10:19 x
First Watt ,気になるアンプです。
是非聴かせて下さい。
Commented by gokurakutojigoku at 2014-01-13 12:08
結論から申しますと現時点ではXA100.8に軍配があがります。
これは当然両者の優劣ではなく、小生のシステムの中でのツイーターの味付けの問題です。メーカーがWE300Bの特性に近いと謳っているように実に穏やかで上品なイメージです。
Pass Labo のパワーは総じて彩度の高い音だと思うのですがその中にFirst Wattを落とし込むと何か埋没してしまうような、良さが生かされない感想になってしまいます。
よってvinvan先生がお越しになる時はFirst Watt との御対面は叶わないと思います。
Commented by woo at 2014-01-13 13:50 x
XA100.8、XS系列のデザインでイイなぁ♪

って、またビジュアル重視の無意味な書き込み^^;;
Commented by gokurakutojigoku at 2014-01-13 18:34
デザインは最初は違和感がありましたがだんだん慣れてきました。今までのほうが明らかにコストは掛ってます。
メーターの黒い枠は金属製ですがプラスティックに見えるところが難点です。
Commented by woo at 2014-01-13 22:52 x
”黒い枠は金属製ですがプラスティックに見えるところが難点”

そうなんですか^^;; ボクはスッキリしてて今度のデザイン
好きなんですが、実物見てないので・・

一つ物欲の種(XSシリーズのプリどうかななんて思って
ましたが値段が^^;;)が減って良かった♪
Commented by gokurakutojigoku at 2014-01-13 23:31
XSシリーズが出たときはあまり気になりませんでした。・・・・・値段がアフォすぎて!
Commented by darda95_215 at 2014-01-14 19:30
どうして兄妹なのか、一般的な兄弟でもなく姉妹でもないのか・・・
単に信者さんが兄妹だからそう書いたのか?
何度か読み返して音のニュアンスがそんな感じの違いなのじゃないかと推察しました。
そんな感性だったとしたらそれを養える環境というのは恐るべき世界ですね。
Commented by ヒデ at 2014-01-14 21:26 x
XA100.8 とFirst Watt SIT-1比べて見れば重量感が違い過ぎます、出てくる音も・・・違うんでしょうね。 XA100.8カッコいいですよ・・・見た目もガッツリ作ってありますがSIT-1はプラモデルの様にぺらぺらしています。 見た目の判断ですが・・・どちらを取るかと問われれば・・。自分は断然XA100.8を選択します。 
Commented by gokurakutojigoku at 2014-01-14 21:32
dardaさん、脱帽です。
「きょうだい」を漢字に変換した時に当然「兄弟、姉妹、兄妹」と候補がでるわけです。
最初は「兄弟」と変換しましたが何かひっかかる。First Wattの音は女性的なんです。
いや、少なくても男性ではない。
対するXA100.8は男性なんですが、男臭い男ではないインテリな男性。
同じ親から生まれた「きょうだい」ですが兄と妹。
「兄妹対決」と表題を書いて、もしかしたら「?」と思う方がおられるかもしれないが・・・と思いつつ
自己満足的コダワリで知らんふりしようとしたらdardaさんの書き込み。
参りました、と同時に感激です。
Commented by gokurakutojigoku at 2014-01-14 22:03
”重量感が違い過ぎます。” 実は本当に重さはかなり違うんです。
First Watt はSITという素子を1個だけドライブするために凄い物量が投入されてます。
出てくる音も300Bシングルアンプを想像して頂ければそう間違いはないでしょう。
実に緻密で上品な音です。
しかしブログにも書いたようにエネルギー感が違うのです。
10wと100wですから当然なんですが、小生の使っている下の帯域のアンプに力負けしてしまうところがあって、
マルチのツイーターなんか大音量でもせいぜい1wくらいですから
不思議なものです。
それでもFirst Watt に高能率のスピーカーを組み合わせて弦を聴いたら
どんなに素晴らしいだろうと思わせる素性の良さを感じます。

Commented by woo at 2014-01-16 17:19 x
First Wattを担いで遊びに来て下さい(笑)

ボクも興味は在るのデス♪
Commented by gokurakutojigoku at 2014-01-16 22:51
いつかはお邪魔したいです。
First Wattはエレクトリが届けてくれます。
スッピンの美女のような魅力が持ち味です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< たかが電線、されど電線      酒とバラの日々 >>