信心過ぎて極楽通りこす

sinjitara.exblog.jp
ブログトップ
2018年 01月 21日

リスボン

1755年のリスボン大地震で壊滅的被害を受けたが、先の大戦では中立を貫いたために18世紀以降の街並みがよく保温されているそうだ。

別名7つの丘の街リスボンは坂の多い街でトラムやケーブルカー、そしてエレベーターまである
e0213363_23403220.jpg
e0213363_23285982.jpg
最近地下鉄の落書きが話題ですがこちらでは町中が落書きだらけ。
e0213363_23303464.jpg
e0213363_23424323.jpg
エレベーターは1902年製。

低地バイシャ地区と高地シアード地区を結ぶ。
e0213363_23293602.jpg
e0213363_23305510.jpg
e0213363_23315954.jpg
e0213363_23313500.jpg
適度に英語が通じて、旅行者に親切。どこに行ってもメシは旨いし酒は安い。

もっと早く行っとけばよかった。




















[PR]

# by gokurakutojigoku | 2018-01-21 23:28 | 旅行 | Comments(2)
2018年 01月 19日

ヴァスコ・ダ・ガマ

「ベレンの塔」はバスコ・ダ・ガマのインド航路発見の偉業をたたえて16世紀に建てられた石造りの塔。

テージョ川の船の出入りを監視する目的の要塞である。

400年前!ポルトガルのイケイケ時代です。
e0213363_23432854.jpg


テージョ川岬に立つ「発見のモニュメント」と呼ばれる記念碑は、1960年にエンリケ航海王子の500回忌を記念して作られたもの。

高さ52mの巨大モニュメントの先端には、ヴァスコ・ダ・ガマをはじめとする32人の偉人像を従えて王子の像がと並んでいる。

ポルトガルでは英雄ですが侵略された側からみるとエイリアンの親玉か。
e0213363_23442770.jpg
e0213363_23450603.jpg



発見のモニュメントの近くにはまるで地上絵のように世界地図が描かれていて、大航海時代にポルトガルが新しい国を発見したときの年号が記されています。
e0213363_23435700.jpg
e0213363_23441242.jpg

Japão(ジャパゥン)は1541年に『発見』された・・・・・

アメリカ先住民の気持ちが身に染みました。

e0213363_23434432.jpg


ジェロニモス修道院


マヌエル1世が、ヴァスコ・ダ・ガマの海外遠征によって得た財産を費やして建設した修道院。

その豪華で贅沢な外観から、16世紀のポルトガルがいかに栄華を誇っていたかを感じることができます。

16世紀初めに建設が開始され、完成したのは19世紀。およそ300年の期間をかけて完成。
e0213363_23110111.jpg
e0213363_23121961.jpg
e0213363_23102276.jpg
e0213363_23115046.jpg
主よ、彼らの罪を許したまえ。

















[PR]

# by gokurakutojigoku | 2018-01-19 23:34 | 旅行 | Comments(8)
2018年 01月 14日

シントラ

リスボン近郊の、王族や貴族の避暑地として栄えた街。

シントラ宮殿、ペーナ宮殿等があり、街がまるごと世界遺産です。
e0213363_23371571.jpg
e0213363_23374765.jpg
e0213363_23364469.jpg
e0213363_23383067.jpg


シントラ宮殿

シントラ宮殿は10世紀に作られましたが、現在のシントラ宮殿の建築様式は15世紀から16世紀に生まれたゴシック様式、

マヌエル様式、ムーア様式の混ざったものであるとされています。シントラ宮殿の特徴は、真っ白の外壁と2本の大きな塔で、

2本の塔は台所の換気口で33メートルもあります。宮殿内は他の宮殿と比べると装飾物がはるかに少ないですが、

天井は圧倒されるほどの装飾。大航海時代に黄金王と呼ばれたマヌエル一世が国力の強さを天井に誇示したかったと言われています。・・・[コピペです]
e0213363_22350509.jpg
e0213363_22353110.jpg
e0213363_22402611.jpg
巨大な台所。貴族の豪勢な食事が作られていた。
e0213363_22373042.jpg
内部から見た台所の換気口
e0213363_22395631.jpg
中庭
e0213363_22384490.jpg
ペーナ宮殿

1755年のリスボン地震が首都と周辺地域を荒廃させ、ペーナ修道院は廃墟と化した。しかし、ニコラウ・シャンテレネ作

とみなされる大理石と雪花石膏でできた壮麗な祭壇背後の棚を備えた礼拝堂は、無傷であった。

シントラの山頂に広がるこれらの残骸が、若いフェルナンドを驚愕させたのだった。1838年、カステロ・ドス・モウロス

(ムーア人の城、という意味。かつてのムーア人の城の廃墟)と他いくつかのキンタス(別邸)のすぐ隣である旧修道院を

フェルナンドは手に入れ、周辺を全て囲いで囲んだ。フェルナンドは、空想的な夢を持っていた。古い修道院を再建し、

シントラ滞在時にポルトガル王家が滞在する夏の離宮となる新しい部分を付け加えるのだと。ロマン主義的な再建命令が、

陸軍中将であり採掘技師でもあったヴィルヘルム・ルートヴィヒ・フォン・エシュヴェーケに下された。宮殿全体はほぼ、

巨大な岩々の上に壮大に立つ。フェルナンドは、異国風の豊富な種類の樹木を植えてイギリス式公園をつくることを考えていた。

このようにすると、公園とペーナ宮は魅惑的な王子と王女が登場する本の世界のようになる。宮殿のとっぴな様式は、

バイエルン王ルートヴィヒⅡ世が建てたノイシュヴァンシュタイン城を見る者に思い起こさせる(ペーナ宮殿が建てられて

から30年後に、このバイエルンの城は建設された)。この違う様式の模倣と組み合わせは成功したといえず、

マヌエル様式の窓のとなりにムーア風の扉があるといった具合に、しばしば不思議なコントラストを描く。・・・[コピペです]
e0213363_22494063.jpg
e0213363_22500959.jpg
e0213363_22504384.jpg
e0213363_23002685.jpg
e0213363_23123344.jpg
お菓子の型枠
e0213363_23010502.jpg

天正遣欧少年使節の4人は1584年シントラ宮殿を訪れている。

初めてヨーロッパを見た日本人である。

彼らの眼にはどのように映ったのだろう。











[PR]

# by gokurakutojigoku | 2018-01-14 23:17 | 旅行 | Comments(7)
2018年 01月 10日

西経9度30分

ロカ岬。

ユーラシア大陸最西端の岬である。

ポルトガルの詩人ルイス・デ・カモンイスが詠った「ここに地終わり海始まる」Onde a terra acaba e o mar começa)を刻んだ石碑が立っている。
e0213363_16254925.jpg
e0213363_15500898.jpg
e0213363_15503515.jpg
かつてこの地から東へ西へ漕ぎ出していった。大航海時代の始まりである。



[PR]

# by gokurakutojigoku | 2018-01-10 16:27 | 旅行 | Comments(14)
2017年 12月 20日

Western Electric Ⅱ

WE420Aをお借りして1か月。お別れの時を迎えました。

ワインが開くがの如く更にエージングが進んでまろやかな味わいになりました。

何も足さない、何も引かない、突出したところも不足も無い、見事なバランス。

久しぶりに TELEFUNKEN を挿してみると外連味を感じるくらい活発な音に聴こえました。
e0213363_22414241.jpg
これはもう優劣をつけるような次元ではなく、好みや気分の問題です。

最初は TELEFUNKEN の方が闊達でジャズ向きかなと思いましたが、

音が開くにつれ WE の懐の深い音が麻薬的に感じました。

このような機会を与えてくださったsankanchiさんには心からお礼申し上げます。

おかげ様で球に対する概念が変わりました。

”球転がしなんてしない”と思っていましたが・・・・・。

気持ちよく底なし沼を泳いでいましたが最近浮力が失われつつあります。

「い、息が出来なくなってきた。」(笑えない)














[PR]

# by gokurakutojigoku | 2017-12-20 23:02 | アンプ | Comments(13)
2017年 12月 13日

パイナップル

冬なのにパイナップルの話。

コストコでパイナップルを買ってきた。

真っ青なパインというか、正確には緑色だけど。
e0213363_21542856.jpg
10年位前だったかな、

ハワイのドール・プランテーションに行ったら真っ青なパインと黄色いパインが並べてあって、

さて、どっちが美味しいパインでしょうか?と書いてある。

答えは「青いパイン」。横で一緒に見ていた白人のおばさんも知らなかったと言う。
e0213363_21555743.jpg
e0213363_21562977.jpg
その後真っ青なパインを買うようになって「ハズレ」は一度もない。

黄色いパインを買っていた時はそれなりの確率でボケた味の「ハズレ」があった。

コストコの売り場でも皆が黄色いパインを選んでいた。

すいませんねー。美味しいパインを残していただいて・・・。











[PR]

# by gokurakutojigoku | 2017-12-13 22:03 | グルメ | Comments(4)
2017年 12月 08日

Western Electric

今年の1月に EMT JPA66 の球を TELEFUNKEN ECC83 に挿し変えて満足している小生ですが、

先日 sankanchiさんからとんでもないブツが送られてきました。

Western Electric 420A !! 実物を拝んだのは初めてです。

WE 420A(5755) は ECC83 とピンレイアウトが異なるだけでアダプターかませれば互換球として使えるとの事。

sankanchiさんが「球転がし」と言う底なし沼に小生を突き落とそうとする魂胆はミエミエですが、

底なし沼を気持ちよく泳いでみたいという自虐的な誘惑に駆られ取り敢えずソケットに挿してみました。

実はこの球は新品で、先ずは100時間程エージングせよというお達し。
e0213363_22375506.jpg
e0213363_22380991.jpg
しっかり4日間通電した後、レコードに針を落とします。

正直な話、音は期待以上でした。
e0213363_22382622.jpg
TELEFUNKEN はドイツ車のような剛性の高いシャシーに硬めのサスで、段差をタタッと乗り越える快感。

WE は剛性の高いシャシーは同じですが、ジャガーのようなにしなやかな足といった佇まいなのです。

もうこれは力感とか解像度とか、とういう話をするのはナンセンスと思ってしまうほど、

軟弱とは全く違う物腰の柔らかさが幅や深みをさりげなく発露するところにWE の魅力を見せつけられました。




底なし沼を気持ちよく泳ぎながら思いました。

更にエージングが進んだらもっと・・・・・。

毒を食らわば皿まで。






[PR]

# by gokurakutojigoku | 2017-12-08 00:01 | アンプ | Comments(12)
2017年 11月 19日

雪のち雪

昨日から降り続いて、今日も1日中雪の予報。
e0213363_22195372.jpg
アンプで部屋を暖めて、「MANTECA」を聴く。

Red Garland trio にコンガの Ray Barreto が加わってアーシーな魅力がたまらない。
e0213363_22202417.jpg
アフロジャズ的熱気だがガーランドのシングルトーンは知的でリリカル。

沈んだ気持ちに喝が入った。










[PR]

# by gokurakutojigoku | 2017-11-19 22:22 | ジャズ | Comments(14)
2017年 10月 27日

No.32L

16年間苦楽を共にした Mark Levinson No.32L を手放す時がきました。

このアンプが原因で出音が決まらないことは一度もありませんでした。

音質上のトラブルは全て他の周辺機器を疑いました。

抜群の信頼感で小生の欲求に応えてくれました。

接続機器の性能を引き出す「黒子のアンプ」という発売当時の評価は的を得ていて、

クセや色という個性は感じません。だからこそ接続機器の色が素直に露出される訳です。

無個性と書くと蒸留水的無機質な音と捉えられるかもしれませんが、

適度なミネラルを含んだ”美味しい水”という表現が的を得ていると思います。
e0213363_21174251.jpg
e0213363_21170155.jpg
e0213363_21163993.jpg
聴かなくなったオーディオ機器は比較的あっさりと放出してしまう小生ですが、

このアンプだけは後ろ髪を引かれるような一抹の寂しさを感じています。

e0213363_21172755.jpg

[PR]

# by gokurakutojigoku | 2017-10-27 23:10 | アンプ | Comments(12)
2017年 10月 15日

紅葉狩り

道東のオンネトー
e0213363_22480672.jpg
凛とした朝の空気が冬の足音を予感させます。

e0213363_22482474.jpg
e0213363_23231439.jpg

十勝の中札内美術村にある「ポロシリ」

菓子メーカー六花亭が運営するレストラン。

道東方面に行ったら毎回立ち寄るランチスポットです。
e0213363_22471480.jpg
e0213363_22465974.jpg
特別なものはないのですが素朴で何を食べても美味しい。

コロッケ、焼売、煮つけ、寄せ豆腐、栗ごはん 等々、季節に応じてメニューは変わりますが、

「究極」という言葉が大袈裟ではない程の洗練度。

e0213363_22463522.jpg
敷地内には美術館が点在し枕木の遊歩道がそれを結んでいます。

e0213363_22474292.jpg

e0213363_22485533.jpg
札幌の紅葉も来週くらいにはピークを迎えそうです。







[PR]

# by gokurakutojigoku | 2017-10-15 21:05 | 旅行 | Comments(6)
2017年 10月 13日

EAR 912 を聴く

いつの間にかラックに収まってしまいました。

毎日電気を通して少しずつこなれてきました。
e0213363_22560448.jpg

先日、"Mr. Mark Levinson" を目指すレビンソン蒐集家 Hさんがいらっしゃいました。

久しぶりに出現した「レビン損!」です。

非常に感性豊かな行動派です。

ジャズボーカルをこよなく愛する彼は Old Levinson に惚れ込んで短期間でたくさんのアンプを手にいれました。

”信心過ぎて極楽通り越す”状態のため冷静な試聴が出来るか心配でしたが・・・(爆)
e0213363_22551248.jpg
EAR912 → Cello → JBL の音を聴いて頂きました。

アナログは EMT JPA66 を使うとバランスがとれている。

EAR912 のフォノはややドンシャリかな。

黄金期のモダンジャズはほとばしる熱気に遣られます。

共通した感想でした。

Hさんは Levinson の魅力を引き出すために現在悪戦苦闘中です。

いつかお邪魔させてください。














[PR]

# by gokurakutojigoku | 2017-10-13 23:28 | Comments(10)
2017年 10月 04日

オリジナル盤

百見は一聴にしかず。

先日、いつも懇意にして頂いているsankanchiさんからオリジナル盤を貸していただきました。

長年苦労して蒐集してきた貴重な財産を会ったこともない若造に預けてしまう懐の大きさに、正直驚きました。

「一聴入魂」の気持ちで針を下ろしました。
e0213363_22452129.jpg
e0213363_22453647.jpg

通常盤と最も違うのは「鮮度」。

近年の「マザーテープから・・・とか、リマスター盤」とは一線を画す音質です。

畑から引き抜いたセロリをカリッと噛んだ爽快感に通じるものがあります。

磁気テープは時間と共に、特に高域は劣化しますから、この音は当時のマスターに入っていた音そのものなのでしょう。

以前、オープンデッキを使っていたので経時的音質劣化は体感しています。

数十年どころか年単位で劣化します。

小生が所有する通常版と比較しましたが、空気感が違います。

乾燥した日と湿度の高い日の青空の違いです。

小生も僅かですが1stプレス、2ndプレスを所有してますが、全く同じ傾向です。

"Waltz for Debby" ”Meets the rhythm section" や "Furtwangler"のオリジナル盤を聴けるとは夢にも思いませんでした。

感激しました。

良い経験をさせていただき感謝しています。

ありがとう御座います。







[PR]

# by gokurakutojigoku | 2017-10-04 23:38 | ジャズ | Comments(10)
2017年 09月 26日

EAR 912

数年前から気になっていましたが、機会がなくて現物を見たこともありませんでした。

何か色気のあるフォノアンプがないかと探していて目に留まったのがEAR 88PBでしたが、

現状の Mark Levinson No.32L の選手交代も考えるようになり、88PB が内蔵されたプリアンプ EAR 912 に興味が惹かれました。

試聴機を借りることが出来たのでじっくり聴いてみます。


                                            EAR 88PB の写真は代理店HPから拝借
e0213363_23005643.jpg
e0213363_23011862.jpg
e0213363_23013493.jpg
非常に魅力ある音です。エモーショナルという言葉がぴったりです。

音が前に出てエネルギーとエッジがあります。

生きたジャズが眼前に広がります。

最新のトランジスターアンプの洗練された音もいいですが、ECC88を使った、球のどこか人間味のある温度感がたまりません。

肝心のフォノステージも全く同じ印象で、響きが厚くそれでいて大味にはなりません。

入力インピーダンスも3Ω~40Ωで SPU 使いの小生には打って付けです。
e0213363_23015189.jpg
新しい機器の試聴では音を分析的に聴いてしまいますが、今回は殆どのソフトを最後まで楽しみました。

試しにエールシステムを AER 912 で鳴らしてみます。

Ayre KX-R Twenty の躍動感や陰影感にアナログ調の肉厚な音の粘りを加えたようなクラシックになりました。

どちらがいいと言うことではなく、甲乙つけがたい、気分で鳴らし分けたら・・・という気持ちです。




試聴機を返却して 元にに戻すと今更ながらNo.32Lの素性を知ることになりました。

発売当時”黒子のアンプ”と評された音はやっぱり大人しい。

ジャズクラブのライブ感というよりは弦楽四重奏的上品さになってしまいます。

さて、この魅力に抗うことができるのか・・・・・・・本当に悩ましいです。














[PR]

# by gokurakutojigoku | 2017-09-26 22:12 | アンプ | Comments(10)
2017年 09月 19日

近郊の農村で遊ぶ

大学の同窓会で札幌に集まった皆さんの一部は台風18号で帰れず。

なので、リベロ君と遊ぶ。
e0213363_23204068.jpg

最近お気に入りの長沼周辺で直売所を物色。
e0213363_22524782.jpg
e0213363_22522899.jpg
近くの由仁町に流れる川で記念写真。
e0213363_22591940.jpg

長沼温泉で汗を流した後にいつもの「family tree cafe」でランチ。

彼が食べたのはナポリタン。
e0213363_22532232.jpg
e0213363_22593472.jpg
e0213363_23004981.jpg
さらに余計なカロリーを摂って
e0213363_22563542.jpg
経営者のご夫婦。
e0213363_23202049.jpg
ただの素人と仰るが・・・・・、料理はセンスだと思わせる洗練された味。


「牛小屋のアイス」でダメ押しのカロリーを摂って
e0213363_22534499.jpg
やっぱりこの人はビョーキだ!
e0213363_22540826.jpg
飛行機に乗る前にカンバックサーモン。

裏の川にもはや鮭が遡上していた。
e0213363_22550033.jpg
鮭の稚魚
e0213363_22544216.jpg
カラフトマス
e0213363_22554168.jpg
婚姻色のベニサケ。
e0213363_22552380.jpg
リベロ君に元気もらった。

体重も増えた。

また来月会おう。












[PR]

# by gokurakutojigoku | 2017-09-19 23:27 | 御来客 | Comments(6)
2017年 08月 22日

DS Master1

DS Master1 を自宅試聴させてくれるという。

自宅に持ち込んだ光カートリッジと専用イコライザーアンプを眺めて、思いました。

只者じゃないな、と。
e0213363_14595121.jpg
天板を開けると、こんな凄いバスパーを使ったアンプ見たことないです。
e0213363_14592864.jpg
開発者の並々ならぬ情熱を感じ、中途半端な試聴は出来ないと思いました。

DS Master1を取り付けるアームはSME310。

試聴に先立って ドクトル・ファイキャルト・アナログのプロトラクターNG を使ってアームのジオメトリーを厳密に調整します。
e0213363_15011566.jpg
フォノケーブルは Esoteric 8N-RPH。

DSのイコライザーアンプとプリアンプ間にはNordost Valhalla2 を奢って万全を期しました。
e0213363_22051169.jpg
聴き比べる対戦相手はオルトフォンのオリジナルSPU。

使用アームはイケダIT-345、フォノイコはEMT JPA66、フォノケーブルは同じく Esoteric 8N-RPH。

なぜSPUかというと、小生の常用カートリッジだからです。
e0213363_15013092.jpg
今回使用したのはGシェルの鳴きを嫌って・・・と言うより裸のSPUが聴きたくて

小生が以前に汎用ヘッドシェルに取り付けたもので、シェル付きSPU独特のおおらかさがとれて輪郭や表情がクリアーになります。

SPUはシェルと一体で音作りしているので、この場合シェルの影響を少なくして純粋に光電式と電磁誘導の違いを聴き比べることにします。

e0213363_15010189.jpg
e0213363_15003842.jpg
JBLシステムでジャズを聴きます。

古い録音は意外にも互角のパフォーマンス。自分でも本当に意外なのですが音色がこれほどまでに似ているとは想像しませんでした。

シェルなしSPUが思いのほか現代的なのかも知れません。

DSは全く尖ったところがなく、古い録音を最新装置で聴く時に感じるオーバークオリティーな違和感はないです。

e0213363_15045724.jpg
DSはTBMの1975年録音も同じような傾向で素直。

高域低域共に過不足なく安心して聴いていられます。
e0213363_15023029.jpg
Diana Krall の最新盤は差が出ます。

SPUはシンバルやピアノのアタックの角が僅かにまるくなりますが

DSは素直に伸びて輝きがあります。
e0213363_15051361.jpg

クラシックはエールシステムで聴きます。

Karajan の Brahms は最近再発された盤ではなく偶然手に入れた1964年プレス盤。

ファーストやセカンドプレスではないですがの音の鮮度が良く、

Analog親爺とTANNOY Autographのsankanchiさんが「是非オリジナルアナログを聴きなさい」と仰るのが頷けます。

Karajan がなぜクラシック界の big name になり得たのかよく解る凄い演奏です。
e0213363_15032980.jpg
DSは”アナログとデジタルのいいとこどり” ”第3のフォーマット”と皆が言います。

電磁誘導が無ければ音響機器は成り立たちませんが電磁誘導の曖昧さが個性や味だったりする訳で

そういう意味ではDSはストレートで、今までコイルとマグネットで苦労してきた欠点を軽々とブレークスルーした印象です。

Brahms も一切誇張感は無く、初めてSACDを聴いた時の印象に相通じるものがあります。

1994年録音の Sinopoli 指揮の Bruckner は更に鮮度が上がります。
e0213363_23150534.jpg
新しい録音ほど鮮度感に差が出ますが化粧を施した華美な音ではありません。

洗練されていながら冷たさのない、しかもアナログ特有の肉厚な粘りもよく再現されます。

ここで気づきました。SPUが現代的というよりDSがウォームな感触を身に着けている印象です。

エールで聴くDiana Krall はフレッシュ。

セパレーレーションが良いせいかステレオイメージは広がります。
e0213363_23151940.jpg
高音質で有名な The LA 4 は Shelly Manne のブラシは気持ちよく解像し、Laurindo Almeida のナイロン弦は丁度いいアルデンテです。




アナログファンは一聴の価値ありです。音の素性ばかりに意識がいきますがハムやハウリングから解放される音質の影響は計り知れないアドバンテージだと思います。

たとえDSに惚れることは無くてもプレーヤー周りの設置の瑕疵はすぐに察知できます。

世界中のアナログメーカーが追従してくるのは時間の問題かもしれません。





















[PR]

# by gokurakutojigoku | 2017-08-22 22:16 | アナログ | Comments(12)