信心過ぎて極楽通りこす

sinjitara.exblog.jp
ブログトップ
2013年 07月 19日

音は人なり

涼しい北海道から真夏の京都へ・・・。

覚悟を決めてでも行きたい場所があった。

HALさんに時間を作って頂き夫婦でお宅を訪問させていただきました。


ドアを開けると所狭しとそびえ立つ新旧JBLが目に飛び込んでくる。
e0213363_23162387.jpg


まずはホーンレンズHL90とHL89ゴールドウイングが眩しい4WAYシステム。
e0213363_23224698.jpg



今回の最大の目的は、このシステムでクラシックがいかなる音で鳴るのか確かめること。

小生の拙い経験からするとこれは明らかにジャズ用システムなのである。

だが音が鳴り出すと一瞬にしてそんなことは忘れてしまった。

どっしりと豊かな低音を土台に緊張感を強いないコクのある音である。
e0213363_23251296.jpg

e0213363_2324562.jpg


オペラの肉声が実に官能的で聴き惚れてしまった。

レビンソンとマッキントッシュが織りなす肉厚でナイーブな額縁の中に

HALさんが絵筆を存分に走らせた「作品」である。



そして次に聴かせていただいたのはゴールドムンドの弩級アンプでドライブされるエベレストDD66000。
e0213363_23344692.jpg

e0213363_23352676.jpg


非常に洗練されていながら冷たさのない音である。

立体的で雑味を感じさせない静粛さ。

思わずのめり込むようなリアリティーで小生を圧倒する。


前者はHALさんが20年の歳月をかけて作り上げた額縁庭園である。

言わば、思い入れがたっぷり詰まったHALさんワールド。
e0213363_23443290.jpg


後者は境内に湧き出る泉である。

最新の物量を投入し、理詰めで追い込んでいく。

しかもミネラルをたっぷり含ませて・・・・・。
e0213363_2353044.jpg


菅野沖彦氏は「音は人なり」と言った。

両者は紛れもなくHALさんの音である。
e0213363_0112461.jpg


3日間ご夫妻と贅沢な食事を摂りながらたくさんのお話をし、豊かで緻密な音を聴かせて頂きました。

至れり尽くせりの歓待、心よりお礼申し上げます。

HALさんワールドの虜になりました。
[PR]

by gokurakutojigoku | 2013-07-19 00:30 | 訪問記 | Comments(4)
Commented by hal4550 at 2013-07-19 07:57
一年越しの相互訪問が叶い嬉しく、音の求道者たる北の信者ご夫妻の機微に触れ充実した時間でした。

流石に旨い大原の写真です。そう云う使い方をするのかと構成の旨さに驚きの一瞬でした。

併せてビッグ・サプライズは貴重な経験でした。大きなインパクトを残してしまいました、重ねて御礼申し上げます。
Commented by gokurakutojigoku at 2013-07-19 22:44
こちらこそ過分なおもてなしをして頂き大変恐縮しております。
文才がなくHALさんの音を上手に表現できませんでしたが、ただ単に”high fidelity” ”true fidelity ”ではない事は伝わったのではないかと思います。
もしNordostをお部屋に迎え入れる時はエレクトリから試聴サンプルを借りることをお勧めします。特にODINは私たちの良い音の概念を覆すというか、超越しているので一歩間違えると非常に危険です。
Commented by vinvan at 2013-07-20 00:19 x
Halさんの音が良く表現されています。

Halさんのおもてなしには感動の一言ですね。

近いうちに北海道獄道音響膝栗毛の企画を是非お願いします。
田中伊佐資さんも期待しているようです。
Commented by gokurakutojigoku at 2013-07-20 12:37
VINVAN先生、HALさんは全力で客人を楽しませてくれます。凄いパワーです。
北海道獄道音響膝栗毛はリベロ君がツアコンをしてくれると思います。
田中伊佐資さんが来るとなるとかなり緊張しますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 知らぬが仏~第一夜      ジャケ買い ② >>