信心過ぎて極楽通りこす

sinjitara.exblog.jp
ブログトップ
2013年 09月 02日

ナゾ男先生の診察

先週のファラッド高橋さんに続きナゾ男さんがいらっしゃった。

10年ほど前に一度だけお会いしたことがあるが、ネット以外ではほぼ初対面に等しい。

拙宅にお迎えする前に「すし屋のやま田」でお寿司をつまみながら一杯。

ブログやメールでやり取りをしていたとはいえ、のっけからオーディオ談義全開。

終いにはお互いに相手をオーディオの重症患者と罵り合う始末。

ウチら本当に初対面なんだべか?

板前の山田さんも呆れておりました。
e0213363_22275629.jpg

我家に到着後最初にお聴きいただいたのはエールシステム。

”まだ発展途上です”という逃げ口上を打ってからCDを再生。

不思議なもので音に精通されている方の横で一緒に聴くと何故か自分の装置のアラが手に取るようにわかってしまう。

バイアスが無くなって冷静に聴くからなのか。

次にJBLシステム。

ナゾ男さん曰く、「あなた、両方ともなかなか大人しい音だすねー」

「こうゆーシステムは大抵もっと派手に鳴らす人が多いんだけどなー。うん、ハッタリがない」

へえー、そうなんだー。自分の中ではちょっとゴージャス過ぎるかな、なんて思う事もあるのに。

他人様の感想って本当に面白い。本人の知らない自分をあぶり出してくれる。

先の高橋さんにはパンツの中を見られたが、ナゾ男先生にはCTで体を輪切りにされた気分になりました。

ナゾ男さん、今回は夢中になるくらい楽しく過ごさせて頂きました。本当にありがとうございました。
[PR]

by gokurakutojigoku | 2013-09-02 23:18 | Comments(6)
Commented by woo at 2013-09-02 23:35 x
並んでる機器を見るだけでオーディオの
重症患者である事に疑問は無いんですが^^;;
Commented by gokurakutojigoku at 2013-09-03 11:17
オーディオ病は5年生存率は100%ですが、一生懸命治療に専念する人ほど苦しむという特殊な病気です。完治するにはキッパリ足を洗うか高額な治療費を払うしか手はありません。
う~ん、どうしよう!?
Commented by ナゾ男 at 2013-09-03 12:22 x
北の信者さん、お世話になりました。素晴らしい環境で素晴らしい音。こちらの病気もますますエスカレートしそうです。こうなったらエール音響を見極めるために、マイクロファラッドの高橋さんに紹介いただき、関東のエール名人のお宅を訪問予定です。
Commented by gokurakutojigoku at 2013-09-03 15:17
ナゾ男さん、こちらこそいい刺激を頂きました。高橋さんがプロデュースするエール関東連合はきっと素晴らしいと思います。小生もいつか引率して頂こうと思ってます。
Commented by リベロ at 2013-09-03 21:45 x
「ハッタリが無い」という素晴らしい祝辞を頂きましたね。
味の素、旨み成分なしの音は、私も目指すところです。
Commented by gokurakutojigoku at 2013-09-03 22:29
リベロ君、他人様の音を聴かせてもらうと「音は人なり」とつくづく思うものですが、自分も例外ではないと気づかされてしまいました。
これからも常に人様の意見に耳を傾け、かつ自分に素直に精進しようと思います。そう思うくらいナゾ男さんの言葉に重みがありました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< Sammy Davis,Jr.      ファラッド寺住職ご来訪 >>