信心過ぎて極楽通りこす

sinjitara.exblog.jp
ブログトップ
2013年 06月 19日

4550PBe

1週間前から新しいドライバー エール4550PBe をエージングしておいた。
e0213363_14254873.jpg


今まで使っていた4550DBe のオールパーメンジュール版である。

同じ構造、同じ振動盤のドライバーがマグネットのみ強力になったらどーなるのか、

そして今回は2インチから1インチに変換するスロートの長さの比較もしてみようと思う。

用意したのは山本音響工芸製スロート。長さは11.5cm。
e0213363_1444543.jpg


今日のお手伝いして頂いた寺の方々。

左から教団宣伝部長兼スーパー檀家のO槻氏、筆頭檀家のO橋氏、寺の住職のS氏、そして小生である。
e0213363_154866.jpg


まずはドライバーを変えずにスロートの比較。

現状のエール製の25cmスロート
e0213363_14504535.jpg


次に11.5cmスロート
e0213363_14534770.jpg


25cmスロートは音がしっとりする、粘りとコクがある、音に「タメ」がある、ロードが掛っているのがよくわかる。

11.5cmスロートは音がストレートに出てくる。明快で解像感がある。ジャズならこっち。

お次はドライバー換装。

エールシステムはクラシック用なので迷わず25cmスロート使用。
e0213363_1516077.jpg


磁束密度の違いだけでこんなに違うのね。

当然押し出しが違う。ウーファーとのクロスも750Hz→590Hzに下げてドライバーにもっと低帯域を歌わせたくなった。

さらにエージングが進めば弦のそよぐ感じも夢ではないという夢が現実になるのか。(まどろっこしい言い方するなー)

ツイーターもベリリウムにすれば・・・

きっと幸せになれるに違いない!
[PR]

by gokurakutojigoku | 2013-06-19 15:42 | スピーカー | Comments(8)
Commented by hal4550 at 2013-06-20 01:50
そう、きっと幸せになれるでしょう。

弦も良いですが、ジャズ好きのクラシックにはピアノが似合うかもしれません。Martha Argerichはお勧めです。
http://www.amazon.co.jp/Martha-Argerich-Collection-Solo-Recordings/dp/B001BWQVSG

そしてチェロのマイスキーも良いですね。"Bach Cello Sonaten Maisky Argerich"
このバッハのチェロソナタはマイスキーとアルゲリッチの両方が楽しめる一押しです。きっと新しいエール君に合うと思います。

Commented by ribero at 2013-06-20 10:03 x
ドライバー&ホーンはやっぱり、システムの肝になる部分なので。
はっきり言えば、ウーハーやツイターはその薬味ですからね。

Commented by gokurakutojigoku at 2013-06-20 12:34
HALさん、最近少しだけ幸せになれそうな気がしてきました。
Argerich買ってみます。
Maiskyとの共演盤はhttp://www.amazon.co.jp/Bach-Vivaldi-Cello-Sonatas-Maisky/dp/B0000246QKのことでしょうか?
Commented by gokurakutojigoku at 2013-06-20 12:38
リベロ君、エールのドライバーの浸透力は凄いです。
悩みはチタンとベリリウムは音色的につながらないこと。
ツイーター入れ替えも時間の問題です。
Commented by South-G at 2013-06-22 00:13 x
上記でソフトを勧めてる方をいらっしゃるので僭越ながら当方もいくつか。

■ユリア・フィッシャー:シューベルトVn&Pfソナタ&幻想曲集
http://www.amazon.co.jp/Complete-Works-Violin-Piano-Hybr/dp/B002JP9I5W/ref=pd_sim_m_19
http://www.amazon.co.jp/Complete-Works-Violin-Piano-Vol/dp/B0039ZCHX6/ref=pd_sim_m_1

■ガブリエル・リプキン:バッハ無伴奏チェロ組曲
http://www.amazon.co.jp/Complete-Suites-Cello-Single-Polyphony/dp/B000ICM2Q0/ref=pd_sim_m_1/376-3704335-1892921

リプキンの方は随分値段が上がっていました^^;
3~4kだったような記憶があったのですが。

いずれも非常に優秀な録音というだけでなく、“弦のそよぐ感じ”…ということで、何となくフルオケではなく器楽・室内楽、かつ空気感の様なものかなー。。。と感じたまで。

また、下記のRRレーベルですが、以前から気になっていたレーベルです!
ただ情報があまりなく。。。
昔どこかのブログでSACDも真っ青、みたいなコメントを見てずっと記憶に残ってました。

かつ、RRからSACD盤もあるとは…SACD収集好きとしては非常に気になるところです!
Commented by gokurakutojigoku at 2013-06-23 00:01
South-G さん、貴重な情報ありがとうございます。
ユリア・フィッシャーは興味をそそられます。
演奏が良くてしかも録音が優秀なソフトは意外に少ないものです。
RRのCDはどれでもいいので買ってみてください。SACDはもちろんですが通常CDでも十分にたまげるでしょう。
Commented by South-G at 2013-06-23 14:35 x
gokuraku様
肝心のドライバー・スロートの話から脱線しており恐縮です。
RRレーベル、amazonやhmvで検索したら大量にHitしました。
単に当方のものぐさの結果だったようです(汗)
クラシックギターのCDもあったので、来月の購入リストに追加しようかしら、と。

フィッシャーは現在Decca専属ですが、上記をリリースしてたPentatoneはいずれも自然な響きやホールで聴いている様な響きを感じられる録音が多くてお勧めです。

あと、リプキンもそうですが、上でコメントしたSACD、宜しければお貸しすることも構いませんので気軽にお申し付け下さい。
Commented by gokurakutojigoku at 2013-06-23 23:03
South-Gさん、ユリア・フィッシャー注文しました。聴いてみます。
因みに小生のハンドルネームは”北の信者”です。gokuraku・・・は面倒なのでそう呼んでくださいまし。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 黒い弦 & 粋な弦      Reference Recor... >>